家庭に縛られ、なにか物足りない毎日を過ごす若妻の洋子。そんな時、友達の美紀に彼女のバイトである家庭教師を引き受けてくれないかと頼まれる。夫の勧めもあって、引き受ける洋子。生徒の守は、美紀によって女の喜ばせ方をたっぷりと教え込まれており、洋子を執拗に挑発する。守の挑発に最初は抵抗する洋子。しかし、次第に心が揺らぎ守に体を許してしまう。そして数週間後、大学に合格する守。洋子のことが忘れられず、会いに来た守に洋子はこう告げた。「あなたの一生、私にかけられる?」

詳しく見る