Liteの日本ロッカビリー研究所 〜日本のロカビリー・バンド音源紹介ブログ〜

私(Lite)が長年集めてきた古い日本のロッカビリーのレコードを紹介します。ここで言う「ロッカビリー」とはロカビリーのみならず、ロックンロール/オールディーズ/ガールズ・グループ/ドゥワップ/ネオロカ/テッズ/R&B/ロックンロール・アイドル歌謡なども含みます。昔(80年代)はまだ細かくジャンル分けされておらず、その辺のものは総てひっくるめて「ロカビリー」や「フィフティーズ」と呼ばれていました。現在はジャンルの細分化が進み、「ROCKABILLY」と言う言葉が差す音楽は、かなり限定的になりましたので、ここでは「ロッカビリー」と表記し、「ROCKABILLY」とは区別させて頂く事にしました。また、最近のロッカビリーバンドの音源はほとんど買っていない為、ここで紹介する作品のほとんどが70~90年代半ばのものになります。ですから、リアルタイム情報としては皆無に等しいと思いますが、過去の資料として楽しんで頂ければ嬉しいです☆ ■<お知らせ> ★マークの評価方式を導入しました。あくまで採点は、「ロッカビリー」の視点から見た、当研究所の独断と偏見によるものです。 ●作詞→技術的な書き方も重要ですが、そのアーティストらしさが出ていれば高得点。 ●作曲→ロッカビリーとして良いか悪いか。カバーは基本的に星一つ。 ●歌唱→技術面も重要視していますが、それだけでなく、ストイックでロッカビリーとしてカッコ良ければ高得点。上手いだけで淡々とした無難なものより、多少下手でも誰が歌っているかが一発で分かるような、個性や味や存在感があれば高得点。 ●編曲→一般的なアレンジではなく、ロッカビリー的に。 ●技術→演奏の全体的な演奏力。例えば、ギターだけズバ抜けて上手くてもリズム隊がダメなら低評価。 ●容姿→見た目+ファッション+コンセプト。ジャケットにアーティスト写真が掲載されていない場合は「-」で表記。 ●総合→全部ひっくるめてのそのレコードへの評価。

ネオ・ロカビリー

ブラック・キャッツ6

f36b0576.jpg
e14e7c42.jpg








■「ラバー・ソウル/ブラック・キャッツ/LP・CD/85年リリース」



●作詞 ★★★☆☆
●作曲 ★★★☆☆
●歌唱 ★★★★★
●編曲 ★☆☆☆☆
●技術 ★★★☆☆
●容姿 ★★★★★
●総合 ★★★☆☆



「ブラック・キャッツ」のアルバム(写真上)です。ブラック・キャッツ・ファンの中でも"駄作"と言われている問題作です。




かるーいサウンドにビックリする「MIMEE」、ザ・ロカッツ風「孤独のジルバ」、ニューウェイブ歌謡の「ファニー・ダンステリア」、一応ロックンロール風な「チャラチャラ」、次作にも通じる曲調の「ジルバ午前麗時」がA面。


本作の中では一番ロカビリーで妖しげな「抱きしめてクレージーナイト」、時代を感じさせる歌謡アレンジの「ギャンブルタウン」、ロカビリー風歌謡曲「口笛とジャックナイフ」、ポップな好曲「俺の中にあるあの日のこと」、黄昏系ロッカ・バラード「Good bye boy -俺のラストシーン-」がB面の、全10曲入り。





ザ・ロカッツの"近代的ロカビリー"な雰囲気を狙ったのが分かるのですが、アレンジがニューウェイブに偏り過ぎてしまったようです。。。


伊藤銀次氏のアレンジ/プロデュースはブラック・キャッツには肌が合わず、完全に"起用ミス"。結果的にブラック・キャッツの魅力を大幅に減らしてしまいました。確実に「ロッカビリー・クラッシュ」。


