セックスの缶詰・あァ電車の中!セックスの戦場・あァオフィス!!セックスのプラザ・あァ喫茶店!!あァOLの中でSEXの炎は燃え上がる…。トイレに入れば、“公衆便所”こと駒子(中島)の喘ぎ声が聞こえてくる。そんな乱れた会社にあって、毎日タイプに向かう鈴村亜佐美(小川)。父思いで身持ちの堅い女性に見える彼女も、実際は課長と不倫の関係にあった。出張前のホテルに駆け付けては、さっさとベッド・インの用意。もちろん、そんな日には下着だって“ソレ”用の特別なヤツ。一方、性生活など、ツユを知らない父・耕平は亜佐美のお見合いの席を設けて大満足。ところが、結婚式の出席のためにやって来た課長とバッタリ。亜佐美の和服姿に興奮した課長は、着物をたくし上げ、眼前の白いお尻を撫でながら、後ろからドッキング。“危険日”だと訴える彼女にパイプカットしていたことを告げる課長。それを知った亜佐美は、ある決意を固めるのであった…。無数のひよこに囲まれてのSEXなど、鬼才・小沼勝の映像表現が冴え渡る一編。湖畔の宿ではバックにカルメン・マキ&OZの名曲「私は風」を使用。痛み伴うヒロインの空虚感を完全に描き切っている。

詳しく見る