男の絶叫が木霊する。全身、打ち身だらけの男が、足首を縛られ、吊り下げられている。小柳一郎(78)が、吉田の指の股に鉛筆を挟み、絞り上げる。男は、呻き声を上げる。 拷問を受けているのは、元銀行員の吉田徹(40)。彼は、勤め先の銀行から一億六千万円を横領していたが、逸早くその情報をキャッチしたN・G・C(日本拷問株式会社)では、早速吉田を拉致し、拷問していたのだ。 そのN・G・Cの社長は、一条宏子(26)。彼女は実は、没落してしまった貴族の末裔で、再び優雅な貴族生活を取り戻すべく、爺やの小柳と、その娘美久(21)、そして、飯田(32)の4人が、一丸となり、美味しい情報を見付けては、片端から拷問に掛け、金を略奪していた。 このN・G・Cの今回の獲物、吉田は、過酷な拷問に耐え切れず、ついに金の在り処を吐くが、自分は、4千万しか盗ってはいないと言い張る。どうやら残りの一億二千万は、被害届けを出した支店長がネコババしたようだ。N・G・Cの面々は、新たなターゲットに向け活動を開始した…。

詳しく見る