確かにザ・ロカッツが"メイク・ザット・ムーヴ"で披露したサウンドにも、シンセサイザー系の電子音が入っていましたし、ニューウェイブの要素も多いです。しかし、ザ・ロカッツの場合はバンド・サウンドになっていますから、ロカビリーな雰囲気のギターが効果的に前面に出ていたりしています。疾走感や安定感があるのです。

それに対し、この"ラバーソウル"は、ロカビリー/ロックンロールな曲調はあるものの、シンセサイザーと機械的なドラム音がサウンドの要となっていて、ギターの占める比重はとても小さくなってしまっています。ですから、スカスカで"ロック感"の無い、なんだか80年代のアイドル歌手的な印象を受けてしまうのです。



こういった、従来と違う新しいロカビリー・スタイルを選択する場合、サウンドの根底に、"しっかりとしたロカビリー感"が無いと失敗に終わります。

公式にすると「従来のロカビリー+α=最新型ロカビリー」でないと、進化とは呼べないのです。新しい要素を足すわけですから、土台はしっかりロカビリーで固めておかないと、ロカビリーと呼べないものになってしまうのです。




曲調自体は良いものもありますので、アレンジ面が最悪に近いところがとても残念です。




●本作からは「抱きしめてクレージーナイト」(写真下/B面は"ファニー・ダンステリア")がシングル・カットされています。この曲も、ギターが前面に出ていて、スラップ・ベース使用だったら、名曲になっていたと思われます。あぁ残念。






正直な話、このアルバムは10年位聴いていませんでしたので、今聴いたらどうだろう?と思ったのですが、やはりアレンジが。。。

大好きなブラック・キャッツのアルバムですから、悪く思いたくないのですが、「別に無くても良かった作品かも?」なんて感想が胸をよぎりました。。。


でもジャケットはポップで素敵です!声も好きです!

ブラック・キャッツ5

4b367b1b.jpg
6f8843fa.jpg
37d5db74.jpg








■「東京ストリート・ロッカー/ブラック・キャッツ/LP・CD/84年リリース」




●作詞 ★★★★★
●作曲 ★★★☆☆
●歌唱 ★★★★★
●編曲 ★★★☆☆
●技術 ★★★★☆
●容姿 ★★★★★
●総合 ★★★★☆




レコード会社を移籍して、サウンドがガラッと変わった「新生ブラック・キャッツ」のアルバム(写真上)です。アルバムの内容に合わせたのか?、誠一さんのリーゼントがソフトになって、オトナっぽくなっています。





ズンドコ・ビートがイカす「東京ストリート・ロッカー」、ニューウェイブ風な歌謡ロック「EXIT」、サビが頭に残る歌謡曲「三つ数えろ」、優しいスロー・ナンバー「Man & Boy」、吉川晃司調の「クルージングLOVE」がA面。


ちょっとだけロッカビリーな「エデンの東へ」、歌詞もメロディも良質で隠れた名曲「いきなりハートブレイク」、なんとなくザ・ロカッツ調の「バーニングLOVE」、ウッドベースで聴きたかった好曲「J.D.を気どって」、ロッカビリー・チックな「Come On My Baby」、美しいバラード「Miss Lonely」がB面の、全11曲入り。





織田哲郎氏のプロデュース(ギターも織田哲郎氏)により、それまでのネオ・ロカビリー路線から、"ロカビリーっぽい歌謡ロック"へ移行しました。

ほとんどの曲が織田さんによる作曲(誠一さんの作曲が一曲)ですから、プロフェッショナルなクオリティで完成度が高く、歌謡曲としてはとても聴き易いのですが、"織田色"が色濃く出ている分、"ロカビリー色"はかなり減っています。

メンバーも誠一さんとオットーさんの二人だけになってしまい、サウンドはもはやバンド・スタイルではありません。ベースがエレベになってしまったのは、ロッカビリー的にはとても残念。


