片岡肥之助のDEBlog

携帯電話から更新を始めて、気が付けば10余年。まだ終わらない・・・!

吹奏楽部

チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」最終話 感想 最高のチューバアニメだった・・・・


 奇跡の吹奏楽アニメ「響け!ユーフォニアム2」も、ついに最終回となりました。


 1期を含めればTV放送だけでも26回。

 多数の感動と吹奏楽あるあるをもたらしてくれました。ありがとう。


 それでは、最終話「はるさきエピローグ」の感想いきたいと思います。


 北宇治高校吹奏楽部は3年生が引退し、新役員を決める会議。

 北宇治は部長、副部長がそれぞれ先輩から指名されるが、会議をやるまで他の人は知らないという面白システム。


eu1

 はい、部長は2期で株価を3倍にも4倍にも爆上げして、色々フラグも立てていた優子です。


 そして副部長は・・・


eu2

 夏紀先輩キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!


eu4

 なかよし川で部長・副部長という、わしも原作読んだ時に吹いた面子の取り合わせ。

 なお、この背景には、比較的テンション高くて突っ走る傾向のある優子を、クールで冷めてる夏紀がうまいこと抑えるという、3年生のなかなか深い狙いがあった。(短編集より)

 この2人の今後は、短編集のほか書き下ろしでも描かれておりますので、ぜひとも読んでください。


eu3

 短編集においては、この会議は後藤先輩目線で進むのですが、まあそこまでは・・・ね。

 ただ、後藤先輩の落胆する様子は再現されていた。

 本当は後藤先輩が最上級生になったことに対するとまどいとか、進路の話もはさんでほしかったんだけどな・・・・。


eu5

 新3・2年生での合奏。やはり3年の抜けた穴は大きい。


eu6

 がんばって新入生勧誘しなきゃ・・・と優子部長。


 北宇治の場合、新2年生がしっかりしてるからなんとかなると思うんだけどなあ・・・あすかおりの他、トロンボーン夫婦が抜けたり、ファゴットが2人とも抜けるのは手痛いよな。


eu7
eu8
 
 そして中途半端に立ててはいたが、回収しなければならない「秀久美」フラグ。

 ヘアピンのくだりは完全に久美子がデレていたが・・・。


eu11
eu12

 「あすかロス」を隠しきれない久美子。


eu13

 ラストのぞみぞれ。
 「あすか先輩の音かと思った」「すごく似てた」と久美子のユーフォの音をほめる。

 この久美子の演奏、たしかに音色はきれいだが、どこか気持ちが入ってない感じ、つまり「あすかロス」状態が見事に表現されていたと個人的には思いました。


eu14

 あすか先輩のアイキャッチ・・・・うますぎかよ・・・・


eu16
eu15

 場面は変わり、3年生の引退式へ。


eu17

 こら!チューバのベルをこんなことに使うんじゃない!

 チューバは特にベルを使って遊ぶ連中が必ず出てくるよね・・・



 出し物の後は、3年生と1・2年生がそれぞれの編成で曲を演奏。

 3年生は衝撃の1期PVより「Starting the project (Wind Orchestra Ver.)」
 1・2年生は「三日月の舞」でした。
 

eu19
eu22

 三日月の舞は比較的使い回しだったものの、3年生の演奏は神作画の連発でしたね。


eu20
eu21

 ナックル先輩のドラムも凄かったですが、一番は香織先輩のトランペットかな。



 そして、「三日月の舞」


eu24
eu25
eu26


 チューバが・・・チューバのチューニング管が・・・

 夏と比べると大分マイルドになってる・・・・!!

 2月のクソ寒い時期に抜く必要あるのかともちょっと思うのですが・・・

 昔、個人的に使っていたチューバで、冬場は管一切抜かなくてもまだ低いっていうのがあってね・・・

 誰だったか「Bessonは吊りあげて吹く」みたいなことを言っていたけど、あれは苦労したね・・・

 その印象があるからわざわざ抜かんでもええんちゃうかっていう。


 そして・・・・


eu27
 
 麗奈のトランペットソロで・・・


eu28
eu29

 「演奏に合わせて指がついつい動いてしまう」
 という超絶吹奏楽あるあるを用いて・・・・

 香織先輩のあふれる想いを演出・・・

 このシーンは録画を10度回して7回は泣いた。これはあかん。


 それではここで、抜ける3年生の編成と、残る1、2年生の編成を比較してみましょう。

eu18

 こちら3年生。
 最大の問題はファゴット2人とバスクラ2人が全員3年生で、1・2年生バンドでは皆無になってしまうこと。

 滝先生が来るまでのグダグダ部活の中では、おおむね皆の希望どおり楽器を当てがわれていた影響があるのでしょうか。

 本当なら、3年生が抜けた後に誰をバスクラやファゴットにコンバートさせるのかってなって、超モメるのですが・・・。



eu23

 一方の新体制バンド。

 チューバが一人も抜けないってのは素晴らしいね。うん。

 トランペットは麗奈がいるので向こう2年問題ないのだが、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアムは一層の努力が必要かな。

 麗奈に後輩が付いた時に、麗奈はどうやって後輩を指導するんだろう、とか見ものではあるんですが・・・。



eu31

 そして卒業式へ。


eu33
eu34

 香優は尊い・・・・


eu32

 部長、「定演見に行くからね」って、逆に定演回(時期的には立華との合同か)やってくんないかなあ・・・。



eu35

 吹奏楽部の3年生が後輩と話をする中、あすか先輩が現れず、探し回る久美子。



 あすか「なになに?もしかして恋の相談?」
 久美子「そうです」


eu36

 展開的にあーなるのはわかってんだけど、ちょっと秀久美展開を期待した・・・。


eu38

 あすか先輩に想いをぶつける久美子。


eu37

 あすか先輩は、久美子に例のノートを託します。


eu39

 ノートに書いてあるのは、あすか先輩が河川敷で吹いていた例のソロ曲の楽譜。
 その曲名は・・・・


eu40


 「響け!ユーフォニアム」


 。・゚・(ノД`)・゚・。



eu41

 終わった・・・終わってしまった・・・

 もう、このユーフォの置き方がやっぱり危なっかしいとか、そういうのはもういい・・・この素晴らしい作品に出会えたこと、そしてそれが終わってしまうこと・・・・

 自分なりにいろんな想いを巡らせながらの神EDでした。


 これ最終回先行上映行ってたら、現地で大泣きしてたわきっと・・・


eu42

 なお、最後までわしはあの人の演奏であることを薄々期待していたのですが、スタッフロールで特に演奏者名が出なかったってことは・・・。
 サントラには掲載されると思うので、それ待ちですね。



 ・・・っておい、よく考えたら秀久美はどうした!?

 中途半端に立てたフラグを結局回収しなかったぞ・・・原作だと、もうアレなんだよ・・・結局やらなかったからあんまり言うとネタバレになるけど、このあすかとのラストシーンでヘアピン付けちゃってるのな。

 ということは・・・ん?んん?

 
 BD最終巻の追加エピソードでやるのでしょうか・・・あれの一連のシーンは京アニクオリティで絶対映像化しないと・・・。



-----
----
---
--



 「響け!ユーフォニアム2」でも、多数の感動と興奮、吹奏楽あるあるを我々に提供してくれました。

 こと「2」に関しては、私が実際に舞台に立ったり、観賞したことのある場所が多数登場し、1期とはまた違う衝撃と興奮を味わうことができました。関西人でよかった。

 この作品を観て、また吹奏楽を始めよう、楽器を吹こうと思ったオトナの吹奏楽経験者も少なからずおられると思いますが、ついに私もチューバのソフトケースを購入予定です。

 ソフトケースを買ったところで、具体的に何をどうこうというのはありませんが、ずっとハードケースで身動き取れないまま、骨董品と化してしまっている楽器には申し訳ないと思っていたので、私にとっては第一歩です。

 そして、そうした動きのきっかけをくれたのは、なんと言っても「響け!ユーフォニアム」です。

 この作品に出会ってからのこの2年間は、20代の間に遠ざかっていた吹奏楽と改めて接し、自分なりに見つめ直すいい機会になりました。

 この作品から得たもの、今後の人生に活かしていきたいと思います。


 「響け!ユーフォニアム」は人生!



 そして・・・・久美子2年生編をやれとは言わないが、せめて立華高校マーチングバンドを3期でやってください!お願いします!




 ありがとう!

 「響け!ユーフォニアム」!!

 また会う日まで!!!


