素晴らしきポルノ映画【日活ロマンポルノ動画】

あの女優もアイドルも昔は脱いでた!にっかつロマンポルノの動画や画像を紹介

2006年08月

【新日本映像】 いやらしい熟女 すけべ汁びしょ濡れ / 島森千里 林由美香 しのざきさとみ

ブログネタ
今日観た映画 に参加中!

結婚して6年。若い頃遊んでいた弥生は、夫・詠一とマンネリSEXに飽き飽きしている。真面目で堅実な人と思って選んだのだが、浮蕩な彼女には我慢の限界。ある日、弥生は姉の五月の家へ、気晴らしに遊びに行った。五月の立てたお茶を飲みながら、愚痴をこぼす。五月は、「ちゃんと男を見極めないからよ。」と弥生を苦しめた。しかし、そういう五月は男を吟味しすぎて未だに独身だった…

詳しく見る

【新日本映像】 高校教師 淫らな課外授業 / ひとみ綾 葉月蛍 西山かおり

ブログネタ
邦画 に参加中!

新人女教師、香奈は23歳。若い女教師がフェロモンを発散しながら生徒の前を行き来、その匂いに誘惑された男子生徒は妄想の中で彼女を犯す錯覚を覚える。しかしいつかその欲望は現実のものとなり、彼女に○い牙を剥く。彼女の恋人、英司がそれを発見し香奈を助け出すも、他の女生徒と関係を持ってた事が香奈にばれてしまう。復讐に燃える男子生徒は英司を襲い、再び香奈にも迫るのだった。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】 ザ・本番−モデルオーディション篇− / 皆川亜砂子 島田一枝 森下優子 野田洋子

ブログネタ
こりゃ観らないかんばいっ!!! に参加中!

都内某日、某所。86年ランジェリークィーンコンテストの審査会場。全国から総勢136名の応募があり、今日、この会場にいる候補者は、書類審査、面接の一次二次先行を通り抜けてきた美女8名である。  さて美女達8名は、おのおの今日穿いてきたパンティを後から前から披露させられたあと、レオタードに着替えてボディラインのチェック。さらに、このコンテストの主催者兼スポンサーである某下着メーカーのスケスケランジェリーを着けて、ほとんど股間丸出しのお色気審査である。  ステージ上で繰り広げられる審査だけでもこのようにかなり過激なものだったが、実はこのコンテストには、候補者には知らされていない特別な二つの審査方法が準備されていた…。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】 高校教師・暴刑 / 黒木玲奈 六本木舞

ブログネタ
今日観た映画 に参加中!

絶叫と嘲笑なのか、惨劇は始まった。校舎裏で、体育館で、奴らの視線が狙った獲物は…!! 放課後の誰もいない職員室、女教師・夏目麗子(26)は、生徒達に輪姦される夢の中で苦痛の絶叫を上げ、ハッと目覚めた。「なんだ、夢だったのか。」しかし、気が付くと彼女の股間は、自らの愛液でグッショリと濡れていた。「欲求不満なのかな…。」麗子は神崎(26)という同僚の教師と婚約していたが、神崎は麗子に指一本触れてくれないのだ。「神聖にして退屈な毎日。」いつも見飽きた校内の風景に麗子の声が虚しくダブる…。 神崎の外出中、彼の部屋を掃除に訪れた麗子は、偶然そこでセーラー服女子校生モノのドギツいビニ本を見付ける。自宅に戻った麗子は、押入れの奥から高校時代のセーラー服を引っ張り出した。駅前広場のトイレに入った麗子は、その中でセーラー服に着替えていた。その姿を神崎に見せて誘惑してやろうという目論みだ。しかしその時、同じトイレの中に偶然にも、斡旋された売春で客待ちをしているセーラー服女子校生が入って来た。そんなことを知らずにトイレを出た麗子は、ジョギング・ウェアを着た客・和田幸雄(32)に売春女子校生と間違われてしまう…。

詳しく見る

【新東宝】 Dカップ女教師 教えてあげる / 風間舞子 浜崎麻耶 浜圭子

ブログネタ
私が愛した映画たち に参加中!

