達夫の勤めている会社には花田専務を中心にした派閥があり、それに入っていないと出世どころかいつクビになるか分からない。ある日、達夫の家でパーティーが開かれた。彼の妻真紀子は仕事で京都へ出張中だった。集まったのは同僚の望月と恋人妙子、隆子、花田専務、社長秘書の民子たちである。ラスト近くには花田夫人の雪江、彼女とレズ同士の若い美樹も登場。パーティーは乱交パーティーになり…。

詳しく見る