 




 そして我々は「響け!ユーフォニアム難民」となり、「ユーフォロス」を抱えたまま年を越すのであった・・・・。

 何が「逃げ恥ロス」だ・・・恋ダンスは紅白でやるだろ・・・北宇治高校は紅白には出ないんだぞ・・・。








☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆

hibike2


 

 

チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第12話 感想 ※すでに最終回が神回であることが確定しました

それでは、第12話「さいごのコンクール」の感想いってみたいと思います。


12eu1

 ああああ、開幕ラッカーポリッシュ!

 このポリッシュ勢のパッケージデザイン、昔と変わったんだよなあ。

 あと銀のパーツも磨かないといけないから、シルバーポリッシュもセットでないとおかし(ry


12eu4

 さあいこう名古屋センチュリーホール!


12eu2
12eu3

 のぞみぞれは至高・・・・



12eu5
 愛知県民、ホール特定よろ・・・・なんて言ってる間に、10回通しもせずあっさり練習終了。

 ありゃ、もしかしてこの流れは・・・・


12eu6

 あっさり合宿所。


maitie2

maitie1

 この久美子達がトランプするシーンの何がすごいかって、一部ファンの間で密かに注目されていた「まいちえ」が設定通り補完されたことです。


maitie3

 原作通りならこの部屋は1年生の寝室であり、3年のまいな先輩がわざわざお手玉しに来ているという点でも興味深い。


12eu7

 そして秀久美。

 つかここまで関西大会本番前に喋らないわ文化祭は一緒に回らないわで徹底的に秀久美カットしておいて、急に挟んできてわけわからんかった。誕生日プレゼントの前提がたしかあったろ。

 しかしこの唐突な秀久美がもう来週へのフラグなのである。けどこのままそこに向かうとしたら、正直無理矢理すぎる秀久美なのである。


12eu8
12eu10

 名古屋センチュリーホールへ。関係者も集合。


12eu9

 「パーカスの順路が違う」という吹奏楽コンクールあるある。

 実は関西大会でも明確な描写はないが、チームもなか含めパーカスパート&打楽器搬入組が別行動しているのがわかる。


12eu11
12eu14

 みぞれ先輩のくわえリードが相変わらずの至高・・・・。

 「今日は最高」というこのリード1枚のために、一体みぞれ先輩は何枚のリードを削り、湿らせ、犠牲にしてきたのだろうか・・・。

【2018.4.22】
 なお、みぞれと希美のストーリーを描いた劇場版「リズと青い鳥」において、みぞれ先輩がリードを削るシーンが出てきます。つか、削るどころの話じゃないです。
 是非とも劇場へ足をお運びください。



12eu13
12eu12

 くみぞれが推されるのも今回が最後か・・・

 
12eu15

 さあ行こう全国大会!



12eu16

 ・・・・と思いきや、本番シーンは一切カット。


 そりゃそうだよな。関西大会のあの演奏が、サブタイトルの「きせきのハーモニー」のとおり、原作でも「誰もミスをせず、完璧に、自分たちの実力以上のものが生み出される」「百回に一回起こる演奏」「いまのこの演奏は奇跡みたいなもの」と表現されている北宇治のまさにピークであり、あれ以上の演奏は出せない。

 かといって、関西から全国まで色々やってきたから同じ収録を流すわけにもいかないし。


 なお、この時点で本作品において「プロヴァンスの風」が演奏されることはもうないことを、我々吹奏楽クラスタは認識しなければならない。
 この「当年の課題曲をリアルに演奏する」という斬新な演出は本当にすごかった。


12eu17

 提供:日本パルス

 「大職・一般の部のCDもご購入いただける」ってことは、中学・高校より先に大職・一般やってるってことで。

 この2種類はけっこうどっち先にやるかは変動するので、2015年のスケジュールに合わせてこういう描写をしていることはすごい。

 いまは1000円でCDなんだね。俺らの頃は1000円でテープかMD、CDは注文して後で届く仕組みだったなあ。


12eu18

 そして結果発表ですが、結果発表前に各校の指揮者が表彰されるということで、何かしなきゃと慌てふためく北宇治部員達。


12eu19

 麗奈は立ち上がり、「先生、好きです!」


12eu20

 ( ゚д゚)ポカーン


12eu22

 どうしよう告白しちゃった・・・と麗奈。


12eu21

 しかし周囲は愛の告白だったなど、微塵も思っていなかった。


12eu23
12eu24

 そして北宇治高校は残念ながら銅賞。部員はお通夜ムード。


 ここで北宇治高校吹奏楽部員の皆様に吹奏楽あるあるの格言を届けたい。

 「金と同じ」と書いて銅賞よ!


12eu25

 優子先輩の決意。「来年は金賞獲るよ」

 たぶん来週は短編集のアレがああなるフラグ・・・・。


12eu26
12eu27

 麗奈は改めて滝先生に想いを伝えるが、滝先生はスルー。

 「この先生、絶対わかってない。」


12eu28

 そして、来年への決意を見せる葉月ちゃん。葉月ちゃんは2クールにわたって、チューバとはなんたるかを見事に体現してくれた。先輩のチューバ夫婦にも感謝したい。

 とりあえず、全国出場で部費が付くと思うから、E♭管を買ってもらおうね(違



12eu29
12eu30

 原作でも特に名場面といわれる、進藤正和氏があすか先輩に伝言を残すシーン。

 あすか先輩のデレ感が本当すごい・・・・。


 はい、ということで、来週本番みたいな感じで最終回に行くのかと思ったら、あっさりと全国大会が終わってしまいまして、ということは尺的に来週は原作3巻の残りプラス短編集のアレやアレやアレを挟んでの最終回になるだろう。
 これは大いなる誤算だった。わしの頭の中では、今週秀久美の最後、せめて本番のホール入りまでやっての来週本番、短編集のアレやアレはBD完全新作だと思っていたのだが、もう短編集のアレやアレは来週やらざるを得ない流れ。

 つまり、アレやアレをやるってことは、既に最終回は神回確定です。


 これは・・・・週末の最終回先行上映会に行けないことが本当に悔やまれる。・゚・(ノД`)・゚・。


 まずい・・・これはネタバレ回避で本格的に隠居することになると思います。



チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第11話 感想 心情を見事に表現する演奏シーンに注目!

 それでは、第11話「はつこいトランペット」の感想いきたいと思います。


11eu2

 あすか先輩が復帰。部員は拍手で出迎える。


 わし・・・・病気でやむを得ず2週間部活休んだことあるんだけど、復帰しても誰も拍手なんてしてくれなかったし、声もかけてくれなかったトラウマ・・・ウッ!頭が・・・・



 今週は麗奈回。久美子に対して冷たい態度を急に取るようになった麗奈。


11eu3

 恋バナになるとテンションあがるオパールちゃんw



11eu4

 あすか先輩は実質リハビリ状態。 

 「うーんマズイねえ、本当カッコ悪いわ」なんて言ってるこのシーン、ユーフォの音がただ下手に吹いているわけでなく、そこそこうまい奏者がブランク抱えてる感じがすさまじく表現されていた。

 金管楽器奏者なら誰もが経験あるだろう、久々に楽器を吹いたら、ブレスはいけるんだけどリップがついてこなくて若干スカスカする感じ。そこが素晴らしかった。

 たぶん同業者の皆さんならわかっていただけると思います。



11eu5

 麗奈を待ち伏せする久美子たち。1期序盤にも似たようなシーンあるの思い出したw


11eu6

 食事中。麗奈から連絡が。

 麗奈「ちょっと大吉山までツラ貸せや」



11eu7
11eu8

 麗奈が怒っている理由。それは滝先生の奥さんの存在を久美子は知っていたのに、自分に伝えてくれなかったから。


11eu9
 
 麗奈は母親にもやつあたり。そりゃそうだ、麗奈の家に滝先生は出入りしていたんだから、麗奈の親は奥さんの存在知っていたはずだよな。


11eu10

 久美子から滝先生妻がもう亡くなっていることを聞かされる麗奈。


11eu11

 くみれいは究極・・・・



11eu12

 続いて麗奈の回想シーン。なお、この回想シーンは短編集収録のエピソードに準拠。


11eu13

 ピアノ教室に通ってるけど家にピアノがない由佳ちゃんキタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!