女教師和子の楽しみは生徒の個人授業。今日も秀才型の学生を自宅に連れて個人レッスン。シャワーを浴びながら大きな胸を吸わせ、股間に指をはわせ、中に指を入れる。昼は女教師、夜はただの淫乱な女。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】 制服体験トリオ わたし熟れごろ / 北原理絵 寺島まゆみ 太田あや子 小川亜佐美 橘雪子 あららぎ裕子

ブログネタ
映画 に参加中!

感じちゃうの、なんとなく…。熟れ頃、食べ頃、抱かせ頃。恋のいろはで裸舞ゲーム。いよいよ最後の春休みに突入。海老沢家に下宿している桃子(寺島)、菊子(北原)、蘭子(太田)の3人は、ピンクなことで、頭がいっぱい。「次、おしっこいってみよう」の声に合わせて、大股開きの蘭子は、ビニ本のモデルのバイト。片や菊子は「ワンワン」「ニャアニャア」と、裸で歯科医と危ないアバンチュール。ところが、本当は2人とも、まだバージン。最後の一線を越えてはいないのだ。そのくせ、純情オチャメチックの桃子に先輩風を吹かせてしまうのが、この世代特有の行動。いまだスキャンティをはいたことが無い桃子は、下宿先の同級生・武にアタック。しかし彼は、下半身も口で慰めてもらうほどの極端なマザコン。その現場を見てしまった桃子はショックに負けずに、武の部屋へ突入。見よう見まねで口攻撃を。ところが大事な部分にケガさせてしまう。当主・剛三の怒りを買い、夜の海で体罰を受けた3人は、SEX武者修行に出かけるが…。A責め、口愛撫、放尿…。ピチピチ・トリオの大胆プレイが、もうたまんない!

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】 令嬢肉奴隷 / 赤坂麗 早坂明記 水城蘭子 黒木玲奈

ブログネタ
日本映画 に参加中!

「令嬢」は灼熱の昂まりの中で断末魔のエクスタシーを感じた!!夏、湘南の別荘。プライドの高い敷島家の令嬢・澄子(赤坂)は、婚約者・仁科との愛がすっかり冷め切っていた。業を煮やした仁科はクルーザーの上で澄子の体を求めるものの、彼女の強い抵抗に合い、またもや目的を果たすことは出来なかった。一方、澄子の妹・直美(早坂)は、美貌の姉に対して●い頃から嫉妬心を抱いていた。自分の顔にある醜い痣。ついに彼女は使用人・萩須(手塚)に姉をレイプするよう依頼した。日頃から愛人・まち子(黒木)と爛れた性関係を送っていた彼のテクニックは生半可なものではない。やがて彼の性の奴隷となった澄子は…。赤坂、黒木の2大女優によるポルノ・シーンの競り合い、早坂の白いボディも性欲をソソる。

詳しく見る

【新日本映像】和服義母 息子よやめて! / イヴ(神代弓子)

ブログネタ
映画好きの一本 に参加中!

デビューから15年を過ぎた今でも衰えることのない人気を誇る、成人映画界の女帝イヴ。今回の彼女は少し肉付きがよくなり、益々抱き心地が良くなったかに思えるふくよかな腰つきで登場。うねる腰、波打つ乳房、いやらしい喘ぎ声、イヴの全てを惜しげなく披露!和服のイヴを思うままに自分の性の虜にしていく息子と、彼女の虚ろな眼差しに少々の嫉妬を感じてしまう。イヴの魅力満載の作品。乞御期待!

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】順子わななく / 宮下順子 絵沢萠子 桐谷夏子 森川麻美 榊原めぐり 武知杜代子 関悦子

ブログネタ
日本映画 に参加中!

