雑記

October 03, 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
いっぱいになった郵便受け (いらすとや)

我が家のポストには、結構な枚数のチラシが毎日配られる。

以前、賃貸マンションに住んでいた時も、それはそれはものすごい量のチラシが投函されていた。今は戸建に住んでいるが依然チラシは多く、その量たるやむしろ賃貸の比ではないという感じ。

中でも投函されることが特に多いのが、引越屋、不用品回収、水道修理工、ピザ・寿司などのデリバリー、CATV・ネット回線業者、不動産屋 (あなたの家売ってください系) などなど。

特に、この 2 年で近隣に総戸数の多い新築マンションが数棟建ったおかげか、マンション住人さんに用事のある業者さんが通りがかりに流鏑馬 (やぶさめ) のようにポスティングして行かれるようだ。
本当に困っている。

たまには

「目からウロコもののチラシが入ってくることがあるかも知れない?!」

などと掘り出し物に期待して目をつぶっていたが、かれこれ 10 年以上そういったチラシはお目にかかってない。

そもそも、引越だって不用品回収だって水道修理だって、ネットで検索すれば沢山見つかるし他社との比較も出来る。チラシをバラ撒く業者なんかよりもっと安くて良い業者は必ず存在する。
チラシだけを鵜呑みにて業者選びすることは自分としてはありえない。
あと、ピザや寿司は、クーポンがついてきたりするんだけど、まったく同じ店舗をネットで検索してみると、往々にしてネット注文した時のほうがサービスが良かったりするもの。
チラシだけ見て注文したほうが損するケースがよくある。

つまり、我が家の状況と自分の価値観においては、チラシはほぼ 99.9% が無用ガンガン投函されるのは迷惑でしかない

日に 5〜10 枚程、月で 150 枚 〜 300 枚程のチラシが投函され、すべて一度人手を介し、ざっと目を通して (たまに郵便物が挟まってたりするので一枚一枚めくって確認) 問答無用でゴミ箱に捨てられる。この労力。そして紙やインクなど資源。無駄遣いにもほどがある。


7 月に沖縄旅行を考えて計画を立てていた時に、ふと、長期で家を空けたあとの帰宅時に恒例の、あの郵便受けにゴチャゴチャに投函されてるチラシを片付ける状況を想像して、完全に萎えた。そしてその対策をネットで調べた末に、Amazon でこれを注文した。





ただのステッカー


でも、商品ページでレビューをご覧いただくとわかるが「かなりの効果がある」と概ね高評価。

チラシ・勧誘印刷物の無断投函は一切お断り!


郵便受けにこれを貼って、およそ 3 ヶ月経つが、その効果は…


3 ヶ月でたったの 9 枚




ゼロには出来なかったものの、3 ヶ月の総量がステッカーを貼る以前の 1 日分程度の量におさまってる。

こんなステッカー一枚ぐらいでそんなに効果がある理由がよくわからないというのが正直な感想だし、これを読んでいる方には「嘘くさい」とすら感じられるだろう。

だけど、Amazon のレビュワーのみなさんも嘘は言ってないとおもうし、自分もまったく嘘をついてない。もちろん、そんな嘘を書くメリットなんて業者の回し者でもない限りはないだろう。もちろん、このステッカー作ってる業者なんてまったく知らない…。

こんなに低コストで高パフォーマンスな商品を他に知らないから感動をおぼえているわけで、これはもうブログで紹介せずにはいられないと、そういう気持ちにさせられたからこうして紹介記事を書いている。

↑この書き方が嘘くささに輪をかけてる。わかってる。

でも、嘘くさそうでも、本当に効果てきめんなので、騙されたとおもって試してみるといい。


しかし何でこんなに効果があるんだろうか?

なんとなく自分がおもうに、紙に手書きしたのをセロテープで貼ってお願いしているのではなく、わざわざこういった商品にお金を払って買って、しかも、郵便受けの外見がどんなに悪くなろうと自分の家の郵便受けに易々とは剥がせないものを貼っているというのは、相当な苛立ちと、徹底的に戦ってやろうじゃないかという覚悟を感じさせてるのではないか。

いや、想像でしかない。

実際、自分がそういう覚悟をもって貼っているのは事実。
なんだったら、これを貼っても依然として宣伝チラシを 2 度も投函してくる隣町のクリーニング屋のオヤジと刺し違えてもいい (←?!) ぐらいにおもってる。

投函している側の方から、これが貼ってあったらどうして投函をしないのか、その意見を聞いてみたい。



追記:


この記事を投稿後、これがあると投函されなくなる理由を、友人知人から個人的に教えていただいた情報、ブログのコメント、ソーシャルブックマークのコメント、SNS 等で多く示唆があったので、それらをまとめると、だいたいこんな感じ。


