極彩色の油地獄…。おどろおどろした肉の飼育に妖しく染まる白い柔肌。仕事先のひなびた温泉郷で芸者・子菊(志麻)に誘われ、シロクロショーを見に出掛けた西川耕二(明石)は、緊縛、鞭を駆使した、そのすさまじさに刺激を受け、子菊を強引にモノにしてしまった。幸せ気分もつかの間、帰途、彼は一人の女性を轢いてしまう。それはあのショーに出ていた愛子(吉川)であった。「あんな虫ケラ」と言って、その場を立ち去る耕二。それから数日後、耕二の妻・雅子(麻吹)と、妹の宏美(朝霧)が誘拐されるという事件が起きた。愛子の夫・源浩が復讐の罠を仕掛けたのだ!座敷牢の中、繰り広げられる鞭の洗礼、浣腸、剃毛、そして生卵責め…。妖艶にして眩いマゾ調教が下半身を貫く!

詳しく見る