満員電車で隣り合わせた女の上気した肌。女の手が自らの秘所をまさぐるのが見えた。うろたえる間もなく、人妻らしく成熟した落ちついた顔だちの、うるんだ瞳が語りかける。「人知れず昇りつめるあたしに触れて。この満たされない空白、あなたのモノで埋めて!」すかさず私の勃起したモノを女の股間に押しつけた。滅多にないチャンス、逃すもんか!

詳しく見る