誰に抱かれている時も、私の体に住むのは、あの男のたくましい味だけ…。過去の男への捨て切れぬ思いに、見知らぬ男との刹那の陶酔に熟れた身を任す。女の色香漂う宮下順子が演ずる下町人情ポルノ。宮子(宮下順子)は今日も過去の男の影を心の片隅に抱きながら泰造(殿山泰司)の身を激しく求めるのであった。ある日、宮子は昔別れた辰吉(遠藤征慈)の影を目にするのであった。やがて宮子は辰吉の女・信江(桐谷夏子)と出会い宮子に対する信江の嫉妬を浴びるのであった。しかし宮子と辰吉は過去の思いを清算するために肉体を憎むかのごとく絡み合うのであった…。熟した女の色香漂う宮下順子の魅力が画面を濡らしていく。下町を舞台に、過去の男への捨てきれぬ思いに縛られながら生きる女の内面を、刹那的なSEXを通して叙情的に描いた下町人情ポルノ作品。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】桃尻娘ラブ・アタック / 竹田かほり 亜湖 原えつ子 栗田陽子

ブログネタ
こりゃ観らないかんばいっ!!! に参加中!

この2年A組の教室。桃尻娘のレナ(竹田かおり)、裕子、そしてオカマの木川田の顔もみられる。ある日、妊娠した裕子に相談を受けたレナは、処女同盟の久美子にカンパを頼んだ。しかし集まったのは、何と八千円。クラスには八人しかバージンがいなかったのだった。ある日のホームルームの時間。創立五十周年の文化祭が議題になった。醒井涼子がお化け屋敷を提案した。しかし、賛成したのはレナ一人だった。それ以来二人は親密になった。そして涼子が有名なピンクサロン・チェーンの社長令嬢と聞いたレナは、裕子の堕胎費用をピンクサロンホステスのアルバイトで稼ぐことにした…。橋本治原作『桃尻娘』の第二作目。脚本は「桃尻娘〈ピンク・ヒップ・ガール〉」の金子成人、監督は「修道女 濡れ縄ざんげ」の小原宏格、撮影は「クライマックス・レイプ 剥ぐ!」の安藤庄平がそれぞれ担当。

詳しく見る

【大蔵映画】異常露出 見せたがり / 工藤翔子 林由美香 五代暁子

花枝と慎二は別れのセックスをしていた。あまりの慎二の生活力の無さに花枝は愛想が尽きたのだ。慎二に残ったのはボロいキャラバンだけだった。以降、彼のキャラバン生活が始まった。ある夜、慎二は公園の脇にキャラバンを停め眠っていると、女・桃子の悲鳴が聞こえてきて…。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】発禁 肉蒲団 / 東てる美 ひろみ麻耶 岡本麗 二條朱美 五十嵐ひろみ 桂たまき 芹明香

ブログネタ
邦画 に参加中!

子の刻の艶の夢をお届けに参上!ひとり寝の女性相手に今宵も色漁り…。ビッグ女優勢揃い、艶笑時代劇ポルノの決定版!!この男、根っからの女好き・信三郎。「一つ穴に押し込められてはたまらない」と、かわいい妻・ぬい(東)を置いて江戸の町へ。名を金魚亭未央と改めまして、始めたのが、戯作者稼業。鼠小僧次郎吉のお色気評判気が当たりを取ったことから、思わぬ出世で連日の廓通い。ところが花魁・春菊(ひろみ)から、金魚ならまだしもアレの大きさはメダカと笑われ意気消沈。おまけに本は発禁とイイことまったくなし。そこにどこからともなく現れたのが、本物の鼠小僧。金魚亭を伴い、夜のお江戸へ。ひとり寝の小唄の師匠・おいね(岡本)とイタすものの、「小指じゃいやん」と言われてしまって、またもやガックリ。ついに意を決して膨張した犬のナニを埋め込み縫い合わせる手術を受けることに。ついにアチラコチラで「死ぬ死ぬ」の声を上げさせるまでに成長。春菊も感きわまって潮吹き。すべてはウマクイってたのですが…。裸、裸のオン・パレード。大江戸をムレムレ・ムンムンに染める嬉し楽しポルノ。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】 実録 白川和子 裸の履歴書 / 白川和子 田中真理 小川節子 片桐夕子 原英美 続圭子 潤ますみ 二條朱美 青山美代子 山科ゆり 宮下順子

ブログネタ
映画 に参加中!