はっきり言うと、ロカビリーから脱線しつつある内容のアルバムなのですが、聴き易い曲が多いのと、ブラック・キャッツと言う「特別な存在」の作品ですので、何度か聴いているうちに好きになってしまいました。噛めば噛む程味が出てくる"スルメのようなアルバム"。

ガチガチなロッカビリー・ファンの方々にはお薦めはしませんが。。。





●このアルバムからはシングル・カットはありませんが、アルバム・プロモーション用の非売品シングル「東京ストリート・ロッカー(写真中)」が存在します。アダム・アント直系のズンドコ・ビートが素敵な、本アルバム中でも一際輝いている秀曲ですね。ちなみにこのシングルのB面は"エデンの東へ"。


●ビデオ「東京ストリート・ロッカー」(写真下)もリリースされました。DVD化(ボーナス・ムービー入り)されましたので、私はビデオを売って買い直しました。プロモーション・クリップ集なのですが、全部通して観るとちょっとしたストーリーになっていて、なかなか面白いです。以前、コメント欄に「ペイントした革ジャンに憧れた」とありましたが、実は私はブラック・キャッツのそれよりも、このビデオに出てくる"レッド・デビルズ"のペイント柄にグッときました。ちなみに昨日は"赤い悪魔柄"のジャーマニー・ジャケット(ドイツのスーベニア。軍モノのスカジャンのようなものです。)を着ていました。若い頃はこのビデオとストレイ・キャッツのプロモ集ばっかり観ていた記憶があります。。






昔、確か土曜日だったと思うのですが、朝にアン・ルイスさんが司会の音楽番組があって、登校前に毎週観ていたのですが、その番組で、"東京ストリート・ロッカー"のプロモーション・ビデオが流れ、ビックリしたのを覚えています。朝っぱらから革ジャン&リーゼントの映像に、テンションが上がりましたよ!

ここ最近は、ロッカビリー関係のアーティストを取り上げてくれる音楽番組も無くなり、寂しい限りですね。。。




話は変わりますが、先日、織田哲郎さんがプロデュースした、相川七瀬さんのファースト・アルバム"Red"を久しぶりに聴いてみたのですが、ジョーン・ジェット(元ランナウェイズ)な雰囲気のあるハードロッキンな歌謡曲で、なかなか良いですね。ロカビリー風なフレーズが一瞬出てくる曲もあって楽しめました。

ひょっとすると、"東京ストリート・ロッカー"を聴いて以来、私は織田哲郎さん関連の作品には、無意識のうちに好意的なってしまっているのでしょうかね???





■<お知らせ>

当ブログに於ける「ロッカビリー」の定義は、トップ・ページの下の方にある「ブログの情報」をご覧下さい。総称としての大きなククリとさせて頂いております。

いつも心にロッカビリーを!

*このブログの拡散にご協力ください。あなたやあなたのお友達のhpやブログ等で、無断で勝手にリンクを貼って頂いても、全然OKです!

■Liteの日本ロッカビリー研究所
http://blog.livedoor.jp/nippon_rockabilly/








ブラック・キャッツ4

de4e965a.jpg
3a8f01cb.jpg
70cf8781.jpg






■「キャッツ・ストリート/ブラック・キャッツ/LP/83年リリース」



●作詞 ★★★★★
●作曲 ★★★★★
●歌唱 ★★★★★★★
●編曲 ★★★★★
●技術 ★★★★★
●容姿 ★★★★★★★
●総合 ★★★★★★

*すみません、好き過ぎて客観的な評価が出来ません。




伝説のネオ・ロカビリー・バンド「ブラック・キャッツ」のビクター時代のベスト盤(写真上)です。




クール・パンカビリー・チューン「I・愛・哀-Waiting For You」、初期の名曲「1950」、アルバム未収録曲だった「うわさのLOVE MONSTER」、ワイルドなカバー「ジニー・ジニー・ジニー」と「サマータイム・ブルース」、ナイス・ネオロカ「Rocka Billy Boogie」、シングルのB面だった「グッドラック・ベースマン」、日本ロカビリー史上に残る大名曲「もう一度だけランデブー」がA面。


