記憶喪失の女がいた。女はエクスタシーを感じると過去を想い出すことができた。女は想い出す中で、売れっ子の女流漫画家で、次のカットが描けず仕事にいきづまっていた。そして、女は男性恐怖症だった。しかし、女には、もう一つ、記憶の底にしまっていた過去があった。エクスタシーを感じると過去を想い出すという、透逸なアイデアをもとに、話は、スリリングにミステリアスに進んでいく。

詳しく見る