久美子(橘 瑠璃)は、狂言自殺を度々図っていた。それは、夫・四郎の愛を確かめるためだ。そんな久美子に想いを寄せるのは格闘術の道場を開いている四郎の兄貴分・裕作。その裕作をひそかに思い続ける唯一の道場生・真琴(里見瑶子)。ひょんなことから裕作と同居することになった久美子は嫉妬に燃える真琴にいたぶられるのであった。

詳しく見る