せつないロッカ・バラード「雨のコニーアイランド」、「Magic Island」、オットーさんのボーカルによるテッズ・ロックンロール・ナンバー「涙のバースデイ・キャンドル」、奇跡の名曲「Cat's Eyes」、トロピカルな「シンガポール・ナイト」、胸キュン・ロッカビリー・チューン「カバー・ガール」、スリリングな「いとしのベリンダ」、マイク・ベリーのオリジナル・バージョンを余裕で越えた激シブなカバー「Rendez Vous(ランデブー)」がB面の、全16曲入り。




珠玉のナンバー達がビッシリ詰まった好ベストで、ジャケット・アートワークも含めて、ブラック・キャッツの"一番良い時期"を堪能出来ます。シングルにしか収録されてなかった曲が入っているも嬉しいです。


曲順に若干疑問が湧きますが、好内容ですから、中途半端なベスト盤をリリースされるより、本作品のCD化を希望します。このくらい的が絞られていると、とても聴き易いですね。




●アメリカン・ツアー時に、プロモーション用に作成された4曲入り非売品ベスト・シングル「黒猫」(写真中/83年製造)が存在します。このレコードはウルトラ・レアで日本には10枚ほどしかないと言われていますが、生え際が後退してしまった友人(今後彼の事をこのブログでは"ハゲるよこりゃヤバそう"と表記します。分かりにくいので説明させて頂くと、エディ・コクランの残した名曲"ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー"をモジっています。)を初め、私が知っているだけでも4人所有していますから、もう少し日本にあると思われます。ちなみに私の所有しているシングルは、悪友の"釈迦ビリー"が見つけてきてくれました。サンキュー、釈迦ビリー!



●後の徳間ジャパン時代のベスト盤「黒猫伝」(写真下)は、インディーズでアナログ・オンリーで、93年にリリースされました。ロカビリーではなく、"歌謡ロック時代"のものからの選曲ですので、ガチガチなロッカビリー・ファンの方にはお薦め出来ませんが。。。それと、ジャケットの立ち猫のロゴマークですが、ピンクではないところが痛いです。なぜ、朱色???全然ブラック・キャッツを感じる事ができません。。。





十代の頃、確か新宿JAMだったと思うのですが、ガレージ・パンクのバンドか何かを観に行った時に、「すみません、ブラック・キャッツってバンドを知ってますか?」と声をかけられました。


よくよく話を聞いてみると、レコード会社(徳間ジャパン)の人で、ブラック・キャッツのベスト盤をリリースする事になって、どの曲を収録していいか分からなくて困っているとの事でした。その頃の私は、ポマードべっとりで大きなリーゼントでしたから、見た目で声をかけられたのでしょうね。


"ブラック・キャッツは大好きなバンド"だと伝えると、「もし良かったら選曲して欲しい」と言われたので、二つ返事で「ぜひやります!」と答えました。




「ヤッベェ、俺の選曲でブラック・キャッツのベストが出ちゃうよ!」





若かりし日の私の小さな胸はDing-Dong-Dingとトキメキました。毎日、選曲と曲順を考える日々!何パターンかをカセット・テープに録音して聴き比べ、練りに練ってやっと決定しました。



