医務室の中、汗とも涎とも区別がつかぬものをしたたらせながら、一人でのぼりつめていく芳恵。ここは男子禁制の女刑務所。女囚たちは、あの手この手で自らの欲望を満足させていた。そんな中、脱走して捕えられた正代が連れ戻されてきた。それ以来、看守の岸子に睨まれてしまう正代。ある日のこと、敵対する冴子とのモメゴトがきっかけで岸子に呼出された彼女は、その間に同房の美和がレイプされてしまったことを知る。復讐に燃える正代は、岸子の男関係をネタに彼女を強請り始めた。面会に現れたかつての恋人・辰雄を挑発し、岸子の前でSEXを始める正代。だが弱みを握られている彼女には、それを制することができない。一方、正代の下半身から流れる“男の印”を見た女囚たちは、ついに抑圧された性欲を爆発!「やって!さわって!しゃぶって!」と塀の外の男たちに突進してゆくのだった!監督は耽美派・小沼勝。SMまがいのサディスティックなリンチを始め、小沼監督ならではの暗い美意識、淫靡な“性”が観る物を異様なまでに興奮させる。

詳しく見る