Liteの日本ロッカビリー研究所 〜日本のロカビリー・バンド音源紹介ブログ〜

私(Lite)が長年集めてきた古い日本のロッカビリーのレコードを紹介します。ここで言う「ロッカビリー」とはロカビリーのみならず、ロックンロール/オールディーズ/ガールズ・グループ/ドゥワップ/ネオロカ/テッズ/R&B/ロックンロール・アイドル歌謡なども含みます。昔(80年代)はまだ細かくジャンル分けされておらず、その辺のものは総てひっくるめて「ロカビリー」や「フィフティーズ」と呼ばれていました。現在はジャンルの細分化が進み、「ROCKABILLY」と言う言葉が差す音楽は、かなり限定的になりましたので、ここでは「ロッカビリー」と表記し、「ROCKABILLY」とは区別させて頂く事にしました。また、最近のロッカビリーバンドの音源はほとんど買っていない為、ここで紹介する作品のほとんどが70~90年代半ばのものになります。ですから、リアルタイム情報としては皆無に等しいと思いますが、過去の資料として楽しんで頂ければ嬉しいです☆ ■<お知らせ> ★マークの評価方式を導入しました。あくまで採点は、「ロッカビリー」の視点から見た、当研究所の独断と偏見によるものです。 ●作詞→技術的な書き方も重要ですが、そのアーティストらしさが出ていれば高得点。 ●作曲→ロッカビリーとして良いか悪いか。カバーは基本的に星一つ。 ●歌唱→技術面も重要視していますが、それだけでなく、ストイックでロッカビリーとしてカッコ良ければ高得点。上手いだけで淡々とした無難なものより、多少下手でも誰が歌っているかが一発で分かるような、個性や味や存在感があれば高得点。 ●編曲→一般的なアレンジではなく、ロッカビリー的に。 ●技術→演奏の全体的な演奏力。例えば、ギターだけズバ抜けて上手くてもリズム隊がダメなら低評価。 ●容姿→見た目+ファッション+コンセプト。ジャケットにアーティスト写真が掲載されていない場合は「-」で表記。 ●総合→全部ひっくるめてのそのレコードへの評価。

再結成情報

伝説の沖縄のロックンロール•バンド「ハートビーツ」が、今年の8/8に沖縄で一度きりの再結成ライブをするそうです!

これは楽しみです!続報を待ちましょう。

イベント「東京スナッキーナイト vol.2」

be1c9200.jpg
98e4f954.jpg







◉以下のイベントに、私もDJで参加します。入場無料ですので、皆さん是非!



「東京スナッキーナイト vol.2」

3/29(日)at 笹塚 イルキャンティ カフェ

◉開催時間:昼11時〜夜7時迄

◉入場料:無料

◉地図:会場側HPをご覧下さい。
http://www.chianti.co.jp/cafe/map/index.html



今回の「東京スナッキーナイト」は、渋谷区笹塚にあるイタリアン•カフェ「イルキャンティ カフェ」にて、お昼11時より開催(ライブ有り!マスターもDJで参加!)。

昼間っからお酒を飲みながら、話題沸騰中のスナロカ(=ロッカビリィー系全般、R&B、アイドル歌謡、野良猫ロック、めんたいロック、モンド•フェロモン、昭和歌謡など、スナックで聴きたくなる和モノ系の新解釈なカテゴリーの総称。)でレッツ•ダンシン!皆さん、是非ご来場下さい(昼間からの開催ですので、子連れも大歓迎)!






◼︎出演DJs(あいうえお順)

★GATTS(GATTS'NROLL)

★Karlie (ローリン!ミラーボーラーズ)

★GANG¥RICKY(GRPC 魅惑のナイス害ナイト)

★小池雄之介

★さかゑ (上野のロックンローラー)

★SHIRROW (POP UP SHOW!)

★ぢゅんこPOODLE (POP UP SHOW)

★ダビス・K(T¥$X)

★TAMAE (PONYTAILZ)

★番長 !(PROUD HAMMERS)

★BxNxT (brandnewtattoo)

★マスター (イルキャンティ カフェ)

★YAMAーSAN (Mr.Party People)

★Lite(Liteの日本ロッカビリー研究所)



◼︎出演BANDs

★ヒカリノ香車

ヴォーカルのリサが繰り出すパワフルなハスキー•ボイスは、チーママも真っ青愚連隊。鳴きのギターと粒ぞろいな名曲達が貴方のハートに時を刻みます。ネオ•スナッキー•サウンド『ヒカリノ香車』此処にあり♪



★月桃姉妹

三線・アコーディオン・ギターの三人編成で、沖縄民謡やちょいとレトロでスナッキーな昭和歌謡、郷愁漂うアイリッシュ民謡等を演奏しています。

速水陽子

a00e8005.jpg










■「 センチメンタル倶楽部/ 速水陽子/LP・CD/81年リリース」




●作詞 ★★★★☆
●作曲 ★★★★☆
●歌唱 ★★★☆☆
●編曲 ★★★★★
●技術 ★★★★★
●容姿 ★★★☆☆
●総合 ★★★★☆



81年にデビューして、すぐに消えた幻のアイドルの唯一のアルバム(全12曲入り)。2000年にCD化されました。

CDのライナーを読むと、彼女はジュリー好きなロック少女だったそうで、”ストリッパー”に通じる歌謡ロカビリー感があります。


ゴージャスなビッグバンド・スタイルの歌謡ロカビリー「センチメンタル倶楽部」、シングル・カットされた「い・か・が」、ニューウェイブ・ツイスト「おじゃまかしら」、昭和歌謡カバー「恋のフーガ」、ベースラインが心地良い「そばに来ないで」などが、ロッカビリィイー的には聴きどころか。


ロカビリーなアレンジを意識しつつも、演奏はニューウェイブ・テイストでなんとなくロックな感じがします。歌メロは歌謡曲。そこに、ちょっと不安定でエキセントリックな歌声が乗り、アイドル歌謡+ニューウェイブ+ロカビリーというオンリーワンな世界観が創られています。

精神崩壊系なボーカルと、若干暗めな楽曲が続くので、耳に合わない方もいるでしょうが、この個性は面白い素材だと私は感じます。



◉「い・か・が」は、「こちら」で聴けます!


◉「おじゃまかしら」は、「こちら」で聴けます!




◉労働者階級向けロッカビリー・アウトサイダー・ファッションを紹介するブログ

「Liteのロッカビリー的ファッション・セレクト」


http://blog.livedoor.jp/nippon_rockabilly-wear/lite/

も、併せてお読み下さい。








livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