「あの、ブラック・キャッツのベストの選曲出来たんすけど。」

はやる気持ちを押さえてレコード会社に電話を入れると、「曲順を紙に書いて送って欲しい」との事でした。




曲順も送り、"いつ発売かな?いつ発売かな?待ち遠しいな、ルンルーン!"な気分で過ごしていた数週間後に、悲劇は起こったのです。




レコード会社の人から、「すみません、会議の結果、ベストではなく、全曲入りのCDに変更になってしまいました。」と電話が。。。


「ガーン!!!」



結局、私の選曲したベストの話しは流れ、二枚組だか三枚組だかの徳間ジャパン時代のアルバム・コンプリート全曲集CDとなってしまいました。



で、ベスト盤の話が流れてイラついていたところに、高円寺のモヒカン・ハードコア・パンク野郎が粉をかけてきたので、大喧嘩に発展したのを今も覚えています。あの頃は若くてエネルギーが有り余っていて、いつも元気だったなぁ。明日の事なんて、何も考えていませんでした。ブラック・キャッツを聴きながら、捨てるものなんて何も無かった時期を回想してみると、なんか懐かしいです。今なんて、失うものが多すぎて震えてますよ。。。"ツマンねぇ大人"になったもんです。




ベスト盤を聴くと、遠い日の想い出が色々と蘇ってきます。。。





■<お知らせ>


当ブログに於ける「ロッカビリー」の定義は、トップ・ページの下の方にある「ブログの情報」をご覧下さい。総称としての大きなククリとさせて頂いております。

いつも心にロッカビリーを!

*このブログの拡散にご協力ください。あなたやあなたのお友達のhpやブログ等で、無断で勝手にリンクを貼って頂いても、全然OKです!



■Liteの日本ロッカビリー研究所

http://blog.livedoor.jp/nippon_rockabilly/




ブラック・キャッツ3

a04fe3f9.jpg
a6adff75.jpg
0324df25.jpg







■「ヒート・ウェーブ/ブラック・キャッツ/LP・CD/83年リリース」



●作詞 ★★★★★
●作曲 ★★★★★
●歌唱 ★★★★★★★
●編曲 ★★★★★
●技術 ★★★★★
●容姿 ★★★★★★★
●総合 ★★★★★★

*すみません、好き過ぎて客観的な評価が出来ません。




クリーム・ソーダの店員による伝説のネオ・ロカビリー・バンド「ブラック・キャッツ」のサード・アルバム(写真上)です。日本ロッカビリー史に残る名曲が目白押しです!





イントロのウッドベースからテンション上がりまくりな「もう一度だけランデブー」、優しい感じの「愛にひと休み」、名曲「涙のロンリー・ナイト」、ヒルビリー・タッチで歌メロが極上な「ピンクのレモネード」、オットーさんが歌うアッパーな「From Black to Pink」、ビビアンによるせつなすぎる奇跡の名曲「アリデベルチ」がA面。


ワイルドなパンカビリー・スタイル「I・愛・哀-waiting for you-」、楽しい感じの「Go-Go-トラベリングバス」、サックス入りでノリの良い「LOST LOVE」、歌詞がせつない大名曲「恋のチャイナ・クラブ」、ロカビリー・レブスのカバー?「いとしのベリンダ」、夏の終わりを感じさせる珠玉のトロピカル・バラード「雨のコニーアイランド」がB面の全12曲入り。あぁ、名盤過ぎる!捨て曲なんてありません。




この作品で、テディ・ボーイ・スタイルからネオ・ロカビリーにサウンドが完全にシフトしました。まさに"日本ネオ・ロカビリーの夜明け"とも言える内容で、日本ロッカビリー史に永遠にその名を残す渾身の一枚。



リバイバル的な要素は消え去り、スタイリッシュでリアルタイムなロカビリーとでも言えば良いでしょうか?懐古主義ではないところが、"新しいロッカビリー・ムーブメント"の台頭を感じさせてくれます。この"新しいロッカビリー・ムーブメント"を正しく認識する事が出来ると、私の提唱する「ロッカビリー進化論」が理解しやすくなると思います。




●本作からは「I・愛・哀」(写真中)がシングル・カットされています。B面は"いとしのベリンダ"で、アルバムよりディレイがキツくかかっているように聴こえるのですが、気のせいでしょうか?



