とある鑑別所に一群の少女たちが到着した。彼女たちは全裸にされて身体検査、性病検査を受けたが、万引きで捕った上流家庭の娘・幸枝は恥ずかしがってしゃがみ込む。幸枝は他の二人と一緒に雑居房に編入された。そこのボス・秀子は、早速挨拶がわりに二人を裸にし様々な体位を絡み合せ喜んだ。目をそむける幸枝。隅にはそれらを無視する懲罰房帰りの真弓がいた。大人しい幸枝は、秀子の指図で丸裸にされてリンチされ、その姿は早乙女教官によって秘かにカメラに撮られていた。しかし、数日後、幸枝は出所していった。雑居房の中でいつも他人を避け、自分の殻に篭っている真弓が起こした殺人事件とは、かつて母とドライブに行った時に、浜辺で三人の男に犯され、その後、復讐のために男たちを次々と殺したのだった。しばらくして、真弓は幸枝が出所後、裸の写真をダシに暴力団に脅かされ、売春をさせられたことを苦に自殺した事を知った。一方、秀子は早乙女の子供を宿していた。風呂場で苦しそうに吐いている秀子を見て、全てを知った真弓は、秀子の腹を蹴り上げた。翌日、秀子は死んだ。そして真弓の牙は早乙女に向けられた…。

詳しく見る