制服の下に、はち切れそうな成熟した肉体を秘めた女子校生・片桐夕子は、若い体育教師・石田に淡い思いを抱いていた。バレー部の合宿の余暇で山登りをした時、負傷してズブ濡れになった夕子を暖めてくれたのが石田だった。今思えばあの時が性を知る唯一のチャンスだったのかも知れない。以来夕子は未知の世界に好奇心が高まるばかりだった。翌日、真弓の自宅に誘われた夕子は、レスビアンを強いられ、乱交パーティーに加えられた。その醜悪さに嫌悪感をもよおした夕子は、石田が恋しくなり石田のマンションに向かったが、そのエレベーターに待ち伏せていた三人の男達に襲われ強姦されてしまう。心配した石田が駈け付けてきた時はすでに遅く、純潔を数欲の餌食にされた夕子の無残な姿があった。石田は傷付いた夕子を、いつか登った山に連れて行くことを決心した。しかし、約束の当日、夕子はとうとう新宿駅に現われなかった…。

詳しく見る