●本作リリースより前に「うわさのLOVE MONSTER」(写真下)もシングルでリリースされています。B面は"グッドラック・ベースマン"で、両曲共にオリジナル・アルバムには未収録!





前作で書き忘れたのですが、ビビアンの歌う"キャッツ・アイズ"の歌詞に出てくる「キングス・ロード」に行ってみたくて、今から15、6年前にロンドン旅行をしてきました。

キングス・ロードにはロッカビリー・ショップ「ラ・ロッカ/ジョンソンズ」があったので、テッズ達がウヨウヨしているロッカビリー・タウンをイメージしていたのですが、全く普通の綺麗な街で、ラ・ロッカの店内もパッとせずで肩透かしを食らってしまいました。。。それでも自分の大好きなバンドの、自分の中では大切な曲の中に出てくる外国の街を歩けた事がとても嬉しかったのを覚えています。"どんだけブラック・キャッツ好きだよ!"と自分でもツッコミを入れたくなるくらい、本当に大好きなバンドです。




●捕捉=「ロッカビリー進化論」=1950年代にアメリカで産声をあげたロッカビリーは世界各地に飛来し、時代やその土地のカルチャーと共に変化しながら今に至るという、私の導き出した持論。オールディーズ→テッズ→ネオロカ→サイコビリーのビリー系の流行は、原型(=50sロカビリー)が時代背景と共に進化したものであり、別ジャンルではなく、本質はどれも一緒で繋がっているという"仮説"。類人猿が進化しながらヒトになったのと同じ理屈。




■<お知らせ>


すみません、更新が滞り過ぎですね。色々とバタバタしております。。。更新を楽しみにアクセスして頂いている方々には大変申し訳なく思っています。なるべく更新出来るようにしたいと思ってはいるのですが。。。ごめんなさい!




当ブログは携帯用に作られています。通勤通学の途中やお昼休み、仕事の空き時間などに読んで、ロッカビリー好きな皆さんの日常の中の小さな楽しみにして頂けると嬉しいです。

いつも心にロッカビリーを!

*このブログの拡散にご協力ください。あなたやあなたのお友達のhpやブログ等で、無断で勝手にリンクを貼って頂いても、全然OKです!

■Liteの日本ロッカビリー研究所
http://blog.livedoor.jp/nippon_rockabilly/



ブラック・キャッツ2

226dcfc2.jpg
9c4a5c9d.jpg
843a864b.jpg






■「ビビアン/ブラック・キャッツ/LP・CD/82年リリース」



●作詞 ★★★★★
●作曲 ★★★★★
●歌唱 ★★★★★★★
●編曲 ★★★★★
●技術 ★★★★☆
●容姿 ★★★★★★★
●総合 ★★★★★★

*すみません、好き過ぎて客観的な評価が出来ません。




クリーム・ソーダの店員による伝説のネオ・ロカビリー・バンド「ブラック・キャッツ」のセカンド・アルバム(写真上)です。ちなみにアナログLPは豪華ブックレット仕様の歌詞カードです!




トロピカルでせつないミディアム・チューン「ディア・ビビアン」、バディ・ホリー・カバー(?)「サマー・レイン・ラブ」、ボーカルが特徴的な名曲「マジック・アイランド」、ビビアンが参加した超名曲「キャッツ・アイズ」、原曲を越えた珠玉のマイク・ベリー・カバー「ランデブー」がA面。


ナイス・ビンセント・カバー「ダンス・トゥ・ザ・ボップ」、ホットでクールな「ブルー・スウェード・シューズ」、ナイス・ロックンロール「ルシール」、当時シビレた「ロカビリー・ブギ」、ツイスティン・テッズ・ナンバー「トゥッティ・フルッティ」、ノリノリな「シェイク・ラトル・アンド・ロール」、アリゲーターズ・カバー「アイ・ウィッシュ」がB面の、全12曲入り。




