cc7715bb.jpg
25364217.jpg






■「Shaking Memory+6/かとうゆかり/CD/09年リリース」




●作詞 ★★★★★
●作曲 ★★★★★
●歌唱 ★★★★★
●編曲 ★★★☆☆
●技術 ★★★★★
●容姿 ★★★☆☆
●総合 ★★★★☆




82年にリリースされた「かとうゆかり」さんの同名アルバムのCD化です。ボーナス・トラックとして、アルバム未収録のシングル曲が6曲追加されていて、とてもお得です。



かとうゆかりさんは、アイドル歌手とKENTOS(ライブ・ショーを売り物にしているオールディーズ・ダイナー)系オールディーズ歌手の二足のわらじを履いた女性シンガーです。ですから、半分はアイドル歌謡ノリですが、伸びのあるパワフルなボーカルで、歌唱力は一般的なアイドル歌手とは比べものにならない程、上手です。



ロッカビリー・ファン向けには、マミー&オールディーズ・ファミリー・バンドの篠塚満由美さん作詞のロックンロール「ダイナマイトに火をつけて」、せつないメロディの「ルート・涙・セブンティーン」、ビッグバンド調の「Knock Out Boogie」、ドゥワップ・コーラス入りの「恋するカレンダーガール」、そして、オールディーズ調のオリジナル曲では日本最高の出来だと思われる「シュガーぬきのSaturday Night」あたりでしょうか。


当研究所的には、大名曲「シュガーぬきのSaturday Night」のCD化に、胸がときめきました!ポール・アンカのダイアナ調で始まり、途中でせつないメロディになる運びは、日本人にしかできない技だと思います。歌詞も含め、本当に良い曲です。



ボーナス・トラックは、映画グリース2の主題歌のカバー「放課後ロック」、上記の「ダイナマイトに火をつけて」の歌詞違いバージョンの「ダイナマイト・チャンス」あたりがオススメです。


また、彼女の代表曲で、大人気だったテレビ・ドラマ「ポニーテールはふりむかない」の主題歌「Stay」も収録。この曲はロッカビリーではありませんけどね。



以前このブログで「シュガーぬきのSaturday Night」のシングルを紹介した時に、ジャケット写真が酷いと書きましたが、このCDにはこんな素敵な写真が(写真下)!なぜこれを使わなかったのか。。。あの時代に、この写真で、この曲だったら、ビッグヒットしたかも?と本気で思ってしまいます。。。




このCDは、一般のレコード・ショップには流通していなくて、SONYのWEB通販http://www.sonymusicshop.jp/mobile/i/index.html?uid=01eQQYXRyjJDのみで買える限定盤でした。こんなマイナー・アイドルのCDなんて売り切れないだろうと思っていたら、即ソールドアウトしてしまっていて悔しい思いをしました。が、数ヶ月後に「追加プレスしてないかなぁ」と、もう一度hpを見てみたら、数枚だけキャンセルが出たので通販可能との表示が!即買いました。その後、新宿先輩や釈迦ビリーにも教えてあげたのですが、2人とも買えたので、ひょっとしたらまだ大丈夫かも??



このCDで、かとうゆかりさんのスタジオ録音音源はコンプリートですから、興味のある方はぜひ頑張ってゲットしてみて下さいね!私はアナログでコンプリートしていましたが、イチイチ引っ張り出して針を落とす手間が要らなくなったので、大助かりです!