2019年03月25日

「The Hero of Deathtrap Dungeon」トレーラー



  

2019年02月21日

PS4でゲームブックを遊ぶ【悪霊島の秘宝】を初見プレイ

  

2019年01月26日

遠足 1歩目

山!

登らずにはいられないッ!



遠く山頂に、名前のもととなった異様な赤い色が見える。
この山の頂上を極めたものは誰もいないため、その正体は不明だ。

切り立った山肌は、なにか巨大な獣の爪でかきむしられたかのようだ。
尖った大岩が不自然な角度で突き出ており、まるで山そのものに脅されているような気分になる。


目の前には洞窟の入口がある。
暗がりをのぞきこむと、ぬるぬるした黒っぽい壁と、あちこちに水たまりのある石の床が見える。
空気は冷たく湿っている。

カンテラに火をともし、意を決して闇の中に足を踏み入れる俺。
クモの巣が顔をこすり、走り去る小さな足音が聞こえる。ネズミか何かだろうか。





しばらく進むと、道は二股にわかれていた。

さっそく来たか、ノーヒントの分岐。考えたところでわからねーやつ。
ま、初期のゲームブックにはよくあることだ、大きな心で受け止めてやろう。
どうせこの先もきっとこんなことの連続だからな、ケッ(←やけくそはやめてください)


ここは「スティーブ・ジャクソンはを正解にしがち」という過去の経験則(あるある)に基づき、左を選択。
共著とはいえ、そういった傾向はきっと自然に出てしまうはずだ!(断言)



・西へ向かう
・東へ向かう



(あした)は・・・どっちだ・・・?


  
Posted by nirva7 at 18:30Comments(1)火吹山の魔法使い 

2019年01月24日

よほどむこうみずな冒険者でないかぎり、これほど危険きわまる探索に乗り出すにあたっては、
山とそこに秘められた宝について、まずなるべく多くのことをさぐり出そうとするものだ。

君は火吹山のふもとにたどりつく前に、山すそから二日間ほど旅したところにある
地元の村の人々と数日間をともにした。
人好きのする君は土地の農民とも気楽につきあえた。

農民は魔法使いの神秘的な隠れ家についていろいろ話してくれたが、その全部が事実にもとづいているとは
確信できなかったーーーそれどころか全部が事実無根かもしれなかった。

村人は多くの冒険者が山をめざして村を通り抜けるのを見ていたが、帰ってきたものはごくわずかだった。
行手がすこぶる危険だということだけは君にもはっきりわかった。
村にもどってきた者で、もう一度火吹山に行ってみようと思っている者は一人もいなかったのだ。


いくらか真実らしいのは、魔法使いの宝が錠前の三つついたみごとな箱に納められていて、
あてはまるカギが地下城砦(ダンジョン)の中にひそむさまざまな怪物によって護られているとの噂だった。

魔法使い自身はたいへんな力を持つ魔法の使い手だ。
老人だという者もいれば若いという者もいる。
ひと組の魔法のカードから力を得ているのだという者もいれば
いつもはめている黒い絹の手袋からだという者もいた。