【ポスティング専業の業者さんが止める理由】


この手の意思表示がある物件への投函はしないよう最初から教育されている。
もし指示に従わずに投函をしようものなら「投函するなと書いているのに何故投函したんだ?!」と広告出稿した広告主のほうにクレームがいく危険性がある。それが原因で契約を打ち切られたり訴訟など、様々なペナルティをポスティング業者が受けるかも知れない。あるいは、投函した当人であるポスティング業者従業員は内規違反等の処罰があるかも知れない。だから投函は避けられる。

【配達の合間に自社広告チラシ投函をする業者さんが止める理由】


この手の意思表示がある物件にわざわざ投函してもコンバージョン (成果) が期待出来ない割にトラブルになりやすくハイリスクで、無駄な印刷コストを割くためにも、まず投函は避ける。しかも配布専業じゃないぶん配布数のノルマがあるわけでもないので、数軒投函しないぐらいでは態勢に影響はほぼない。

なるほど。
住人の覚悟がハンパないから投函を避けるというわけではなさそうだ。



ということで自分的 2016 年 Amazon で買って良かった商品ランキング、10 月の時点で断トツのナンバーワン。
恐らく、これを超える商品は今年は出てこないかなー。




チラシお断り(グレー文字) マグネットシート 20cm×4cm
ディスプレイヘルプドットコム
売り上げランキング: 237,700


nipotan at 14:54 | Comments(15) | TrackBack(0) | 雑記 
このエントリーをはてなブックマークに追加

January 26, 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬場は、寒さによって全身が力みがちになり、腰まわりの筋肉が硬直する影響で、ちょっとした拍子でギックリ腰になる危険性が高まります。

一度ギックリ腰になってしまうと、寝ている姿勢から自力で立ち上がれるようになるだけでも何日かかかるようになり、やっと立てるようになっても歩行すらままならず、やっと歩行出来るようになっても階段の昇り降りが出来なかったりと、通常の生活がまともに出来るレベルまで回復するのに 1 週間近くかかったりすることもあります。

私は 25 歳ぐらいの頃に初めてギックリ腰になってしまい、以来、毎年冬になると必ず 1 度はギックリ腰になるようなりました。
寒空の下で道を歩いていれば「あぁ、そろそろまたギックリの時期が来たなぁ…」と戦々恐々としていたものです。

ギックリ腰になってからの最初の 2 年はまるで対処方法がわからず、ネットでギックリ腰に効く方法等の情報を収集しながら色々試してみても、完全回復までに要する日数が 1 日程度縮む程度で、劇的に改善すると言えるレベルの対処方法には辿りつけませんでした。

毎年冬に 1 週間会社を休むわけにもいかず、最初は 3 日程度は回復につとめ、4 日目ぐらいには激痛に堪えながら、人目につかない場所ではカニ歩き (歩行移動は横に歩くのが一番痛くない) をしたりしつつ、なんとか誤魔化していました。

ギックリ腰 3 年目の冬、みたびギックリ腰の痛みが走り「あ、またやっちまった…」と、絶望を感じたその日の晩、たまたま見付けたあるサイトに出ていた方法を試したところ、翌朝普通に立ち上がることが出来て、ほんの少し腰に痛みが残っているとはいえ、普通に会社に行けました。

この方法はすごい!!!

そう感じ、以来、知人の間で「誰某さんがギックリ腰になった」と聞けばそのサイトの URL をメールしてあげるなどしていました。
しかし、残念なことに、ある年、そのサイトは消えてなくなってしまいました。
サイト消滅以来、手書きのイラストをメールで送ってあげるなどしていたのですが、そのイラストもやっつけで描いていて、丁寧にどこかに保存しているわけでもない…というかどこに保存したのかをちゃんと覚えていないので、誰かがギックリ腰になったと噂を聞くたびに、毎回毎回イチから描いていました。
痛み、辛さが身にしみてわかるからこそ、面倒におもいながらもやっていたのですが、どうせならここに記しておいて、広く皆さんに知っていただいたほうが有益だなとおもったので、それを公開したいとおもいます。
慢性的にギックリ腰になりやすい方や、今まさにギックリ腰になって悩んでいる方は、次に紹介する方法を是非お試しください。
続きを読む

nipotan at 12:21 | Comments(13) | TrackBack(0) | 雑記 
このエントリーをはてなブックマークに追加

May 31, 2009

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011 年 7 月に終了してしまう地上波アナログテレビ放送ですが、去年の 7 月から、ずっと画面右上に「アナログ」の文字が常時表示されているそうですね。
なんかそれってネタに出来そうだなーとか思うことがしばしばあります。

なので、あの「アナログ」の、ぷっくりとしたかわいいあのフォントの文字が欲しいなぁと思って、ネット中探してみたのですが、どこを探しても全く見つかりません。
地デジのロゴとかは社団法人デジタル放送推進協会から配布されていますが、アナログのロゴは配布されていません。
きっと私のように、「あのアナログロゴ欲しいなぁ」と思った人は少なくないはず。

