真冬でもスマホ操作 (主に Ingress) が異常に捗る最強手袋を発見した - にぽたん研究所

December 10, 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
12,345,678 AP

自分みたいな Ingress ライトユーザーごときが昨今の Ingress 人気に便乗してこんなネタを書くのも恐縮ですが、先日、第 18 回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で大賞を受賞し、更に今週末 13 日には Darsana Tokyo 開催と、周囲では Ingress が、にわかに盛り上がりを見せています。

「流行ってるの?自分の周りに Ingress なんてやってる奴いないよ?」

という人もいますが、誰が Ingress やってて誰がやってないのかをどうやって判断してますか?
Ingress やってる人は、わざわざ周囲に「Ingress やってるよ!」なんて公言しているわけではありません。
案外、日頃行くポータルのオーナーのエージェント名を見たり、自分のポータルが攻撃を受けた時の通知を見て「あ、この人もやってるのか」なんて気付いたりするものです。
ある日、上野動物園内のあるポータルに、パンクラスで活躍中の格闘家「リアル神代ユウ」こと佐野哲也選手の ID っぽい (でも若干違う) エージェント名がオーナーのポータルを見付けた時に「妙に似てるけどまさか…」とおもってたら、後々聞いてみたところ本人だということがわかったりと、案外密かに Ingress やってる人はいるものです。
Ingress やってても、意外に身近な人が Ingress をやってることになかなか気付かなかったりするのに、Ingress やってない人が Ingress やってる人に気付くのなんて至難のわざです。

Ingress 人気が信じられない人は、試しに 13 日の 14:00 〜 14:10 に恵比寿ガーデンプレイスまたは麻布十番商店街、あるいは 16:00 〜 16:10 に広尾商店街に行ってみると、恐らく Ingress をやっている人が大量に出現するのでわかるとおもいます。
おのおの定位置っぽい場所に立ち、そこから一歩も動かずスマホを凝視しながら画面のあちこちを連打する数百人から数千人の集団が突如として現れ、10 分経ったら皆その場から立ち去って大移動を開始するという異様な光景を目撃することが出来るでしょう。

しかも、ここで例に挙げた場所と時間は、あくまでも「特に密集しそうな場所」の一例であり、実はこの現象が都内の六本木通り以南の各所で、13 日の昼から夕方まで同時多発的に発生します
ちなみに「六本木通りってどこだよ」って話はこちら

さて、相変わらず話が大きく横道に逸れたので本題に入ります。

最近寒くなってきて、Ingress 活動をしていると手や指先の冷えがハンパないです。
やはり冬場のスマホ操作は手の冷えとの戦いです。

Android 端末のいくつかは手袋を装着していても操作が出来るモードを搭載しているものもありますが、静電容量方式タッチスクリーンを採用している iPhone 端末の場合は通常の手袋での操作は出来ません。

そこで「スマホ対応手袋」という、指先に導電糸が使用されているニット手袋もあり、最近のユニクロの手袋の多くは標準でスマホ対応だったりしてお値段もとてもリーズナブルだったりします。
この「スマホ対応手袋」は非常に助かるアイテムなのですが、デメリットもたくさんあります。
そもそも、指先の静電気を導電させるため、厚手のものはほとんど存在しなく、操作性と防寒性がトレードオフになっている傾向にあります。
それと、悲しいことに導電糸の経年劣化で、日々使えなくなってきます。先日、2 年前から使用しているスマホ対応手袋を引っ張り出して使用してみたところ、iPhone はうんともすんとも反応せず、ただの「値段が少々高く防寒性の低い薄手の手袋」に成り下がっておりました。
それと、何よりも iPhone 5s 以降に搭載された Touch ID (指紋認証) が使えないのが非常に不便。
また、スマホ一般の話でなく Ingress に関して言えば「グリフハック」をすると成功率がグンと下がりますし、ポータル密集地でポータルをタップすると意図しない別のポータルが選択されたりと何かと不便でした。