山への入り口は飲み食いが好きで頭の悪い、いぼだらけのゴブリンの一団に護られている。
奥の部屋に近づくにつれて怪物ももっとおそるべきものになる。

奥の部屋へたどりつくには川を渡らなければならない。
渡し舟が定期的に出ているが、渡し守が取り引き好きだからそのために金貨を一枚取っておくべきだ。

地元民はまた、歩いた場所はきちんと地図にしておくことを勧めた。
地図なしでは山の中で道にまよってどうにもならなくなってしまう、と。


ついに出発の日がくると、村中が総出で無事を祈ってくれた。
女たちは、老いも若きも、涙を浮かべていた。

二度と君を見ることのない目が流す悲しみの涙だろうか、と君は思わずにはいられなかった・・・。


  続きを読む
Posted by nirva7 at 00:00Comments(1)火吹山の魔法使い 

2019年01月20日

SBO: 攻略メモ

■街
番号  説明 西 備考
1 城門前 129 152
152 193 1
193 三叉路A 156 152 90 サイコロ賭博(225)
90 マヌハス質店前 193 220 マヌハス質店(44)
220 アドベンチャラーズ・イン前 90 308 アドベンチャラーズ・イン(292)
308 空き小屋前 220 279 空き小屋(145)
156 ウツロ病院前 193 165 ウツロ病院(370)
279 三叉路B 203 107 308 墓地
203 三叉路C 343 279 138 盗賊の手配書
343 アーマーショップ前 375 203 アーマーショップ(272)
375 ウェポンショップ前 343 352 ウェポンショップ(304)
352 広場前 242 375 広場(321)
242 三叉路D 117 198 352 ブラックタワー前
117 ウトロイン前 242 84 ウトロイン(475)
198 レストラン前 242 560 レストラン(チェック)
138 三叉路E 176 203 230
176 三叉路F 23 138 98 立て札
23 寺院前 176 僧侶(チェック)
230 墓地北東 337 138
337 墓地入口前 230 185 墓地(89)
185 墓地北西 337 107 チェック
107 墓地南西 279 185
165 廃墟入口前 129 156 廃墟(249)
129 廃墟南東 1 165
84 ブラックタワー南東 560 117 乞食(チェック)
560 お土産屋前 84 198
98 マサイヤ敷地・小屋1前 263 499(287) 176 迷宮入り口
287 マサイヤ敷地・小屋2前 325 98 黒騎士(チェック)

  続きを読む
Posted by nirva7 at 22:00Comments(0)SBO2 

SBO:85

 
Round 2、Fight!


  ナオト  攻撃力6+7=13
  黒騎士B 防御力7+8=15

  ハンサム 攻撃力6+12=18
  黒騎士B 防御力7+8=15
 →黒騎士B死亡


「ハンサム仕事した!」


  黒騎士C 攻撃力7+11=18
  ナオト  防御力7+8=15
 →黒騎士C攻撃成功(ナオト体力8→6)

  黒騎士D 攻撃力7+7=14
  ハンサム 防御力4+7=11
 →黒騎士D攻撃成功(ハンサム体力1→0)


「だめだこりゃあ」


scan41





















ハンサム・・・よくやった。
あとは任せろ!


  黒騎士E 攻撃力7+9=16
  ナオト  防御力7+7=14
 →黒騎士E攻撃成功(ナオト体力6→4)

  黒騎士F 攻撃力7+4=11
  ナオト  防御力7+9=16





Round 3


  ナオト  攻撃力6+8=14
  黒騎士C 防御力7+8=15



「oh・・・」

俺に残された最後のチャンスが・・・orz


  黒騎士C 攻撃力7+7=14
  ナオト  防御力7+9=16

  黒騎士D 攻撃力7+9=16
  ナオト  防御力7+10=17



と思ったら、持ちこたえるのか・・・?


  黒騎士E 攻撃力7+9=16
  ナオト  防御力7+4=11
 →黒騎士E攻撃成功(ナオト体力4→2)

  黒騎士F 攻撃力7+5=12
  ナオト  防御力7+2=9
  →黒騎士E攻撃成功(ナオト体力2→0)




scan42





















「ああ、やっぱり今回もダメだったよ」


「アイツは人の話を聞かないからな」




(チーン)



  続きを読む
Posted by nirva7 at 21:30Comments(0)SBO3 

SBO:84

「絶対に負けられない戦いが、ここにある。実況のリーブラです」

なんだなんだ?w


Round 1、Fight!


  ナオト  攻撃力6+9=15
  黒騎士A 防御力7+3=10
 →黒騎士A死亡


「出足快調ォォォォォッ!残り5人!」

いきなりテンション高いなw
最高の出だしだ。


  ハンサム 攻撃力6+4=10
  黒騎士B 防御力7+5=12
 →ハンサム攻撃失敗


期待したけど、さすがにそう上手くはいかないか。
まずは一人、確実に仕留められたことで良しとしよう。

ここから黒騎士の・・・怒涛の攻撃が・・・はじまる(ゴクリ
ここをしのげば・・・勝機が見えるッ!


  黒騎士B 攻撃力7+6=13
  ナオト  防御力7+9=16
 →黒騎士B攻撃失敗

  黒騎士C 攻撃力7+8=15
  ハンサム 防御力4+11=15
 →黒騎士C攻撃失敗


「ハンサム神ブロックキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

「見たか!」


  黒騎士D 攻撃力7+7=14
  ナオト  防御力7+7=14
 →黒騎士D攻撃失敗

  黒騎士E 攻撃力7+3=10
  ハンサム 防御力4+4=8
 →黒騎士E攻撃成功(ハンサム体力3→1)

  黒騎士F 攻撃力7+11=18
  ナオト  防御力7+5=12
 →黒騎士F攻撃成功(ナオト体力10→8)


第1ラウンド終了。

ハンサムが首の皮一枚で残ったのは大きい。
これで次のラウンド、また2度の攻撃チャンスが生まれる。

最後にきっちり決めて死ねよ!

