2018年07月05日

完成見学会で見るキッチンスタイル

6月23、24日(駿河区池田)と6月30日、7月1日(焼津市石脇上)と2件の完成見学会を行いました。

どちらもオクシズ材を構造躯体に使用した自然素材の高性能な家です。

高性能と一言で言ってしまうと何か分かりませんので簡単に説明すると
「耐震制震の省エネな家」です。

地震対策は構造計算をした上での耐震等級3で余震対策の制震オイルダンパー付きです。
もちろん熊本地震での2度の震度7と同じ揺れも倒壊シュミレーション「ウォールスタット」で
パソコン上で被災実験しての安全性も折り紙つきです。

ウォールスタットは国土交通省の研究機関が開発したソフトで無料でダウンロードできます。

省エネ性については第一に自然の快適さを取り入れる為に風通しと日当たりを考えた大きな窓や吹き抜けがあります。

断熱性は2020年義務化の新省エネ基準、青森県と同レベルです。

気密性は施工により差が大きいので設計上ではなく現場で実験して出しました。2軒とも北海道でもトップレベルと言われるC値(相当隙間面積)0.5以下でした。

C値は池田の家が0.41㎠/屐⊂督鼎硫箸0.38㎠/屬任靴拭8軸悗引き戸でこの数値の良さには驚きでした。

前置きが長くなってしまいましたが完成見学会で性能を言われても分かりませんし心にも響かないと思います。

完成見学会では見て分かるものをお話ししたいですね。

今回の家ではキッチンスタイルに注目です。

池田の家は対面式で一段上がった畳コーナーがあって堀座卓のように腰掛けてカウンターで食事ができます。
IMG_9339

焼津の家はコンロ(調理)とシンク(水槽)が別々に離れたセパレート型になっていて
テーブル配膳も簡単で人気の横配膳型です。
IMG_9410


キッチンスタイルはお客様のライフスタイルやご要望、間取り全体のバランスで
ご提案は変わりますが実際の物を見ておくと写真だけよりも自分がどの様にしたいのか
決める手助けになります。

今回の見学会場の2家族様も実際の完成した家と構造見学をして性能と毎日の暮らしの快適さを
両立させることができました。

家づくりは出来ているものを買うのではなくお客様と一緒につくっていくものです。

よりお客様に分かりやすくお伝えする努力をこれからもして行きたいと思います。

完成見学会の場をご提供してくれたお客様とご来場の多くのお客様に感謝しています。

有難うございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

nipponnoie

Archives