 このシーン、本当はもっと由佳ちゃんに想像だにしなかったことをいろいろ言われ、麗奈はヘコんで家に帰ってくるのだが、由佳ちゃんのくだりはさすがにカット。


11eu14
11eu15

 れいな「あのがっき・・・ゼノかな・・・?」


11eu16
11eu17

 滝先生は度々、麗奈の家に出入りしていた。滝先生の父親は元・北宇治の顧問でしたが、その父親が麗奈父と酒を飲む中。なお麗奈母も北中出身らしい。


11eu18

 こりゃ惚れてまうわ・・・でもこのころ既に、滝先生結婚してたんだよなあ。



11eu20

 必死こいてソロを練習する麗奈。

 若干テンポが早いうえ、力任せで吹いているのが、麗奈の焦る心情を表わしていて実に素晴らしい。



11eu19

 なんとそこに優子先輩登場。デレながら相談に乗ろうとする優子。


11eu21

 わし・・・この優子先輩と麗奈のカップリング「ゆうれい」はワンチャンあると思うんだ・・・。



11eu22
11eu23

 備品と、ツバ抜き雑巾の描写・・・本当すごい。こういうところによくこだわってる。


11eu24

 いつものように鍵を返しに来るくみれい。そこで麗奈は、滝先生に直接、奥さんについて聞いてしまう。


11eu25

 麗奈「そういうんじゃなくて・・・どんな女(ひと)だったんですか


 結局滝先生の奥さんをめぐる話は、久美子に話す(知る)シーンで麗奈が知ったり、タイミングをごっちゃにしながらのアニメオリジナル展開でした。


11eu26

 そしてここからアニメオリジナル展開の極み。ある日、くみれいは自転車である場所へ。


11eu27

 ダムのほとりの墓地へ。

 わしは宇治市とはゆかりはありませんが、制服着て自転車で現地に向かっていることから「宇治 ダム」でググったらちょうど出てきたのが「天ケ瀬ダム」。完全に一致。
 (参考URL

 こりゃ、新たな聖地巡礼になりそうだ。


11eu28

 滝先生の奥さんの墓参りをするというオリジナル展開。

 ああ・・・・イタリアンホワイトだ・・・


11eu30
11eu31

 ダムで麗奈が吹いていた曲は、1期サントラに収録されている「孤高のトランペット」ですね。

 ソロ練習シーンと比べても、心の迷いから吹っ切れた麗奈の力強く、そして透き通った演奏。



 2期は主要キャラがイベントを乗り越えながら成長していくわけですが、そのイベント前後の楽器演奏が、良くも悪くも切り分けられている。

 みぞれ先輩のオーボエもそうだったし、今回もそう。それぞれの楽器の中の人も、いろいろ工夫してやっているのがわかります。



 来週からはついに全国大会。名古屋に上陸です!






☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆

hibike2


 





チューバ吹きの目線で書いた「響け!ユーフォニアム2」感想まとめ(アニメ2期etc)

hibike2



 いつも記事を読んでいただきありがとうございます。


 「響け!ユーフォニアム」1期に引き続き、2期についても”チューバ吹きの目線”から感想・レビューを重ねてまいりました。
 2期本放送も終盤を迎えておりますが、これまでの感想記事をまとめておきたいと思います。今後、この記事からサントラやBD各巻のレビューについても追加していきたいと思います。


 なお、1期の各話の感想と、2期開始までに発売された既刊小説(原作1〜3巻、短編集、立華高校etc)については、下記記事のほうにまとめております。

チューバ吹きの目線で書いた「響け!ユーフォニアム」感想まとめ
http://blog.livedoor.jp/nirubed/archives/52028934.html




 それでは、2期各話についての感想は下記のリンクからどうぞ。


アニメ2期本編

第1話「まなつのファンファーレ」
 ⇒ 奇跡は再び舞い降りた!

第2話「とまどいフルート」
 ⇒ 水着回?だからどうした!

第3話「なやめるノクターン」
 ⇒ チューバの「広く取りすぎたGesの音」とは?

第4話「めざめるオーボエ」
 ⇒ オーボエ覚醒回。のぞみぞれは至高・・・

第5話「きせきのハーモニー」
 ⇒ アルカイックホールの登場に、兵庫県・関西吹奏楽クラスタが泣いた!

第6話「あめふりコンダクター」
 ⇒ 全国大会出場が決まり、後半エピソードへのフラグ設定回

第7話「えきびるコンサート」
 ⇒ 「宝島」の演奏に吹奏楽クラスタが歓喜!

第8話「かぜひきラプソディー」
 ⇒ CDで再生されたユーフォニアムソロ曲はまさかの・・・?

第9話「ひびけ!ユーフォニアム」
 ⇒ タイトル回収回。足描写がすごい・・・。

第10話「ほうかごオブリガート」
 ⇒ 圧倒的あすくみ回。あすか先輩説得シーンは要注目!

第11話「はつこいトランペット」
 ⇒ 麗奈他、心情がうまく表現された演奏シーンに注目!

第12話「さいごのコンクール」
 ⇒ ついに全日本吹奏楽コンクール!

第13話「はるさきエピローグ」
 ⇒ まさか香織先輩に泣かされるとは。・゚・(ノД`)・゚・。


BD各巻(タイトルは新作映像)

  _峅仟膕颯ッスへようこそ!

 ◆.廖璽襪悗茲Δ海宗

  メイド服へようこそ!

 ぁ.丱肇詈顕什廚悗茲Δ海宗





オリジナルサウンドトラック

 おんがくエンドレス
 ⇒ 劇中未登場「プロヴァンスの風」も収録!



既刊小説(2016年10月以降刊行)
※アニメ2期以降のネタバレ注意です

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌」
 ⇒ 吹奏楽経験者悶絶エピソードが掲載されています
  (時系列的には全国大会後になるためネタバレ注意)


その他

2016年11月3日放送「今日は一日吹奏楽三昧」
 ⇒ 昨年に引続きの吹奏楽特集で、「響け!ユーフォニアム」が再び取り上げられ・・・





吹奏楽 ブログランキングへ



チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第10話 感想 周囲に信頼される吹奏楽部生活を送りたかった

 それでは第10話「ほうかごオブリガート」の感想いってみたいと思います。


 先週のあすか先輩のソロ曲「h(ry から始まる今回。



10eu3
 「あすか先輩のユーフォの音が頭から離れない」と久美子。



10eu4
 結果的に、あすか先輩奪還作戦には失敗。


10eu5
10eu6
 オパールちゃんかわいいいい!


10eu7
 唐突に発生するなかよし川。
 


10eu8

 「あすかは特別なんかじゃなかった」。

 自分が覚醒すればなんとかなると思っていた部長だったが、事態は平行線のまま・・・。


 っていうか進学クラスある設定ってほとんど初めて出てきたんじゃないか。


10eu9
 麗奈からSNSの返事が返ってこない。

 なお、麗奈はこのころ、合宿回のアレと同じような状況に陥っており、返信どころではない。


10eu10
 自宅でみそ汁を作ろうとして失敗する久美子姉。

 なおこのシーンで「空鍋」というキーワードが頭に浮かんだオッサン連中とはたぶんうまい酒が飲める。


10eu11
 姉が鍋を洗うシーンは、「ゴム手袋を付けて」「テフロン加工がはがれるんじゃないかというほど強くこする」という原作の表現が完全再現されていた。



 個人的には、親の言うことを聞いているべきか、聞かないで我が道を進むかは、親にもよるし、ギャンブルなんだよなあ・・・。

 「結果良ければすべて良し」の世界なのよ。



10eu12
 今週は久美子の中の人の演技が本当にすごい・・・

 「外向き」と「内向き」がきっちり分けられている。この作品にはこれでいいと思う。

 バリバリの萌えアニメでやると評価分かれそうだが。


10eu13
 お姉ちゃんが全国大会を観にくる・・・だと・・・?


10eu14
 京阪でお姉ちゃんとの回想。トロンボーンの持ち方は審議の余地が(ry



10eu15
 姉との日々を回想し、電車の中で号泣。



10eu16

 そして後藤先輩キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!

 この季節に合わせた管の抜け具合にも注目したい。ここから全国大会にかけて、より狭まっていけば完璧です。


 1期ではパートごとだったアイキャッチでしたが、2期では主要メンバーをアイキャッチで追っているので、1話の葉月ちゃん、8話の梨子先輩に続き、なんと3度目のチューバアイキャッチ。

 信じられん・・・ こんなチューバアニメは今後100年は世に出ないだろう。

 
 
 あすか先輩の本心を知っている久美子。3年生の教室に乗り込み、あすか先輩を説得しに行きます。


10eu17

 私の青春は、あすか先輩との青春!
 これからその青春に決着をつけてやるッ!


 
 
10eu1
 あすかセンパイの、せいしんこうげき!


10eu18
 こうかは ばつぐんだ!