「勝手に殺すな!」


  続きを読む
Posted by nirva7 at 13:30Comments(0)SBO3 

2019年01月19日

SBO:83

scan37




















俺とハンサムは、三人組の冒険者を救うべく通路に飛び出した。


小人たちに勝ち目はない。
あなたとハンサムが黒騎士6人を倒さなければならない。


  ナオト   攻撃力 6  防御力 7  体力 10
  ハンサム  攻撃力 6  防御力 4  体力 3

  黒騎士A  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2
  黒騎士B  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2
  黒騎士C  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2
  黒騎士D  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2
  黒騎士E  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2
  黒騎士F  攻撃力 7  防御力 7  ダメージポイント 2




scan015












おいおい・・・せめて急襲による特別ボーナスぐらいあってもいいだろ!
あと冒険者たちは一緒に戦ってくれねーのかよ!


・・・ん?
そういえば、さっき小人って言ってなかったか?



CCI20190111scan35
















よく見たら、お前らアドベンチャラーズ・インで会った連中じゃねーか!

「ははは、ナオトか!すまんが俺らはもうダメだ。後はよろしく頼む!」

はははじゃねーよ!(怒)

まったく一体なんてものを背負い込んじまったんだ俺は。
この貸しはでかいからな!


次回・・・・・・詰むや?詰まざるや?


「いやー詰んだだろこれはw」


  続きを読む
Posted by nirva7 at 22:00Comments(3)SBO3 

SBO:82

結論。
出口である可能性が一番高そうな黄色ルートを選択することにした。

 ナオト  体力:10
 ハンサム 体力:3

現在のステータスを考えると、先に他のルートを選択して体力が限界を迎えた場合、
そこから出口までのルートを無事確保できるだろうか?いや、できない(反語)
黄色ルートの途中で黒騎士、あるいは別の何かに遭遇する確率は結構高い。

体力が比較的残っている間に、まずは出口までのルートを確保。
その上で別のルートも攻めるか、あるいは撤退するかを判断。
今回はそんな順序で進めようと思う。

「常に退路を確保しておくのは盗賊の基本だからな」

お前が言うと説得力があるなw






sbo049










通路を曲がったとき、前方で空を切る剣のうなりが聞こえてきた。
つづいて火の玉がはじけ飛び、通路を照らした。

その光の中で、三人の冒険者が黒騎士と戦っている姿が見えた。


scan35






























見たところ、黒騎士は5〜6人いるようだ。
猫がネズミをいたぶるように、三人の冒険者を追い詰めていく。

・ここでしばらく様子をうかがう
・三人の助太刀をする場合は、チェックリスト<F-7>確認(→無し)
・北へ逃げ出す

しばらく様子を見て状況を見極めるのは、もっとも無難な選択かもしれない。
だが、このままだと、おそらく三人の冒険者はやられてしまうだろう。
その後、黒騎士たちにこちらの存在に気づかれる可能性がある。

「まだ気づかれていない」という点を戦闘に活かしたいなら、今すぐ飛び込む必要があるだろう。
今なら何らかの戦闘ボーナスが付くかもしれないし、三人を助ければ何かが得られる可能性は高い。

そして第3の選択として、ここはいったん引き、先に他を探索するという手もある。


scan36














・・・と思ったが、どうやらそうは問屋が卸さないようだ。

チェックリスト<G-1>にチェックしておくこと。

次にここを通る時は、手前の<G-1>チェックにより、同じシチュエーションは訪れないだろう。
このイベントに参加したいのならば、このタイミングで決断をしなくてはならない。
ま、そりゃそうだよな。


双方向ダンジョンとはいえ、いつでもOKな場面ばかりでもないことがわかった。
今回ばかりは「待て次回」と言っている余裕はなさそうだ。


  続きを読む
Posted by nirva7 at 18:00Comments(0)SBO2 

SBO:81

どっちを選択したらいいか迷ったので、ちょっと今後の予想をしてみることにした。


sbo048









おそらく未開拓部分は、こんな感じで2つのルートに分けられるんじゃなかろうか。
このまま直進した黄色のルートと、先ほどの狼の檻を抜けていく赤ルート。
どっちも最終的に2x2の部屋に突き当たると予想した。

ちなみに赤ルートは中央の部屋からも行けそうに見えるけど、手前の飛び石で落ちて
部屋の真ん中に戻されてしまうので、狼を避けて赤ルートには行けない(はず)。


・赤ルート・・・狼とバトル?
・黄ルート・・・黒騎士と遭遇?
・白ロープ・・・赤い星のような光?


