克彦は亡くなる前に6通の遺書を書いていた。1通は妻・浪江に宛てたもので、残る5通は‘アザミの会’のメンバーへのもの。‘アザミの会’とは、不能であった克彦が興した悦楽の儀式を行う集いだった…。嗜虐的妄想にとり憑かれた男たちが織りなすSM夢幻世界。

詳しく見る