野沢篤志の父は単身赴任で、篤志は母・美奈子と二人で暮らしていた。篤志の大学の友人・立花遼は篤志の家にしょっちゅう遊びに来ていた。実は、遼は美奈子に一目惚れしていたのだ。親友の母の仕草、息遣い、しなやかな身体。その全てが、若い青年の心と下半身を熱くする。

詳しく見る