果てしなき快感に酔う…。裸舞コール。女は“処女”のように男に敏感になり、男は…童貞…のように美しき肉体のとりこになった。勇次(内藤)は、憧れのストリッパー・まゆみ(美加)と同棲することになった。旧友の俳優・俊一郎の留守中、まゆみと赤ん坊の世話をしろと命令されたからである。まるで蟹のように人生を這いずって生きてきた勇次にとって、夢のような出来事だった。まゆみは、俊一郎のいない淋しさから、早速勇次を抱くが、セックス以外ではバカにして相手にしない。ヒモのように暮らす勇次だが、それでも、まゆみといられるだけで幸せだった。ところが、当の俊一郎が、旅先で女優とできてしまうは、里子(志水)という別の愛人が押し掛けてくるわ、雲行きが怪しくなってくる。そして、まゆみの勇次への眼差しにも、微妙な変化が…。処女作「かぶりつき人生」以来、ストリッパーの世界を描き、幾多の傑作を得た名匠・神代辰巳。その最後のロマンポルノである。主演に、芝居には素人の、当時の現役ストリッパー・美加マドカを起用、見事な演技を引き出した。若き内藤剛志の飄々とした快演も実に瑞々しい。

詳しく見る