とりあえず、目に見える脅威である狼は後回しにしたい。
となると残るは二択。

迷宮の出口はご存知のとおり、水路にダイブできる場所ということになるはずなので、
黄色ルートのつきあたりの部屋は、配置的に出口の可能性が高そうだ。

もう一つの可能性として、さきほどの白ロープを登っていくと出口という線も考えたけど
「水路が出口」というのは全迷宮共通っぽいので、可能性は低いかなという気はする。

そうすると、白ロープの先は・・・・・・・・・うん(←ちょっとは考えろ)





「で、どうすんだ?」

うーん・・・待て次回、でいい?

「結局なんだったんですか、この回は」


  続きを読む
Posted by nirva7 at 06:00Comments(0)SBO2 

SBO:80

 
登らねーよ!(四倍角)


scan34













双方向ダンジョンなんだから、慌てるこたーない。
落ち着いて探索、探索ゥ!







sbo047









未開拓ゾーンをズンズン突き進むことしばし。
南北に続く長い通路の中程まで来た。

ふと足元を見ると、緋色の房飾りが落ちていた。

「こいつあ、黒騎士のもんだぜ・・・こんなとこまでウツロの警備兵がいやがるのか?」
ハンサムが房飾りを拾い上げてつぶやいた。

南の通路は4ブロックほど先で折れている。
曲がった先は、位置的にはさっきの狼の檻の裏側あたりに位置する。

角を曲がったところで「何か」に出くわす可能性は・・・けっこうあるだろうな(汗

南に行くならチェックリストを確認しよう。
G-1>にチェックがあるなら、

意を決して先に進むか?
それとも、引き返してさっきのロープ登りに挑むか?

待て次回!


  続きを読む
Posted by nirva7 at 02:30Comments(0)SBO2 

2019年01月17日

SBO:79

「ヘークショイ!」

部屋を出たところで、ハンサムがクシャミを一発かました。
とうとう来たな・・・聞かせてもらおうか。

「さっきのじいさんだが・・・ありゃとんだ食わせ者だぜ」

やっぱその件か。
ま、見るからにヤバそうな空気出してたよな。

「第一、服装からして僧侶らしくないぜ。短剣を吊った僧侶なんて聞いたこともない。
 悪いことは言わねぇ、アイツにはかまわないほうがいい」

もしもこのヒントまでもが罠だとしたら、もう何もかもが信じられなくなる。
せめて仲間の発言ぐらいは信じたい、ていうか信じさせてくれ。






sbo046








先に進むと、また2ブロック四方の部屋に出た。
ドアは今入ってきたひとつだけで、どうやらここで行き止まりのようだ。

三方はすべてレンガ壁に囲まれており、

ウツロの迷宮には、いちばん外側まで到達した場合は石壁になるという謎の法則があるので、
まだ更に外側のエリアが広がっているということがこの情報からわかる。
なかなか広めの迷宮のようだな。上等上等。

足元には白い小石が小山のように積まれて床をおおっている。
踏むとジャリッと音を立てて細かく砕ける。そう、砂利だけにね。

「審議中」
「審議拒否」

厳しいなwお前ら。

その白い小砂利のあいだから数本の白いロープのようなものが、からみ合うようにして上へと延びている。
上方は闇に包まれていて、天井も見えないが、かすかに赤い星のような光が見えている。

文字だけだと状況がよくわからんと思うが、ぶっちゃけ俺もよくわからねぇ(←ぉぃ)
とりあえず天井に向かってロープが延びていると思っておくんなせぇ。


・・・登れ、ってか?


