2018年02月28日

家の素材について(構造)

材木店に材料のチェックに行ってきました。
IMG_7421

大工さんや職人さんの技術以前に素材の品質が重要です。

土台、柱、梁の構造躯体の杉、ヒノキは静岡県優良木材の認証品でありJAS相当品としての強度や乾燥度、寸法精度が保証されています。

そして耐震性を高めるための壁量計算や構造計算に加える耐力壁に入れる「つっかえ棒」のような「筋かい」は壁の強さを決める重要なものです。
IMG_3763

その筋かいは「刻み加工」する前に一本一本をチェックしています。
本日は私と担当監督の小杉と二人で材木店に行ってきました。

材木店に置かれた加工前の筋かいをチェックしましたが4本ほど取り替えました。
IMG_7425

上の材料は隅に大きな節があり木の繊維が寸断されているので地震が来たらその部分が弱点となって
座屈してしまうでしょう。

私達は安全面にはグレーゾーンは存在しないと思っています。

グレーだったら黒と見て使わないという安全上では大切な事です。

現場に納品されてからのチェックでは刻み加工の手間や運搬の手間がかかってしまいます。

できるだけ早い段階でのチェックが無駄なコストや労力も省き安全上も安心できる
家づくりとなります。
nipponnoie at 12:14│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

nipponnoie

Archives