酔いつぶれた芳介が目を覚ますと、なんとそこに見知らぬ財布が…。それ以来、ツキが回り、今ではスケコマシとして、調子のいい毎日。今日もナンパしたメイ子(芹)の性で屈服させ、一緒に東北へ。ストリップがいかに女にとってトクなショーバイかを説く彼の前に現れたのが、捨てたはずの女・夕子(片桐)。同業のストリッパー・まゆ(絵沢)の亭主を寝取ったと勘違いされた彼女は、一座にいづらくなって、逃げてきたのだ。芳介をめぐる女の戦い…と思いきや、事態は意外な展開を。なぜか夕子とメイ子はウマが合い、一緒にレズ・ショウを演じることになった のだ。だが、感じやすいメイ子は1日4回の天狗ショウにクタクタ。一方、女たちに見捨てられた形になった芳介は、またもや次の女・さゆり(吉野)に粉をかけるが…。「女地獄・森は濡れた」「四畳半襖の裏張り」、と密室空間の性を描きつづけてきた神代辰巳が多くのストリッパー、女優を得て、その性を開放。都はるみ、北原ミレイらの曲で魅せる淫靡なショウも生唾だ。

詳しく見る