きのうの memcached ネタ - にぽたん研究所

May 02, 2006

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日、memcached の話がありましたが、その後、

のみまくし日記 - 続・memcachedで新しくキャッシュを保存できないの刑

のテストコードが再現した後、miyagawa さんが

subtechグループ - Bulknews::Subtech - memcached

というエントリを書いていて、id:ikebeid:clouder と軽く論議した末、自分なりになんとなく理解した。

要するに、データサイズに応じて領域を確保する class が違ってて、んで、LRU は、サイズ別に完全に分けて走るから、極端に違うサイズのデータの場合は、slabs_alloc() → LRU → 再度 slabs_alloc() するけど、既に割当てられている領域には LRU が走らず、store する領域がなくなって、二度目の slabs_alloc() でも領域が確保出来なかったら out of memory になるみたいなはなし。。。

なんだね。たぶん。

なので、元々割当てられている領域に対して、極端に過少 or 過大なデータを突っ込もうとすると、memcached で占有するメモリ量が少ないと、領域ないからダメよーってなっちゃうってことか。

まぁ、何ギガも確保して memcached が動いてるから、そんなことには全然ならないけど、確保した量が少ないとありえるってことなのだろう。

ってことで、だいたい合ってるでしょうか。

nipotan at 13:14 | Comments(0) | TrackBack(0) | 技術 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Trackback URL for this entry

Post a comment

Name:
URL:
  Remember info?: Rate: Face    Star