直樹は、とある街で喫茶店を経営していた。父は幼い頃に失踪し、母は女手ひとつで直樹を育て上げたが、喫茶店と借金を遺して亡くなっていた。返済に頭を抱える直樹の前に、ある日突然、美奈という女の子が現れた。失踪した父親と美奈の母親が結婚し、彼女と直樹は‘腹違いの兄妹’だという。直樹は美奈の強引なペースに振り回され、気がつけば美奈は住み込んだうえに、喫茶店の手伝いをすることになっていた。

詳しく見る