女子校生の山崎千尋はギャル雑誌の編集者・白石宏一と知り合い、安アパートで同棲を始める。白石には妻の智子がいたのだが、智子のセックスアレルギーが原因で家を離れ、千尋との生活を送っていた。千尋は白石の手で、次第に成熟したオンナの体へと成長していく。一方、智子は秘密を抱えていた。それは、かつて白石の同僚、木村と寝たことだった。それを知られることを恐れるあまり、セックスアレルギーとなっていた智子だったが、偶然から白石に知られることになる。秘密が秘密でなくなったとき、智子の全身に熱いものが襲い、身悶え、快感に溺れる。妻のアレルギーが改善されたことで、白石にも家を離れ続ける理由が無くなってしまう。僅かばかりの荷物とともに、アパートを離れる白石に、千尋は別れを告げるように、最後のセックスをする…。

くわしく見る