当然、見付からないということは、ちゃんとしたロゴマークをネタに使っている人もあまりおらず、地デジカに対抗するキャラクタのアナログマの web サイトの右上にも「アナログ」の文字が表示されています。でも普通のゴシック体で表示されているので「アナログ感」があまり感じられません。

だから、何となく「アナログ」の高精細なロゴを作成してみました。続きを読む

nipotan at 18:53 | Comments(9) | TrackBack(4) | 雑記 
このエントリーをはてなブックマークに追加

January 21, 2009

このエントリーをはてなブックマークに追加
唐突だけど、六本木通りと 246 (国道 246 号線) を混同して覚えている人が割と多いなーと、日頃からよく思う。

東京とまったく縁が無い人とか、そんなこと知ってるよって人にはどうでもいいお話なので読み飛ばし推奨。

言うまでもなく、六本木通りと 246 は全く違う道。しかも、六本木通りという名の付く場所で、国道 246 号線な場所は存在しない。

人と会話している中で、「それはどのあたりにあるんですか?」とか「そこにはどうやって行くんですか?」とか、場所についての話題になると、突如

「246 をまっすぐ六本木交差点のほうに向かってー…」

とかいう表現があらわれて、よく混乱させられる。

まず脳内で、六本木交差点は、六本木通りと外苑東通りが交差している交差点だから、えー、んー、あー、この人何言ってんだろ?どこだそれ?となる。
で、ちょっと経ってから、あー、きっと六本木交差点と 246 を混同しているわー…と、混乱に陥った原因を自分の中で想像してみる。
そこからはずっと、その人の口から出てくる「246」を「六本木通り」に置き換えて話を聞いていると、大抵の場合、つじつまが合ってくる。
話の中で 246 には六本木ヒルズや西麻布交差点が出てきたりする。

自分の中でそうやって解決してしまって納得してしまうから、そこからあえて「違うよ」と訂正をしてあげたことは一度もない。
でも、そのせいか、最近は鬱憤が溜まってきた。
こういう人は一人ではなく、結構多い。

以下の参考リンクに書いている方々は、全員明らかに六本木通りと 246 を混同している。

http://piza.2ch.net/...
101 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/11/07(火) 11:58
とりあえず最初によった薬局は、246の六本木と西麻布の間のアヤしいとこ。

http://news2.2ch.net/...
65 名前: 多分においおい 投稿日: 03/05/01 11:30 ID:dzcuHkEp

 >>64
 朝方のタクシー移動はあまりオススメしないっす。
 しかも246の六本木周辺はヒルズ渋滞っす。

http://r.tabelog.com/...
場所は六本木から渋谷へ抜ける246の
西麻布交差点付近。


もう、なんか、あまりにそういう人が多くて、言わずにいられない。
だめだ、我慢できない。
説明させてくれ。

地図で見てみよう。

六本木通りと国道 246 号線の起点

どちらも起点は皇居沿いの内堀通りとの交差点から。
六本木通りの起点は、国会前交差点。国道 246 号線の起点は三宅坂交差点。

六本木通りと国道 246 号線の都心部全体図

全体図で見ると、六本木通りはほぼ全区間、首都高速の横ないしは高架下なので、いつも日陰なイメージ。これに対して、この区間の国道 246 号線、ほとんど首都高速に併行していないので、いつも日向なイメージ。この首都高に併行していない区間は、俗に「青山通り」と呼ばれる。

六本木通りと国道 246 号線の合流点

六本木通りの終点がここで訪れる。渋谷クロスタワービルがある渋谷警察署前交差点で国道 246 号線と合流する。国道 246 号線はこのまま渋谷駅を通って、静岡の沼津まで延びている。

神奈川方面から渋谷に向かって考えると、混同しやすい理由が非常によくわかる。

三軒茶屋方面から、首都高速 3 号渋谷線の高架下の国道 246 号線を渋谷方面に向かって行き、渋谷駅で、JR と東急のホームの下をくぐる。で、そこからまっすぐ進むと、二つ目の信号機から先は気付けば 246 ではなく、六本木通りになっている。
多分、これが一番の原因。
あとは、さっきの「日陰と日向のイメージ」も実は軽く原因になっている気がする。

国道 246 号線は、渋谷警察署前交差点で合流したあたりから、神奈川方面に進み、環八通りで合流するちょっと手前のあたりまで、ずっと首都高速 3 号渋谷線の高架下なので、その区間は日陰のイメージしかないから、その印象に引っ張られて渋谷から皇居までの首都高 3 号線の高架下で日陰の区間も国道 246 号線なのではないかと錯覚してしまう。

とりあえず、今後は俺に対して六本木通りと 246 を混同して説明する人がいた場合、話を遮ってでも大人気ない感じで全力で訂正させてもらいたいとおもいますので、今後ともよろしくおねがいします。

nipotan at 19:30 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記 
このエントリーをはてなブックマークに追加

January 16, 2009

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファブロガー (笑) になるのが目標だった。
忘れてた。

nipotan at 11:48 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   next >>