鞭の味を知ったしとやかな肌に狂気の責め絵図が刻み込まれて…。羞恥と激痛が快楽の花を開く団鬼六の世界!!美大の老教授・大内(大河内)の妻・緋沙子(谷)は、その熟れた豊満な体をもてあまし、性への幻想に沈溺していた。そんなある日、彼女は刺激を求めてSMショーの芝居小屋へ足を踏み入れた。だがそこで知り合ったのは、かつて緊縛の絵を描いたことから大内の手によって中央画壇から締め出された過去を持つ和雄(別所)。彼の愛人・朱美(飛鳥)は、和雄の恨みを晴らそうと緋沙子をおびき寄せた。連絡を受けた彼女は、なにも知らず性獣の待つマンションへと向かうのだった…。緊縛と鞭の味を知った新妻がSMの藍へと溺れていく様を谷ナオミが熱演。アザだらけの柔肌はまさに生唾モノだ!

詳しく見る