鞭と蝋の緊縛地獄!飼い慣らされた妖精の肌は被虐の歓びに濡れる。花嫁姿で宙吊りにされ、性具で、鞭で、弄ばれつつ苦痛と陶酔にさまよう理恵(倉吉)。騙され、いじめられ、売られてきた彼女の今の主人・浩三(宇南山)は、異常なまでのSM癖を持っていたのだ。そんな彼女を蝋人形館で見掛けて以来、あとを付け回していた江口(中原)は、全裸で飼い犬のように調教されている理恵の羞恥の姿を目撃。ショックのあまり、浩三への復讐を決意する。意を決した彼は、浩三の妻・典子(志麻)を山荘へ誘拐。たっぷりと責め苛んでいった。彼女の体を愉しみ尽くした江口は浩三に典子と理恵の交換を申し出たのだが…。●さの残る倉吉朝子。スリムな体が痛め付けられる味わいは、また別格!

詳しく見る