  
 
10eu19
 あすか先輩のこのシーンのズームから感じるプレッシャーがすごくいい・・・。



10eu20
 あすかセンパイの おいうち!


10eu21
 くみこは こんらんしている!
 

 誰もが完璧超人あすか先輩を引き止めることはできないと思ったこのシーン・・・。



10eu22
 くみこ「だったらなんだっていうんですか!」


 おーっと、あすか先輩みたいな性格の子には、感情論ぶつけたって仕方ないと思いきや・・・


10eu24 23とは逆
 くみこ「あすかセンパイとほんばんにでたい!わたしがでたいんです!」
 

10eu23
 くみこ「センパイこそなんでおとなぶるんですか!?センパイだってただのこうこうせいなのに!!」



10eu25
 いがいにも こうかは ばつぐんだ!


10eu26
10eu28
10eu30

 ここのあすか先輩の表情は鳥肌が立った。
 原作でもそれなりに書かれてはいるんだが、やっぱり動画の力はすごいな・・・。


10eu27
10eu29

 久美子の中の人は、これをきっかけに仕事が増えそう。
 

10eu31

 こうしてあすか先輩のデレ化説得に成功した久美子。

 原作者が最新の書き下ろし既刊で述べていましたが、フェードアウトしようとしたあすか先輩を連れ戻すための納得する理由を考えるまでがものすごく大変だったとのこと。


10eu32
 なおこの後のあすか先輩と葵ちゃんのシーン、「けいおん!」のムギちゃんと澪ちゃんのやりとりだったということ、お気づきだろうか。



10eu33
 
 ああっ秀久美は本当じれったい!

 なんていうか、じれったい演出ってより肝心な秀久美描写がけっこうカットされてることがじれったい。

 このマンションでたまたま会うシーンにも重要な展開が描かれていたのに!


 
10eu34
 のぞみぞれは至高・・・みぞれ先輩のくわえリードも至高・・・



10eu36
 そして、あすか先輩がついに部活に復帰!


10eu37

 究極完全体グレートデレあすか先輩がここに爆誕したのだった・・・。



10eu2
 そして麗奈のこの表情・・・きのう実況ツイートを眺めていると「あすくみへの嫉妬」という意見がたくさん流れていたが、違うんだ、この麗奈の表情にはもっと深い意味があってだな・・・それは来週のお楽しみです。



10eu35

 さて、今週の「響け!」で私が感じたのは、自分の事で後輩や同期生が泣いてくれるほどの信頼を得ているあすか先輩は、本当に幸せ者だなあということ。


 吹奏楽部において、この「信頼」というのはとても重要なことでですね・・・この後輩からの「信頼」は、先輩を「目標」とすることにも転化して、主にパート単位でいい文化が部の中に継続するんですよ。

 このへんは、「響け!」よりもむしろ「立華高校〜」のほうに描かれているから、ぜひあちらも読んでほしいなあ。


 いま現役の吹奏楽部員の皆さんは、このくらいの信頼を後輩から得ることをぜひ目指してほしい。

 なぜなら、自分が諸般の事情で「辞める」となった時、誰も引き止めるどころか声すらかけてくれないということは、とても悲しいことだからです


 「信頼」を得るためにはどういう行動をとればいいか?それがわかれば、社会人になっても生きる。お兄さんとの約束だぞ。



 ただ、それでもなかなか周囲の信頼を得られないということはあって、人間関係やら、色々な悩みを抱えながら吹奏楽部を続けている人もいるかもしれない。

 逆にそういう人ほど、がんばって吹奏楽部を続けてほしい

 その理由は、2期1話の麗奈のセリフ「辞めるってことは、逃げることだと思う。」のくだりに詰まっている。



 作中の希美先輩と同じように、中途退部したことで上位大会への出場を逃した経験のある者より。




<情報 
 コミックナタリーにおいて、「響け!ユーフォニアム2」監督・石原立也氏と、原作者・武田綾乃氏の対談記事が掲載されています。ぜひともご覧ください。
 (リンクはこちら
 原作者の武田氏は、学生時代にユーフォニアムとチューバを吹いていたとのこと。それでこのチューバ描写か・・・(泣)


<情報◆
 私事ですが、先週の記事でチラッと述べた「響け!ユーフォニアム2」最終回先行上映会、見事に先行チケット抽選漏れしました。・゚・(ノД`)・゚・。
 先着販売は平日になりそうだし、SNSの反応見てると落ちた人だけで3ケタはいそうな感じなので、ちょっと難しいかな・・・。
 12話の時点で全国大会の本番が終わる(つまり、原作3巻までをやり切る)流れなら、たぶん25日の夕方から放送当日までSNSもネットも見るのやめると思います・・・ネタバレいやなので。



☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2

チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第9話 感想 足は口ほどに物を言う?

それでは、第9話「ひびけ!ユーフォニアム」の感想いきたいと思います。



9eu2

 見事なまでのタイトル回収ですが、実は今週、サブタイ以外にももう一箇所、タイトル回収して(ry


9eu1

 あすか先輩の代打として合奏に参加し始める夏紀先輩。


9eu3

 今週は本当に足がすごい。


9eu4

 なんでも抱えちゃう久美子。


9eu6
9eu5

 ぬーさん姉が関西大会のCD借りてくシーンが微妙にカットされていた。


9eu7

 あすか先輩の家に行く予定のある久美子に、あすか先輩(と母親)の説得を頼む夏紀先輩。


9eu8

 香織先輩かわいいいい!


9eu9

 今回、足だけじゃなくて太もも描写もすさまじい。


 いつから「響け!ユーフォニアム」は脚フェチアニメになってしまったんだ・・・
 (※少なくとも2期はけっこう最初のほうから)


9eu10

 のぞみぞれが伝言を頼む展開はアニメオリジナルです。



 日も落ちて、くみれいの会話。 


9eu11
9eu12

 足!足!


9eu13

 麗奈マジ麗奈!


9eu14

 久美子マジ百合ジゴロすぎる・・・。



9eu15

 職員室に鍵を返しにくる久美子たち。寝ている滝先生。


9eu16

 っていうかこのシーンで麗奈入れちゃうんだ!
 (原作では久美子が一人で鍵返しに来る)


9eu17
9eu18

 滝先生にデレデレの麗奈。


9eu19

 そしてこの足の角度ww 完全にイッ(ry


9eu20
9eu21

 滝先生は久美子にソロの準備をしておけとか、けっこう重要な会話をしているのだが、そんな中、滝先生の卓上写真に気付く麗奈。
 原作ではこのシーンで久美子が滝先生嫁の存在に気づくんだけど、久美子は既に「あめふりコンダクター」の回で気付いてるから前倒しか。


9eu22

 原作にあった「どこか香織先輩に似ている」という滝先生嫁の設定をきっちり踏襲している。


 こりゃ大吉山に呼び出されるのは来週だな。


9eu23

 そして、ついにあすか先輩の家に行く日。この反応、ラブレター渡す後輩かよw


 香織先輩が帰り道に合流しますが、あすか先輩の靴紐を結び直す描写・・・原作の記述が完全再現されていて、鳥肌立った。
 ネタバレになっちゃいますが原作3巻から原文お借りして紹介します。

9eu24_2
 不意に、香織が膝を折った。
 「あすか、靴紐ほどけてる」


9eu24
 その動きに釣られ、久美子は彼女へと視線を向ける。

9eu25
 スカートから香織の柔らかな太ももがさらされた。ひざまずくようにして、香織はあすかの靴へと向き直る。

9eu26
 あすかの体から伸びる影が、香織の体をすっぽりと覆った。

9eu27
 あすかは、ただそこで見下ろしている。
 香織が靴紐を結ぶのを、ただじっと見つめている。その眼差しに感情はない。 



9eu28
 っていう、久美子目線の流れそのまま。


 今週の一連の流れについては、原作でけっこう詳細に場面描写されている(本当なら、久美子のナレーションがあってもいいんじゃないかってくらいの)シーンが端折られて進んでいるので、ぜひとも原作3巻を読んでほしい。


9eu29

 ついにあすか先輩の家へ。


9eu30
9eu31

 み、みえ・・・


9eu32

 今週、背景スタッフが本気を見せている。


9eu34
9eu35

 久美子と話がしたくて家に読んだというあすか先輩。

 「響け!ユーフォニアム」世界において「最初はたいていみんなこの本」というユーフォニアム教本の著者であり、日本を代表するユーフォニアム奏者である進藤正和氏が、自分の父親であることを告白する。