恍惚の演技に青春を賭けた…。演劇に憧れるごく平凡な女・白川和子の運命を変えたのは、演劇仲間に騙され、暴行されてからだった。そんな和子を珍プロダクション社長・珍田は優しくいたわり、ピンク映画へと誘った。半年後、「不倫の悶え」で和子はデビューした。着実に人気を伸ばしていった和子だが、カメラマンと愛し合い、同棲生活を送っていると、女優への疑問を抱き、二人の生活も女優をも捨ててしまうのだった。ところが、奉仕活動として老人家庭を訪問した時のことである。その老人の生き甲斐が、和子の映画を見ることで、和子の古いスチールを大事に持っていることを知った。ここで一つの壁を突き破ることが出来た和子は、後に夢中になって映画に出演し、四年間に二百本近くもの主演作を撮り、“ピンク映画の女王”に君臨するのだった。やがて彼女に転機がやってきた。以前共演したことのある瀬木との結婚話である。和子は引退を決心した。彼女にとって夢にまで見た平和な家庭生活である。そんな時、珍田が日活出演の話を持ってきた。和子はやはり結婚よりも仕事を選んだ…。11月8日、彼女の日活第一作が完成した。その日は瀬木との結婚の日でもあった…。

詳しく見る

【日活ロマンポルノ】主婦と性生活 / 泉じゅん 水木薫 大滝かつ美

ブログネタ
映画好き に参加中!

裕子は亡くなった姉の婚約者、高野博と結婚した。川越に新居を構え、そこに、姉や夫の同級生、文枝がやって来た。文枝や夫の高校時代の話題に、裕子は取り残されたものを感じる。裕子は仕事の為、週に3日は東京に通っている。ある日、友人とレストランに行き、そこの主人小野寺と出会う。翌日、家では酒宴が催されていた。文枝は酔いつぶれた高野に跨ると腰を沈めた。帰って来た裕子に、文枝は高野は酔って姉の名を呼んでいたと聞かされる。高野を好きな文枝の嘘だが、裕子はショックを受ける。数日後、高野はお祝いの用意をしており、裕子に野音のコンサートチケットを渡す。心当たりのない裕子は、姉の誕生日だと知り家を飛び出した。東京をさ迷う裕子は、小野寺の所に向い、体を重ねた。裕子は、金を請求した。金のためだと割り切るためだ。家に戻ると、必死に彼女を探し回る夫のメモを見つける。文枝が高野が愛しているのは裕子だと告げ、嘘を謝った。自分の事が許せない裕子は野音のコンサートに向かっていた。雨の中、中止になった会場で座っていると、高野が隣りに座った。裕子の目から涙が溢れ出し、二人は聞こえない音楽のなか、一糸まとわぬ姿で抱き合うのだった。

詳しく見る

【新東宝】 喪服教師 のどの奥まで / 松島エミ 西山かおり 田口あゆみ

ブログネタ
女優 に参加中!

黒い服を着た美佐子が、教壇の椅子に腰を掛けて、生徒達のテストを監視している。先日、夫でやはり教師の信一が死んだばかりなのだが、担任の三年生のクラスの大事な試験の為に彼女は登校して来ているのだ。悲しみを抑えている彼女の姿は妙に艶っぽい、現に生徒の一人雄大は彼女の姿に欲情してしまってテストどころではなかった。

詳しく見る

【新東宝】 縄で犯す / 日野繭子 丘奈保美 杉佳代子

ブログネタ
邦画 に参加中!

脳が弱い娘・里子は両親が自殺したため温泉旅館の主人・安西に引き取られた。ある日、番頭の松男が里子の処女を無理やり奪った。次の夜も番頭は里子の部屋に現われた。使用人の正造は里子を不憫に思い、一緒に東京に逃げようと誘う。そんな中、正造は旅館の金を盗み、誤って松男を殺してしまう。彼は死体を埋めそのまま東京へ逃げた。一人残された里子は安西の異常な責めを受け…。

詳しく見る

至高の逸品
風祭ゆき
いんこう 麻生かおり
麻生かおり
可愛かずみ
美保純
  • ライブドアブログ