流麗にピアノを弾く笙子(関根律子)。ウットリ聴き入る知子(木築沙絵子)とナミ(北原ちあき)。女子校生の優等生かました娘たちは、青春に悔いを残さないために、スケバンになることにした。しかも合法的(?)に会社を設立して…。その名もズバリ『スケバン株式会社』。笙子たちは、スケバンファッションに身を包み、事務所を構え、シティ感覚の非行に走ることにした。 まず仕事始めは、暴走族のケンカの仲裁である。笙子たちは、その成功に味をしめ、仕事は順調にスタートした。 ある時、スケバンとは全く関係のない、トルコ嬢を舘旋しろとの依頼が熊笹組の竜よりあった。スケバンでバージンでもあった知子は、その矛盾に耐えかね、手っ取り早く棄てるため個人的にうけおった。知子は、熊笹組の竜にトルコで調教され、SEXの快感に目覚め。トルコテクニックを身に付けさせられた上、竜の女(スケ)になった。

詳しく見る