江戸時代末期、女衒12代目の吉藤次は、ある娘市で、肌の艶・乳の丸み・腰の張り具合、そしてアチラは<エレキクラゲ>という絶品のモノを持つ、フーテンのお新(片桐)を手に入れる。品川の女郎屋の女将・お綱は、これなら千や二千の小判は稼げると大喜び。ところが予想以上にオツムの弱いお新に、お綱は大弱り。「好きなコトしてゼニもらう」の言葉を勘違いしたお新は、初見世の日に飯を食ってグウグウ。改めて関取・雷山に初見世を頼んだところ、四十八手の裏表を教えようという関取の意気込みとは裏腹に、お新は雷山と相撲を取ってしまい、勢い余った関取は床板を破り階下へドスン。ちょうど男とまぐわっていたお千賀(山口)は、ケイレンして外に運び出される始末。その後も、金貸しスケベ座頭三人、土地の顔役・ジロリの紋太などが、噂の女郎を味わおうと次々に女郎屋を訪れたのだったが…。時代考証なんてなんのその。“電気ソケット”に手を突っ込んだり、菊次(アベ)にレズりながら“How to Sex”を教えてもらったり…。田中陽造(初脚本)と曽根中生監督の息がピッタリ合った、アナーキーなポルノ。

詳しく見る