ロマンポルノ史上最大のスーパー・オナドル誕生!!桃尻娘から百合族へ…。そして’86年は薄毛ギャルがお・い・し・い。19才の浪人生・幸美(杉原)は受験勉強の傍ら、エロ漫画を描いてプロの作家・白鳥雪彦に送っていた。白鳥雪彦というのは、実は原作者の白鳥平吉(坂西)と劇画家の鮫島雪彦(金田)の共同のペンネーム。最近、ストーリーに行き詰まっていた白鳥は、女に対する知識がないからだと鮫島に非難され、若くしてワイセツな画を描く幸美を“取材”するべく彼女を東京に呼び寄せる。思ったよりも可憐な幸美。夜明けの海で自然に結ばれる二人だったが、幸美の原稿を白鳥がなくしてしまったことから彼女は失意の帰郷を。そんなある日、幸美は母・房江(橘)の浮気相手にレイプされて…。爽やかでロマンチックなタッチの青春ポルノ・グラフィティ!

詳しく見る