そこで、防寒性の高い厚手の手袋をはめて、スマホ用タッチペンを使うという組み合わせを試してみました。

プリンストン iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン (ブラック) PIP-TP2B
プリンストンテクノロジー (2010-07-10)
売り上げランキング: 232


Touch ID が使えないのは同じだし、Ingress に限定すればグリフハックも指で慣れているとペンでうまく出来ずにやはり成功率は低め。それに、スキャナー上で地図を回転させたりピンチで拡大縮小するのにマルチタッチが行なえないから、それをやるために手袋をわざわざ外すなどしていたら、どんどん煩わしくなってきて、結局気付けば寒さに堪えながら素手で操作をしていました。

一日でこの組み合わせも駄目だということになり、何か良い方法はないかと渋谷の街をうろつきながら発見したのがこれでした。

手の甲側


モンベル渋谷店の 4F で発見した、モンベルネオプレンフィッシンググローブです。

その名の通り、釣り用の手袋です。
釣りをする時のように「寒い屋外で指先を使った細かい作業をするのに適した手袋」と考えてみれば「それ釣りだけじゃなくて、冬場の Ingress にも適しているよね!」とおもい、即決で購入しました。

「ネオプレン」というのは「クロロプレンゴム」素材の商標。主にウェットスーツに使用される伸縮素材です。
手に密着し、保温性、防風性、防寒性のいずれの面においても非常に優れてます。
親指、人差し指、中指のそれぞれ指先と第二関節のところに黒いポッチがありますが、これは面ファスナー、俗に言う「マジックテープ」「ベルクロ」と呼ばれるアレです。

手の平をこちら側に見せるとこんな感じ。

掌側


手の平側は主にシャークスキン加工されたネオプレン素材で、スマホが滑って落下するのを防いでくれます。
注目すべきは親指、人差し指、中指の第一関節のところに穴が開いています。
この穴から指先を出してスマホを操作することが出来ます。
必要な指だけを出せるので、操作する上で使わない指を寒い空気にさらす必要はありません。
でも、この穴から空気入って寒いんじゃないかっておもわれるかも知れませんが、実際はあんまり気になりません。

実際に指を出してみます。

指を出す


自分の場合は両手の親指を使って Ingress をやるのですが、グリフハックの時は右手の人差し指を主に使うので、右手は人差し指と親指、左手は親指を出します。
そして、第一関節のところで裏側に折り返し、面ファスナーで留めておけます。

別に留めなくても良い気もするのですが、実際留めずに操作すると、どこをタップしているのかがよく見えなくて邪魔くさいので、留めておいたほうが良いでしょう。

それでは、この手袋をはめて実際に Ingress をやってみます。

Ingress をやってみる


自席ポータルです。とあるローソンです。日中はものの 5 分もすれば P8 になってくれるので大変捗ります。でもすぐ burned out しちゃいます。まさに「マチのほっとステーション」になってます。

この三本の指さえ出しておけば、iPhone は Touch ID でアンロックできるし、グリフハックも高速リチャージも廃人撃ちも難なく出来ます。
そして、この手袋の最強ポイントは何よりも、とにかく暖い。そこそこの気温の日の日中は、手の平がちょっと汗ばむほどです。

気象庁によると Darsana Tokyo の 13 日から一週間、関東甲信越地方は「かなりの低温」になるとの発表がありました。

Darsana Tokyo に参加されるエージェントも、不参加のエージェントも、覚醒派も、解放派も、もうこの際 Ingress をやってない人も、冬場のスマホ操作における防寒対策に、こちらは是非おすすめです。



Darsana 参加者の皆さんは、充電切れ対策もお忘れなく。



nipotan at 13:34 | Comments(0) | TrackBack(0) | ingress 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Trackback URL for this entry

Post a comment

Name:
URL:
  Remember info?: Rate: Face    Star