(゜▽゜*)ニパ速 

経済関連ニュースまとめ

株関連

XEMarkets 口座開設
このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている

このテクニカル分析はInvesting.com 日本 によって機能されている
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

【年金消失】 AIJ、相場反転に賭け「逆張り」 高リスク取引重ねる 浅川和彦社長「損失が膨らみ、早く巻き返そうと思った」と説明

うしうしタイフーンφ ★ 2012/03/26(月) 10:34:30.93 ID:???0

★AIJ、相場反転に賭け「逆張り」 高リスク取引重ねる

図 AIJの運用損失額の推移
http://www.asahi.com/national/update/0326/images/TKY201203250409.jpg

 AIJ投資顧問(東京都中央区)による年金資産の消失問題で、
同社は金融商品の取引市場の相場が下落しているなかで、
反転しないと利益を得られない「逆張り」と呼ばれるリスクの高い取引を
繰り返していたことが証券取引等監視委員会の調べでわかった。

 浅川和彦社長は監視委の調べに対し、「損失が膨らみ、早く巻き返そうと思った」と説明しているという。

 監視委の調べや関係者の話によると、AIJはケイマン諸島に設立したファンドで2002年6月から、
投資信託の運用を本格的に始めた。このファンドは昨年3月期までに、1458億円を年金基金から集めていたとされる。

 AIJは年金基金に対し、日経平均株価などに連動して上下するデリバティブ(金融派生商品)によって、
高い収益を上げていると説明していた。しかし実際には、運用開始直後から損失を重ね、
その総額は昨年3月期で1092億円にも達した。
特に、リーマン・ショック後の10年3月までの1年間に、約500億円の損失を出していた。

asahi.com http://www.asahi.com/national/update/0326/TKY201203250460.html

▽関連情報
★【今日の言葉】AIJが失敗の逆張りとは
サーチナ http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0325&f=business_0325_022.shtml

続きを読む

【社会】旧日本長期信用銀行本店ビル、一等地なのに空室…地価下落で塩づけ

◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 2012/01/08(日) 10:32:34.18 ID:???0 BE:1646021568-PLT(12556)
東京・日比谷公園前の一等地にある「旧日本長期信用銀行本店ビル」が、1年近く
空きビルになっている。新生銀行が移転した後、入居者がないままだ。地価の下落で、
ファンドによる転売がうまくいかなかった。業界では「都心の一等地なのに、こんなビルは珍しい」
との声が上がる。

旧長銀ビルは1993年に完成。21階建て、延べ床面積約6万平方メートルの高層ビルで、
下層階はガラス張りで、中階が欠けたT字形のデザイン。官公庁街の霞が関から、歩いて
5分の好立地にある。長銀破綻(はたん)時の98年にはテレビに何度も映し出され有名になった。

2000年からは長銀を継承した新生銀行の本店となったが、同行も業績が悪化。08年春に、
ビルを約1千億円でファンドに売却。10年末には本店を移転し、ビルはほぼ空室となった。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/business/update/0107/TKY201201070449.html
続きを読む

【話題】証券アナリストの植木靖男氏 「これから10年の間に東証一部に上場する約1700社のうち、上場企業は半数くらいに減る」

影の大門軍団φ ★ 2012/01/10(火) 08:44:11.43 ID:???0
一つの、長く続いた、キラキラと輝いた時代がもうすぐ終わりを迎える。

2011年に立て続けに起こった米国債の格下げ、欧州の国債危機が象徴するのは、
戦後約60年間、米欧中心に回ってきた世界経済システムの終焉にほかならない。

これから10年の間にユーロが事実上崩壊し、米国の衰退が明らかになる中、
代わって世界の中心に立つのは間違いなく中国だ。

信州大学経済学部教授の真壁昭夫氏が言う。

「中国では現在の貧困層が富を貯え、人口13億人の約9割にあたる11億人ほどの中間層が誕生、
歴史上最も巨大な経済大国が誕生するだろう。さらにインド、ブラジル、オーストラリアなどが中国に次ぐ中心的な国家となり、
続くようにインドネシア、ベトナム、南アフリカなどの国々が急成長をとげ、新・新興国、巨大消費圏として台頭する。

一方で米欧そして日本といった"かつての先進国"は、テレビ、パソコン、家電、車といった主要産業で軒並み雇用が失われる上、
クラウドコンピューティングなどのIT化が急速に進展する中で中間管理職のポストがなくなり、
企業が『1割の経営者と9割のワーカー』という組織に変化する。おのずと現在の比ではないほどの超格差社会が訪れることになるだろう」

過去20年にわたって日本経済は停滞の底を泳ぎ続け、どんなに財政政策や金融政策を打っても効かない"麻薬中毒患者"に成り果てた。
米欧も政府がカネをジャブジャブ投入することでなんとか経済成長の体を装ってきたが、それもすでに限界。

2012年は"かつての先進国"が「国家の信用(=国債)」を市場から見限られるエポックメイキングの年として経済史に記録されることになる。

証券アナリストの植木靖男氏が指摘する。

「さらに日本の場合、これから10年の間に財政破綻が起こる可能性が高い。
そうなればモノの価格が急激に上昇するハイパーインフレが日本経済を襲撃、大パニックに陥る。
その後に起こるのは、過去の例からも明らかなように、格差の拡大だ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31484?page=4
>>2以降へ続く
続きを読む
外為 ブログパーツFX
記事検索
プロフィール

(゜▽゜*)ニパッ♪

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