丸西美加は、かつてコールガールをしていた女である。それでも、なんとか普通の生活をしようと努力している。母の佳美も姉の真由美も売春のアルバイトをしていた。そんな真由美が、商社マンの副島と結婚することになった。立派な親戚ができて喜ぶ美加はパチンコ店でアルバイトを始める。しかし、母はサラ金に借金したり、当の真由美も昔付き合っていた雄一と別れられずにずるずると関係を続けていた。美加は姉の部屋を訪ねると、そこには雄一がいて、姉とは別れたくないと言いながら美加に襲いかかってきた…。身体を売って生きている母とその娘二人。こういった生活から抜け出そうと努力はするが、一度浸かったこの世界、思うようにはことが運ばない。過去を隠してマトモな生活を目指してみるものの、また元の生活に堕ちていく女達を、若手の奇才・黒沢直輔が描く。

詳しく見る