9eu33

 つかこの手の教本、リアル世界でも皆限られた教本を読んでる感があるよね。特にチューバやユーフォニアムは。

 わしが現役の時に使ってた教本、15年以上経った今も全く同じものが普通に売ってることをこないだ知ってびっくりした。

 それで、ちょっと進んだことしようとすると、「アーバン金管教本」とかのinB♭のト音記号で書いてある普段見慣れない楽譜を読むとこから始まるのよね。
 「えっ、ドの#って何!?」とか。



9eu36
9eu38

 あすかの両親は2歳の時に離婚。

 小学生の時、進藤正和氏からあすかに送られてきたのがユーフォニアムだった。


9eu37
png orig

 「あすか先輩タイツ履いてない!今週生脚だ!」って大興奮してるあすか推しの皆さんなら
 買 え る よ ね (真顔)



9eu39

 あすか先輩が関西大会あたりから急にエンジンかかり始めた理由が判明。

 自分の父親・進藤正和氏がコンクール全国大会高校の部の審査員であることを知り、自分の演奏を聴いてほしかったあすか先輩。


 でも、結局部活には顔を出せず、全国大会には出れそうにない。
 「全部私利私欲のためだったから、バチがあたった」とあすか先輩はフェードアウトしようとする。


9eu40

 久美子「私、先輩のユーフォが好きです!!」


9eu41

 さあ、ここから最終回にかけてデレあすか先輩の始まりですよ!


9eu42

 合宿所でひとり演奏していたソロ曲は、進藤氏からユーフォニアムと一緒に送られてきたノートに書いてあった。

 そう、この曲こそ、h(ネタバレ自重)


9eu43

 「あすか先輩のユーフォをずっと聞いていたい!」という久美子。

 あすか先輩は「楽器が吹きたくなった」と久美子を川へ誘い出す。


 久美子「サイレントブラスは持ってないんですか」


 
 川であすか先輩。
 「黄前ちゃんは本当、ユーフォっぽいね」


9eu44

 ・・・わし、吹奏楽経験者やけど、この「ユーフォっぽい」の意味、1日考えてもしっくりこなかった・・・。
 そりゃ久美子もキョトンですわ。



9eu45

 究極完全体デレあすか先輩に全国のあすか先輩ファンが失神したという・・・。


9eu46

 それで、ユーフォを吹き始めるあすか先輩ですが・・・・どう見てもマウスピースがヤマハの楽器附属品なんだよなあ・・・。

 あすか先輩の経験年数考えたら、他にマウスピースのひとつやふたつ、母親に反対されつつも自分で持っていてもおかしくないんだけど・・・。

 ヤマハ批判をするつもりはありませんが、せめてマウスピースくらい、デ○スウィックとかペラン○ゥッチとか、見た目からして「ヤマハのアレじゃない!」って思えるマウスピースなら、また吹奏楽経験者として評価できるアニメになるんだけど。

 せめて金メッキのマウスピースを誰か使っててほしかった。
 

 俺が楽器屋の店員なら、楽器も決まってないのにマウスピースを買いに来た葉月ちゃんにヤマハのマッピを買わせたりしな(ry


 もちろん、ヤマハのマッピにはヤマハの良さがあるということは申し上げておきますよ。
 わし自身も普段はミラフォンだけど、気分転換でヤマハの67C4使うことあるし。
 ヤマハのマッピは良くも悪くもスタンダードなんだよねえ。


 さて今後の「響け!ユーフォニアム2」ですが、問題は話数ですよね。12話やるのか13話やるのか。

 実はこんなイベントがあるみたいです。

 TVアニメ「響け!ユーフォニアム2」最終回先行上映会


 12月25日に最終回先行上映するってことは、最終回は28日深夜から放送で確定、全13話っぽいですね。


 競争率高そうだけど、ダメ元でこのイベント応募してみようと思います。
 もう生涯出会えない奇跡の吹奏楽アニメだ。変なプライドはかなぐり捨てよう。



 さて来週は、この展開だときっとくみれい回ですね!





☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2


 

チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第8話 感想 泣いたって俺達のパントマイムは帰ってこない

それでは、第8話「かぜひきラプソディー」の感想いってみたいと思います。


8eupho1

 いきなりのロリ久美子。ぬーさん姉の小学生時代の演奏会と思われる。


8eupho2

 小学生バンドでもやっぱりどうみてもYBB-641供ΑΑΑ


8eupho3

 小学生にテナートロンボーンじゃなくてXenoもしくはそれなり規格と思わしき高級品を使わせる豊富な資金力。

 そして曲目は「アメリカン・パトロール」。お気づきだろうか?「仰げば尊し」第1話と完全に一致。
 つか全然小学生の演奏じゃねえ!


8eupho4

 ぬーさん姉が美容師になると言い出し家族会議に。


8eupho5

 あすか先輩は練習に出てきたり出て来なかったり。

 後藤「既読スルーやめてください」www

 一応LINEのようなものをやり合ってる設定なのか。


8eupho6

 来週にかけて濃厚なあすくみが展開されるはず。

 そして久美子があすか先輩の家に行くフラグが立つ。ちゃんとまんじゅう買うんだろか。


8eupho7

 このシーンの麗奈のリボンの盛り上がり方。胸囲の格差社会。


8eupho13

 久美子もかぜをひいて、季節の変わり目と思われるが、まだまだ気温は高いようで、チューバの管の抜き方は関西大会前とほぼ変わらない。
 こっから全国本番にかけてだんだん管が縮んでいったとしたら本当にすごい作品だと思う。
 あとチューバのアイキャッチ、もっと息入れないt(ry


8eupho8

 ユーフォ1人で橋本のおっさんにいじめられる久美子。


8eupho9

 そしてこのシーン、ユーフォニアムの置き方!
 先日このタイプの置き方は「あり」だとのことでツッコまないようにしていたが、やっぱこれまずいだよ!


8eupho9 twi
8eupho10 twi
8eupho11 twi

 何がまずいって、ベルを垂らさずに置いていることです。
 机の上にベル(リム)を乗せていることで、いまこの楽器を支えているポイントがベルと3番管しかない。非常によくない。
 (ベルを設地させず、並行に配置されている1〜3番のチューニング管で支えている形なら、まだわかる)


8eupho12

 久々登場の葵ちゃん。
 葵ちゃんもあすか先輩をパーフェクトヒューマンだと思っていた。このシーン短編集のあれを読んでから観るとまた理解が深まる。



 久美子はかぜで休み。合奏には夏紀先輩が入ることに。(フラグ)
 「プリン、抹茶じゃないやつ」ってことは、宇治では抹茶味のプリンをそんなに置いてるのか?


8eupho14

 こんなにユーフォニアム他のCD揃えてる高校生もめずらしい・・・
 よく見たらヴィヴァルディのコンチェルトとかもある。


8eupho15

 小学生時代の回想。


8eupho16

 みりあもやーる!お姉ちゃんと同じ楽器がやりたいという久美子。しかしトロンボーンはどうやら満席。


8eupho17

 困った顧問、「トロンボーンとマウスピースが同じだから」という、トロンボーン志望の新入部員にユーフォニアムというマイナー楽器をやらせるための謳い文句、常とう手段により久美子を誘導。


8eupho18
8eupho19

 顧問から教本とCDを渡されるが、うわあああこのジャケットのユーフォ、カスタムじゃねえか!
 (なお、このYEP-842Sというヤマハ最高級ユーフォニアム、かつて朝ドラ「てっぱん」にて造船会社の娘がこれを父親に買ってもらって吹いており「金持ってんな〜」って思った記憶)


8eupho20

 「お姉ちゃんが教えてくれた」と、高等技術「バズィング」を小学4年生にしてマスターしている久美子。こりゃ中学も高校も先輩差し置いてコンクールメンバーになるはずだわ。




 目覚めた久美子。
 そしてなぜかいる麗奈。


8eupho21

 原作にはないくみれい展開。
 (原作ではただ目覚めた久美子が自分でCD引っ張りだしてきて聞くだけ)


8eupho22

 っていうか、CD封開けてないってことは、麗奈わざわざ買ってきたのかよw 麗奈マジ麗奈!


8eupho23

 そしてCDを聴き始めるくみれいですが・・・・この「久美子がユーフォニアム奏者・進藤正和氏のCDを聴き始めるシーン」、原作においてはスパーク作曲の名曲「パントマイム」が流れるのです。

 ということは、原作がこのシーンを踏襲するならば、「パントマイム」もしくは吹奏楽経験者なら反応するそれなりのユーフォニアムソロ曲が流れて歓喜、さらにスタッフロールで”あの人”の演奏だということが判明して大発狂という、美しい流れが期待できるシーンなのです・・・!


