認証 API と 匿名 Twitter - にぽたん研究所

April 19, 2007

このエントリーをはてなブックマークに追加
前々から話題になっていた livedoor 認証 API が公開されていますね。

livedoor Auth

最近は Twitter が話題で、個人的にもけっこう使ってたりするんですが、いかんせん、自分の発言として公開されてしまうので、うかつに軽はずみなことが言えないなーなんて警戒しています。

いや、フレパの「ひとこと」とともに、なにげに軽はずみなこと言ってるけど。

はてな匿名ダイアリーのような、発言者不明で無責任なこと言わせるサービスって、すごく面白いと思うんですが、たったヒトコトを言うのに「ダイアリー」は敷居が高いかなーとか思ってたりしたので、とりあえずオープンした livedoor 認証 API と Twitter API を組み合わせ、匿名 Twitter 的なものを作ってみました。

Anonymous Twitter

是非利用してみてください。



今回一番苦労したのは、Twitter のロゴのフォントが何ってフォントかわからなくて、WhatTheFont とかも利用してみたんですが、それっぽいのが無く、結局自分でそれっぽいロゴを作ったってことですかね。

いやー、久々に描きましたよ。
ベジェ曲線。

nipotan at 11:28 | Comments(2) | TrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Trackback URL for this entry

Comments

1. Posted by yukichi99   April 19, 2007 13:29
申し訳ないですが、tiwtterのいいところをつぶすようなアイディアだと思うんですけど。少なくとも、tiwtter以外のところでやってほしかったです。まあ、見なければいいだけなんだけど。
2. Posted by ysano2006   April 19, 2007 15:31
まず、「パクる」という言葉でid:nipotanさんをはじめ多くの方に不快な思いをさせてしまったことをお詫びします。本当にすみませんでした。根本的に私の発言(表現)の仕方が間違っていました。

私の勉強不足で、今まであれほど同じようなコードを他でも見たことがなかったので、凄く気になってしまいました。それで、それほど深く調べもしないで、id:nipotanさんが、http://nwitter.com/ のコードを拝借されたのだと、勘違いしておりました。本当に嫌な思い違いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

今後、twitter、オープンソースの世界において「パクる」という失礼な言葉は使いません。

最後に一言だけお願いします。今はid:nipotanさんのことを悪い人だなんて全く思っていません。自分の間違いに気づかせてくれた貴重な方だと思っています。

それでは失礼いたします

Post a comment

Name:
URL:
  Remember info?: Rate: Face    Star