某大学の助教授吉松正彦は典型的なロリコン中年である。或る日、吉松は駅でセーラー服姿の美少女に出会う。美しい黒髪と甘い匂い目眩を感じる吉松。少女を尾行し、彼女の家を突き止める。少女の名前は岡田美貴子、母親と二人暮らしである。電話帳で、番号を調べ、美貴子の家に猥褻な電話をかけた。日々美貴子のことが頭から離れなくなった吉松は、何とか美貴子に近づく為に或る計画を練り実行に移す。まず、偶然を装い、母親の多美に接触し、岡田家に入り込むことに成功。親切な吉松に多美も、娘の美貴子も好意を持ち始める。夜には猥褻な電話を何度となくかけ、親子を怯えさせる。犯人が吉松だとは知らない美貴子は母親を元気付けて欲しいと吉松に相談する。二人の力になることを約束した吉松は多美と結婚するところまで漕ぎ着ける。吉松は理想的な父親として美貴子には写っていた。翌朝、美貴子が学校に出た後、多美の背後に吉松の手が伸びる。風呂場の浴槽に多美を沈めた。葬儀の後、どうすればよいかわからない美貴子をやさしくなぐさめ接吻する吉松。初め少し抗っていた彼女も次第に昂揚していく。美貴子を愛撫する吉松の顔には喜悦の表情が浮かんでいた。

詳しく見る