 恐る恐る耳をすませるわし。そして流れるユーフォニアムの音色。


 ああっ!この曲はまさか!






8eupho24

 ・・・聞き覚えのある曲だと思ったら、響け!ユーフォニアム1期のキャラソンvol.1「黄前久美子」に収録されている「北宇治四重奏 第1番 ユーフォニアム」じゃないですか〜。
 (キャラソン4人全員買ったのだが当時忙しくてレビューしていない)

 なお、この曲は北宇治カルテットの4人をイメージして、ユーフォニアム・トランペット・チューバ・コントラバスで構成され、4楽章それぞれで主旋律となる楽器が(キャラソンに合わせて)変わるという中々の名曲。
 中低音が4分の3というアンバランスな編成ながら、チューバと弦バスもちゃんと分けてアレンジされているので、なかなかの名曲です。
 特にコントラバスがチェロくらいの音域を活かして中音域もカバーしているのが興味深い。

 こういうやつこそ、あらゆる演奏会で使い回しが効くから、楽譜出せばいいのにと思う。
  ⇒ 2016.11.25追記
    雑誌「ブラストライブ」に「北宇治四重奏」のスコアが掲載されていたようです。
    (情報いただいた通りすがりのアニメファンさん、ありがとうございます)


 なお、「北宇治四重奏」については、「第2番 チューバ」も超絶おススメです。


 このシーン、残念ながらパントマイムではなかったわけですが、試しにレコーダーで久美子がプレーヤーにCD突っ込む所から消音で再生して、さらに別のプレーヤーで「パントマイム」を流し始めてみてください。(序盤のバラードのところからね)
 これが・・・本当に素晴らしい!やっぱりパントマイムじゃなかったのがすんげー悔やまれる。
 またパントマイムをBGMに展開されるくみれいが超絶至高です!



8eupho26

 麗奈は家政婦か探偵か何かなのかw


8eupho25

 久美子姉と塚本くんも幼馴染み。
 塚本何しにきた!と思ったら、そうだった塚本も同じマンション住んでるんだった・・・・。


8eupho27

 久美子が自分に憧れて吹奏楽を始めたということを知る。

 回想シーンのぬーさん姉は中学生くらいだと思うけど、きっちり演じ分けてる。
 この人全般的に中学生と高校生以上で演じ方ちゃんと変えてるイメージ。


 久美子が復帰。


8eupho28

 そして「あすか先輩が今週中に復帰できない場合は、夏紀先輩にコンクールに出てもらう」と滝先生。
 来週はくみなつ回ですね!





☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2







吹奏楽 ブログランキングへ




チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第6話 感想 後半へのフラグ設定回だった

 まず初めに。

 私、響けユーフォ1期の頃からこの「チューバ吹きの目線」としての感想記事を多数投稿し、響けユーフォだけでなく、「題名」などメディアでの吹奏楽特集や、個人的に観賞した演奏会についても、チューバ吹きの目線で感想を述べてきましたが、
 どうやら私の「チューバ吹きの目線」からの感想記事を毎週楽しみにしてくださってるユーザーの方々が、多数おられることを最近知りました。

 毎週、私の感想記事に付き合っていただいている皆様方、深く深く感謝申し上げます。また、コメントをいただいている皆様、すべてに返信は都合上なかなかできないでおりますが、ちゃんと目を通しております。様々なご意見・感想ありがとうございます。

 そして、せめてこの2期終了までは、この稚拙な記事にお付き合いいただければと思います。


 それでは第6話「あめふりコンダクター」の感想です。


 とはいっても、今週はチューバ的に語るべきことは皆無!

 全国大会後の文化祭。原作3巻を短編集で補完した回でした。


6eu1

 大滝詠一の曲と1話でも登場した学園天国。
 なんかこう・・・著作権的な色々があるのか知らんけど、こうじゃねえんだ・・・こう、吹奏楽関係者が「あるある!」と思えるような選曲をなんとか・・・。


6eu3

 オパールちゃんエレキベース持ち替えキタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!
 吹奏楽経験のない方からしたら、いきなりオパールちゃんのエレキベースのカットが出てくるから、驚かれたのではなかろうか。
 弦バスは曲によってはエレキベース。これ吹奏楽あるあるです。
 (いっぺんだけエレキベース弾きながらマーチングしているのを見たことがある。音はアンプに無線で飛ばしてた)

 なおエレキベースが編成に入ると、チューバの意味というのはほとんどなくなる・・・。
 ベースライン3連符刻みとか完全にベースが食っていた。


6eu2

 けど葉月ちゃん、ちゃんとこの3連符刻みを吹いてた。すごい細かいけどちゃんと吹く描写(口元)挟んでくるの本当素晴らしい。

 エレキベースの特定はできなさそうでしたが、たぶんあと1回くらいは演奏してくれると思うので。


6eu4
6eu5

 のぞみぞれは尊い・・・


6eu6

 あすか先輩のあいさつの時の意味深な「溜め」・・・・・もう全国大会編最大のエピソードへのフラグですわ。


6eu7
6eu8

 文化祭でのメイド服は、けいおん関係からの引用ではないかとの情報が。オパールちゃんかわいい。


6eu9

 シフトが空き、文化祭を堪能するくみれい。


6eu10
6eu11

 コスプレみぞれ先輩キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

 予告で夏紀先輩のメイド服が大量拡散されてましたが、原作読んで絶対こっちもあると思ったのよ!

 じゃああの・・・鎧塚先輩テイクアウトで(ヲイ


6eu12

 そしてなかよし川は超絶至高・・・・

 
6eu13

 のぞみぞれは尊い・・・(本日2度目)



 本当はこの文化祭はのちのストーリーにつながる「秀久美」回になるはずなのだが、えらいカットされていた。

 花火大会の回のやりとりからつながる、麗奈の秀久美アシストもなくなっていた。これでうまくこの後につながっていくのだろか。


6eu14
 
 滝先生をとりまく女子どもに嫉妬する、殺意の波動に目覚めた麗奈。
 麗奈マジ麗奈!


6eu15
6eu16

 着ぐるみ香織先輩も、占い師あすか先輩も、完全再現・・・・。


6eu17
6eu18

 あ、そう、秀久美を偶然で済ますんだ・・・。
 秀久美よりもくみれいの引力のほうが強いということか。


6eu20

 夏紀先輩の「微妙にレギュラーになれなさそうな感じ」のスケールが見事に表現されていた!


6eu19
6eu21

 Bパートはぬーさん姉が大学をやめるかもしれない話。


 「部活ばっかして、今から真面目に勉強しておかないと大学入れないよ!」
 「音大行くつもりないのに吹部続けて、何か意味あるの?


 いやあの・・・久美子ちゃんもう全国大会出場してるんで、世間的にけっこう名前も通ってる大学に、吹奏楽推薦で入学できる可能性があるんですが・・・。
 (関連記事

 
 全国大会編(原作3巻)は、各々の進路や将来についての描写も多く、その点でも大変期待できます。
 (後日談書いてほしいなあ)


 家にいると姉とケンカになりそうだった久美子が、この台風で外出。


6eu23
6eu24

 花屋で滝先生に出会います。


6eu25
6eu26

 滝先生が買うイタリアンホワイト。
 そして、いつもはしていないはずの指輪に気付く久美子。


6eu27

 車に乗せられる展開は完全に薄い本だった。

 この助手席に乗る久美子こそ、麗奈に目撃されるべきだよなあ。


 なお、久美子がナレーションで「滝先生はそれ以上何も言わなかった。」と締める後も原作では話が続きまして、(原作どおり設定なら)滝先生が北宇治への転勤が決まった際、滝先生の父親が「顧問をやってくれ」と頼みに来たので引き受けた、と。


6eu28
 
 やたらくみぞれが推される。後ろの麗奈w


6eu29

 そしてオパールちゃんが朝練に参戦。北宇治高校・影の実力者が本気を出す時が来たか。


6eu30

 久美子「そしたら上手な新入生たくさん入ってくるかな〜」

  ・
  ・
  ・
  ・

pra

 ルビー川島とプラチナダイヤモンド川島のことかー!
 (参考:1期第6話


 なお、当然のごとく全国大会なんて出場しちゃったら、近隣の中学生(特に吹奏楽強い設定の北中、南中)の進路選択に、北宇治が加わるわけで・・・吹奏楽部の新入生も増え、オーディションによるA部門メンバー争いがさらに過熱することは間違いない。
 「来年は一緒に吹く」と宣言した葉月ちゃんや、ラストイヤーの夏紀先輩は、そんな状況の中でオーディションに勝たなければいけない・・・

 もし久美子2年生編が書かれるなら、部員が増えすぎて備品の楽器が足りなくなる展開を希望したい。

【2017.11.20 追記】
 この辺のエピソードが、見事に新刊として刊行された「久美子2年生編」に忠実に描かれています!ぜひ読んでみてください!




