たかしと竜介は画家になるために芸大合格を目指し、専門学校に通っていた。その校長はたかしの母であり、竜介にとって叔母である。ある日デッサンの授業で絵のモデルをしていた利江子は自分の裸を見ても他の生徒と違って興奮しない二人を見て、二人がホモじゃないかと疑う。そこで利江子は二人を挑発し、真実を確かめようとしたが…

詳しく見る