A面が日本語オリジナル(カバーもありますが、日本語ですし、マイナー曲ですのでオリジナル扱い。しかもUSAツアー時にアメリカのラジオ番組に出演した際には、オットーさんは"ランデブー"を「オリジナルだ!」と言いきっています。)、B面はノリの良いオール・ロッカビリー・カバーという、あの時代特有の"黄金構成"。A面とB面があったアナログ・レコードならではな構成ですね。


このアルバムで、ブラック・キャッツ独自の持ち味である「トロピカル・ロカビリー・スタイル」が確立されました。本作も核になっているのはテディ・ボーイ・ロカビリー・サウンドですが、ドリーミン・オールディーズ色は陰を潜め、ネオ・ロカビリーへの移行を匂わせています。また、前作の課題点であった演奏力も、だいぶ向上しています。




それにしても名曲揃い。「ディア・ビビアン」での何とも言えないほろ苦さ、「マジック・アイランド」でのトロピカル感、「ランデブー」でのせつなさetc...どの曲にも思い入れがあります。


ここで特筆しておきたいのが「キャッツ・アイズ」。ビビアンの歌は上手ではありませんが、外人なのに頑張って日本語で歌っているところと、歌メロの良さ、それを引き立てる渾身のギター・ソロの相乗効果により、素晴らしい曲に仕上がっています。なんかケナゲなんですよね。この曲が嫌いという人もいますが、大半は、リアルタイムでブラック・キャッツを体験していない、"後聴き組"だと思われます。だってブラック・キャッツの良さってテクニックうんぬんではなくて、"奇跡的な偶然の相乗効果"でしょ? この曲、そのパターンの"どストライク"です!何回も聴きたくなってしまいます。




●本作からは代表曲「ランデブー」(写真中)がシングル・カット(B面はアルバム未収録曲"涙のバースディ・キャンドル")。ジャケットもアンディ・ウォーホール・チックで素敵ですね。


●本作のジャケットのカバー・ガール"ビビアン"のソロ・アルバム「倫敦人形」(写真下)もリリースされています。残念ながら内容は、ロッカビリー色のない微妙なポップスです。






個人的な若き日の想い出があるからかもしれませんが、やっぱりブラック・キャッツは最高です!今時な若いロッカビリーな方は、このサウンドをどう感じるのでしょうかね?

私の意見としては、若者がブラック・キャッツを良く思わなくても良いと思っています。世代間で感覚のギャップもあるでしょうし、若い世代の人が良いと思っているものに惹かれない自分もいますから。ただ私は、ブラック・キャッツがキラキラ輝いていた時代を過ごし、今も相変わらず好きでいるだけです。




PS,レコードの棚を見てみたら、"うわさのラブ・モンスター"のシングルが行方不明です。。。多分酔っぱらって聴いて、適当にどこかに入れてしまったのでしょう。見つからないかも。。。






■<お知らせ>

電話が全く繋がらなかったり、携帯の充電切れでメールも返ってこなかったりと苦戦しましたが、とりあえず、家族、親戚、友人の安否は確認出来ました。

以前友人達と泳ぎに行った岩手の海岸は、手のつけられない状態だそうで、現地に住む友人も落胆していました。現在も停電や生活物資の不足が続いていますが、被災者の皆さん、頑張って下さい!

それと、このブログのリンクや記事引用についてのご質問がありましたが、全く構いません。それで喜んで頂けるなら私も嬉しいですので。また、記事引用の際にはコメント欄に告知して頂けるとありがたいです。よろしくお願いいたします。





当ブログに於ける「ロッカビリー」の定義は、トップ・ページの下の方にある「ブログの情報」をご覧下さい。総称としての大きなククリとさせて頂いております。

いつも心にロッカビリーを!

*このブログの拡散にご協力ください。あなたやあなたのお友達のhpやブログ等で、無断で勝手にリンクを貼って頂いても、全然OKです!

■Liteの日本ロッカビリー研究所
http://blog.livedoor.jp/nippon_rockabilly/



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