 イタリアンホワイトの花言葉は「あなたを想い続けます」・・・こんな重い話、麗奈にできるわけねえよな・・・。


6eu31
6eu32

 そして次の曲はパントm(ry あすか先輩エピソードがついに始まるんですね・・・。

 地雷原に足を踏み入れる久美子にも注目です!



☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2






吹奏楽 ブログランキングへ






 

チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第5話 感想 アルカイックは青春!

 それでは、第5話「きせきのアルカイック」


 それでは、第5話「きせきのハーモニー」感想いってみたいと思います。


 今週はね・・・もう、兵庫県で吹奏楽やっていた身としては、忘れられない回になりましたね。

5euph1

 関西大会前日、滝先生の音楽を生徒に吹きこんでいく。


 橋本のおっさん、新山先生のコーチもここまで。

5euph2

 泣くなナックル先輩www


5euph4
5euph5

 帰り道の北宇治カルテット、葉月ちゃんは「私チューバがんばる」「来年は一緒に吹く」と宣言。
 この台詞・・・アニメオリジナルなんですよ・・・・わざわざチューバ描写はさんでくれてんすよ。・゚・(ノД`)・゚・。


5euph3

 本当、このアニメ足の描写がいい・・・


5euph6

 大阪桐蔭が52回も関西大会出てるわけ(ry


5euph7
 久々に立華高校のあずにゃん登場(電話で)。
 梓ちゃん、原作では一度久美子と会う機会があるんだけどカットされてた。


5euph8
5euph9

 2年生カップルがすごい。


5euph10

 麗奈の家には防音設備がある、という設定が原作にもあるのですが、こりゃかなりガチなスタジオだな。いいなあ・・・


5euph11

 あすか先輩が全国大会のHPを見るシーン、ここで「審査員一覧」載ってるの・・・・これ3期へのフラグですわ。


 さあ、早めのAパートが終わり、そして関西大会、本番に入るわけですが・・・


5euph12

 うわ・・・この建物は・・・阪神電車からも見えるこの見覚えある建物は・・・(震え)

 完全に兵庫県尼崎市の「アルカイックホール」です・・・・
 本当にありがとうございました。

 原作2巻においても、関西大会は「兵庫県の総合文化ホールで行われる」という一文があり、実際に高校Aの関西大会をしょっちゅうやってるホールなので、まさかまさか・・・と思っていたのですが、

 本当にアルカイック出してくれるとは。・゚・(ノД`)・゚・。


5euph14
5euph15

 そして、アルカイックホールでコンクールに出場したことある兵庫県ほか関西の出身者にとっては、リハーサルや舞台袖待機の流れからして自らの経験を思い起こすことになるのです。
 わしがアルカイックの舞台に立ったのは、もう15年くらい前なので、正直リハをどこでやったかなんてうろ覚えではあるんですが、やはりリハ室からしてなんとなく見おぼえがある・・・。


5euph34
 見覚えがあるとしたらむしろこっちかな?
 なんかこっちで音出しをしたような記憶があります。


5euph16

 ??「笑顔です」



5euph17
5euph18

 急にあすか先輩のエンジンがかかるの、もうこれが来週へ向けたフラグなんですわ・・・ネタバレになるんで言及は避けますが、もうこの後の展開が楽しみでしかたない。


5euph19
 
 そしてこれね。わしは今週の展開で、1番心に深く刺さったのはこの場面ですわ。
 このアルカイックホールの舞台袖・・・・もう、非常口の配置や壁の感じからして、なつかしすぎて涙出てきますわ。
 わしがアルカイックの”ここ”で待機したのは生涯で3度。前団体の演奏聞きながら待機してね・・・だいたい15分くらい待つことになるのよね。その間、いろんな想いがかけめぐってさ・・・
 「関西大会行こう」って年もあったし、メンタルダウンしてて「どうでもいいや」って年もあったし・・・。

 きっと今日(文化の日)以降、アルカイック周辺の聖地巡礼をする人たちは多数あれど、この舞台袖で「コンクール本番を待っていた時の緊張感や葛藤」を味わえるのは、アルカイックでコンクールに出たことのある限られた人だけです。


5euph20
5euph22

 ところでこのみぞれ先輩の「オーボエのリードを咥えて湿らせる動作」・・・・これはですね、当然みぞれ先輩はかわいいんだけど、これはわしの考えるオーボエ女子の「かわいい仕草」ランキング第1位なんですよ。
 合奏中や練習中、なんとなくオーボエ女子を見たらこれやっててね・・・なぜかかわいいんですよ。
 学生の人はぜひ吹奏楽部に乗り込んでリアルに見てみてね。


5euph23

 そして感化されるくみれい。


5euph24

 そんなくみれいを遠目に見る塚本君。原作では関西大会前にも秀久美の描写あるんですが全カット。不憫だなあ。
 葉月ちゃんを振ったからバチが当たっ(ry


5euph26

 香織先輩「優子ちゃん、これからも、部のことよろしくね」

 これもアニメオリジナルですわ・・・原作にはなかった優子●●(ネタバレになるので自重)のフラグをここで立てよったわ。


5euph25

 そして優子先輩「香織先輩と一緒に全国に行くんです!」と舞台袖で叫び出すが、これ実際やったら周りから顰蹙くらうからね。だって今、舞台上では本番中なんだから。
 (ただ想いは伝わってきた)


 さあ、それでは本番に入ります。

5euph29


 ああああ!アルカイックの凸凹反響板だ!!!


5euph31
5euph36
5euph38
5euph41
5euph42
5euph43
5euph44


 アルカイック!アルカイック!
 俺たちのアルカイックホールだ!


5euph48
5euph50
5euph53
5euph54


 もう駄目。この時点で吐血・失神ですわ。



5euph39

 なお、個人的な「ベスト・アルカイック」は、この角度よ!!!

 実際にアルカイックで吹奏楽の舞台に立って、チューバの位置から見たアルカイックはだいたいこんな感じになりますです・・・ハイ。

 もう・・・この角度からの1枚だけで最高です・・・いろんなものが蘇ってきます。


5euph46

 舞台に上がったことはないけど演奏を聴いたことがある人にとっては、この引いた感じがいいかな?


 ああ・・・もう本当素晴らしいアルカイック。

 なんか・・・「あ、言われてみればたしかに三日月の舞ノーカットだったな」って感じです。ずっと背景ばかり見てましたw


 わしが京アニ作品で「ストーリーやキャラそっちのけで背景ばかり見る」のは、涼宮ハルヒ以来ですわ・・・・あれはもう・・・最初西宮アニメって知らなくて見てて、衝撃がすごかった。

 三日月の舞は、府大会からの”成長”を演出するためにいろいろやってた感あるけど、最後のrit.とかよかったなあ。
 ただやりすぎ感もあって、iPodでは府大会バージョンを聴きたいかな・・・。

 演奏前や麗奈ソロ前のブレスの音はよかった。
 細かいところは細かくなってるんだけど、若干府大会の使いまわし感も気になった。



5euph32
5euph33
5euph55

 そしてもうひとつ忘れちゃいけないのが「アルカイックホールの外」ね。

 コンクール終わったらさ・・・先輩がこの道を泣きながら・・・阪神尼崎駅まで歩いて行くんだよ・・・。

 その他、写真撮影とかもこのへんでやってた記憶あるから、多くのアルカイックホール経験者には見覚えのある土地のはず。


5euph49
5euph47
5euph37
5euph40

 それからツッコみたいのが「楽譜に写真貼りすぎ」問題。
 これは吹奏楽警察として反応せざるを得なかった。こんなのあるかよw

 ただ、『全部員が完全暗譜で、自由曲作曲者のA4サイズの肖像画がただ譜面台に置いてあるだけ』という事例は聞いたことがあるよ。


5euph45

 舞台袖では、日本パルスのスタッフとおぼしき人たちが。
 この人たち、自由曲もどこからかスコア仕入れて、ソロやら曲の盛り上がりに合わせてカメラのアングルきっちり変えるんだよな。そしてそれをその場で即売しようってんだから本当プロ集団。



5euph36
5euph51

 滝先生が「タクトを持たないタイプの指揮者」であることに今気付きました。意外といるんだよな。


5euph57

 さて、本番の後、Cパートで結果発表に入ります。
 これ、俺は役員やってなかったから壇上に上がることなかったけど、司会が賞言う前に賞状チラッと見えてわかっちゃうらしいですね。


5euph58
5euph59

 北宇治高校は金賞。府大会で泣いてた麗奈も関西は確信があったのか。


 賞の発表に続き、全国代表校の発表です。

5euph60
5euph61
 明静工科の女子率の高さにはツッコみたかった。工科高校なのにこれはちょっと・・・。


5euph62

 そして北宇治高校も全国大会に進むことになります。


5euph63
5euph64

 久美子「先輩・・・コンクールはまだ嫌いですか?」
 みぞれ「たった今、好きになった」



 守りたい、この笑顔!



