大学生の頃、作家・丸木の書いた官能小説を読み、その独特の世界にハマってしまった主人公・美穂。卒業後、中堅出版社に入った彼女は丸木の担当編集者になる。興奮と期待を秘めて丸木のもとを訪ねると、目の前に現れた丸木は想像通りの人物で、美穂は執筆中に走らせるペンの音にも興奮してしまう始末。そうして美穂はいつの間にか現実と虚構が混じり合う官能小説の淫靡な世界へと迷い込んで行くのだった…。

詳しく見る