洋介は地元の学校を卒業し、親の経営する民宿を継いでいた。ある日、友人・孝次が、洋介の心を揺さぶるニュースを知らせにきた。学校の同級生でマドンナ的存在だったゆかりが地元に帰り、母親の後を継いでスナックを経営しているという。2人は早速飲みに行き、ちょっとした同窓会のように盛り上がった。数日後、孝次がゆかりについての噂を知らせにくる。彼女は店の客に身体を売っているというのだ。

詳しく見る