5euph56
5euph65


 あああ・・・本当、最後までアルカイックの描写が素晴らしかった。

 中学・高校A部門の兵庫県大会は、おおむねこのアルカイックホールで行われるのです。
 つまり兵庫県の吹奏楽経験者にとって、このアルカイックは青春そのもの。

 わし自身も、ここでいわゆる「ダメ金」も経験したし、本当、この30分だけで、いろんなものが蘇ってきたな・・・・。



 なお、大阪「三強」の1校だった秀大附属がソロをミスったことにより、北宇治が奇跡的に全国出場する展開のはずなのですが、秀大附属完全カットで名前すら出て来なかったw


 さて、今週で原作の2巻最後までいきましたので、原作とアニメの違いや、「明静工科」はなぜ明浄と淀工を一緒にしたのか?というところについては、下記記事をご覧ください。


【関連記事】
チューバ吹きの目線で書く 小説「響け!ユーフォニアム」2巻 感想 大阪「三強」へのリスペクトを感じた
http://blog.livedoor.jp/nirubed/archives/52026092.html 



 来週からは「響け!ユーフォニアム掘 歔換饌膕颪里燭瓩離悒謄蹈侫ニー」ですね!



☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2




吹奏楽 ブログランキングへ


チューバ吹きの目線で書く「響け!ユーフォニアム2」第3話 感想 広く取りすぎたGesの音をぜひとも聞きたかった

 それでは、第3話「なやめるノクターン」の感想いってみたいと思います。


3eu1

 新たに登場した練習法「10回通し」
 12分×10回、インターバル含めたら約2時間半に及ぶ超練習です。

 吹奏楽は集中力が大事!


3eu2

 プロヴァンスの風もちゃんと演奏されていた。


3eu3

 「この曲は、単純なB♭メジャーが随所にある曲です」
 「チューバ!Gesの音、広く取りすぎています」


 このへんは「三日月の舞」に合わせた台詞ですね。


3eu4

 久美子のピストンの作画がすごかったww
 ああっギリで型番が見えない!(判明してるけど)

 ちゃんと指回り合ってるのがすげえわ。


3eu5

 なお、なぜ久美子が「ユーフォ2人で吹け」と滝先生に言われてガッツポーズなのか、お忘れの方はこちら
   ⇒ 関連記事(1期12話)



3eu6

 橋本のおっさんのシーンで、原作では名門校の「彼ら」は具体的に大阪三強の学校名が出てくるんだけど、出てこねえってことはあんまり具体的には触れないつもりのようだな。


3eu8

 お風呂の脱衣所のシーンが出てきますが、原作では麗奈脱がねえからな!
 2期はサービスカット多すぎ。


3eu7

 今週、ゆうみぞの描写がかなり多いのは来週へのフラグ。


3eu9

 合宿1日目の夕食はカレーでしたが、2日目の夕食は麻婆豆腐

 なぜこんなに辛いものばかり出てくるんだろう。管楽器奏者にはあんまりよくないチョイスだな。
 唇に影響が出る(可能性が微レ存)


3eu10

 オパールちゃんは弦楽器なので思う存分食っても影響ないだろうけど。オパールちゃんかわいい。


3eu17

 なぜあすか先輩が希美先輩の復帰を許可しないのか?

 それは、みぞれ先輩が希美先輩のことを「ダメ」で、いま復帰させると関西大会に確実に影響が出るから。これは来週への伏線。


3eu11

 花火のシーンで、滝先生には奥さんがいて、5年前に死別したことがバレますが、このシーン、原作の「ちょっと待て。いまサラリととんでもないことを言わなかったか。」が見事に表現されていた。

 このことを久美子しか知らないってのがミソなんだよなあ。大分あとで回収されることになるけど。


 滝先生のモノマネを滝先生の中の人がやってるのには気付かなかった。


3eu12

 デカリボン優子ちゃん毎週毎週髪型変わってかわいい!

 今のうちに優子株を買っておくんだぞ。たぶんBD最終巻の特典映像でしぬ。


3eu13

 久美子と優子の会話で、「コンクールとは何か?」という哲学に触れる。

 休みをつぶして練習して、どんなにがんばっても、コンクールは優劣がついてしまう。

 「この曲を選んだ時点で(金賞は)難しい」 ウッ!頭が・・・。


3eu14

 優子ちゃんが麗奈をさりげなく褒めてデレた時に耳を真っ赤にする描写がなかった!!なぜだ!!


3eu15

 麗奈がいちいちエロい・・・・。


3eu16

 早朝、朝もやの中、ユーフォニアムを演奏するあすか先輩。

 そうか、この曲、こうきますか・・・。タイトルk(ry


 関西大会編は来週でやりきれるのかなあ。尺的には微妙だ。演奏を端折ればなんとか。




 ところで今週序盤の「チューバ、Gesの音、広く取りすぎています」のシーン。


ges予想3 本命

 「三日月の舞」でチューバパートのGesっていうといくつかあるんですが、ここでしょうね。指揮者が反応しそうなGesといえるGesがここしかない。


ges予想ゼロ ヒント?

 このシーン、残念ながら演奏はありませんでしたが、後藤先輩の後姿のシーンで、譜面台の楽譜が少し見えるのです。


ges予想ゼロ ヒント?2

 ここを拡大してみるとですね・・・・該当のGesの譜面がちゃんと見えているんですよ。


 つまりこのシーン、音はないけど、 「後藤先輩が捕まったのはここですよ」っていう京アニからのメッセージなんだよ!!
 (な、なんだってー!!)


 素晴らしい・・・本当京アニ素晴らしい・・・・設定資料といい管の抜き方といい、あらゆる面でチューバ経験者を飽きさせない・・・。


【2016.10.21 追記】
 この記事を投稿したところ、「Gesの音を”広く取りすぎる”って、どういうことなの?いまいちしっくりこない」という反応を多数目にしました。吹奏楽経験者の方からもいただきました。
 たしかにそこが抜けていたなあ・・・ということで、個人的に感じたことを書いてみたいと思います。

<「広く取りすぎている」とは??>

 .團奪舛鮃く取りすぎている
 ド本命がこれ。金管楽器だけみたら、ここの譜面でこの音域でGesを吹いているのはチューバだけ。
 あまりに音程が低かったり高かったりすると、滝先生の目、いや耳につくだろう。
 あとは、チューバ夫婦2人で合ってなくて、「広く取りすぎている」。このパターン。

◆_擦糧音を広く取りすぎている
 ちょっと変化球な見解。
 例のGesの部分、タンギングで表現すると「タカタン」だと思いますが、この「タカタン」のダブルタンギングが追いついてなくて、他のパートよりも鈍く聞こえていて「広い」、というパターン。
 チューバ経験者としては、マウスピースの口径からしても、細かいリズムは気をつけてないと遅れがち。
 実はこのパターンは個人的に経験があって、喜歌劇「こうもり」序曲をやった時に、終盤ピッコロソロからテンポを上げていって、ちょうど最後の音が「タカタン」のパターンなんですね。
 その「タカタン」がなかなか合わなくて、「タカタン」仕切れなかったり、「タカタカン」になったりした記憶があります。

----

 それから、「響け!ユーフォニアム2」公式サイトに、我らが外囿神こと外囿祥一郎氏と、本作の監督・石原氏、音楽を担当している松田氏の対談が掲載されました!!
 吹奏楽経験者はぜひともご覧あれ! ⇒ こちら

(コメント欄から情報いただいた、ひまぢん氏に感謝。ありがとうございました)



☆☆ 2期の感想記事についてまとめました↓↓ ☆☆
hibike2




吹奏楽 ブログランキングへ

 
アクセス数

    1000を超える日もあります

    応援の1クリックよろしく
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    記事検索
    最新コメント
    QRコード
    QRコード
    livedoor 天気
    • ライブドアブログ