当時から今現在まで最先端のカメラマンで在り続けている荒木経惟の初監督作。六本木で女校生のリカは、モジャというカメラマンにビニ本のモデルにならないかと声をかけられる。ノーパン喫茶で何百万円も稼いだというクラスメートの話を聞いたことのあるリカは、誘われるままについていく。スタジオに入ったリカは、SEXに狂うスタッフ達を横目に服を脱ぎはじめた。場所をラブホテルに変えると、撮影は過激になってきて、リカは恥毛を剃られてしまった。撮影後、カメラマンがリカを犯そうとするが、助手の短太郎が邪魔に入った。短大郎は落ち込むリカを慰めようと、ジャズバーへ誘った。しかし、店内はマリファナの香りに包まれ珍妙な客ばかりが集まり、農厚なセックスに耽っているとんでもない場所だった。リカは官能の誘惑に負けて、妖しく迫る男達に体をまかせ、体中を舐められ、恐怖と快楽の極みで、悲鳴とも愉悦ともつかぬ声をあげて失神してしまう。リカは自分の部屋で目を覚ました。書きかけの日記帳から白日夢だったことを知るリカ。リカは秘部に手をやり、自慰を始めた。そこへ、弟が入って来て息を飲んだ。リカは弟をベッドに導くと、裸になっていった。

詳しく見る