  続きを読む
Posted by nirva7 at 22:00Comments(0)SBO2 

2019年01月16日

SBO:78

sbo045







扉の向こうは2ブロック四方の部屋になっていた。
入って右には、さっきの鍵がかかったドアがある。一体どんな意図があったんだろう・・・。


「よく来たな」


声の方を見ると、部屋の端に一人の老人が腰を下ろしていた。


scan33





























なんだこの加藤一二三とペニーワイズを足して2で割ったようなジジィは。

「わしは大僧正ルカという。多くの冒険者に予言や祈りを捧げることを商いとしている」

ほう・・・で?

「わしの予言を聞きたくないか?聞かぬと苦労するぞ。
 ブラックオニキスを見つけることなど、わしの予言があれば簡単なこと。
 今日は特別に紫水晶1個で占ってやろう」

・レベル3の迷宮について
・レベル5の迷宮について
・ブラックタワーについて

紫水晶・・・残念ながら持っていない。
もし見つけることがあったら、改めて検討するとして、いったんここは去ろう。

だが1つだけわかったことがあるぞ。
今まで「レベル5の迷宮=ブラックタワー」だと思っていたが、どうやらそういうわけでもなさそうだ。

「まぁこれだけじゃなんとも言えないですけどね」

俺は北側のドアから部屋を後にした。


  続きを読む
Posted by nirva7 at 21:00Comments(1)SBO2 

2019年01月14日

Nintendo Switch版「火吹山の魔法使い」





  

SBO: 攻略メモ

■街
番号  説明 西 備考
1 城門前 129 152
152 193 1
193 三叉路A 156 152 90 サイコロ賭博(225)
90 マヌハス質店前 193 220 マヌハス質店(44)
220 アドベンチャラーズ・イン前 90 308 アドベンチャラーズ・イン(292)
308 空き小屋前 220 279 空き小屋(145)
156 ウツロ病院前 193 165 ウツロ病院(370)
279 三叉路B 203 107 308 墓地
203 三叉路C 343 279 138 盗賊の手配書
343 アーマーショップ前 375 203 アーマーショップ(272)
375 ウェポンショップ前 343 352 ウェポンショップ(304)
352 広場前 242 375 広場(321)
242 三叉路D 117 198 352 ブラックタワー前
117 ウトロイン前 242 84 ウトロイン(475)
198 レストラン前 242 560 レストラン(チェック)
138 三叉路E 176 203 230
176 三叉路F 23 138 98 立て札
23 寺院前 176 僧侶(チェック)
230 墓地北東 337 138
337 墓地入口前 230 185 墓地(89)
185 墓地北西 337 107 チェック
107 墓地南西 279 185
165 廃墟入口前 129 156 廃墟(249)
129 廃墟南東 1 165
84 ブラックタワー南東 560 117 乞食(チェック)
560 お土産屋前 84 198
98 マサイヤ敷地・小屋1前 263 499(287) 176 迷宮入り口
287 マサイヤ敷地・小屋2前 325 98 黒騎士(チェック)

  続きを読む
Posted by nirva7 at 12:30Comments(0)SBO2 

SBO:77

sbo044







曲がり角を東に曲がってしばらく進むと、太い木組みの檻に突き当たった。
檻の向こうには、人間の大人ほどの体長を持つ大型の狼が複数頭見えた。


scan32





























蒼く輝く毛を逆立て、鋭い牙から大量のよだれを垂らしながら、低く唸り声を上げている。

「こいつらは呪いの力で凶暴化しているんだ」

知っているのか雷電。

「死ぬまで戦う奴らだと聞いている・・・中へ入ってみるか?」

誰が?

「ナオトが」

お前いっぺん死んでみるか?どう考えてもやべえだろ。

・中に入るなら、<B-6>にチェックがあれば

ふと考える。

バムブーラの時は<B-4>、ハンサムの時は<B-4>と<B-5>にチェックがついた。
たしか指名手配された盗賊は3名いたので、おそらくもう一人の盗賊を仲間にした時は
B-4>から<B-6>までチェックが付くのではなかろうか。

まだ見ぬそいつが同行していたら、違った展開が見れるかもしれないな。
狼を簡単に手懐けちゃうとか。


ま、いずれにせよ今は回れ右、だな。
首にかかったカギらしきものが気になるところだけど、とりあえず他の探索が先だ。


  続きを読む
Posted by nirva7 at 12:00Comments(0)SBO2 

SBO:76


 「俺だって昔は人間だったんだ。助けてくれた礼にいいこと教えてやるよ。
  レベル2の迷宮に行ったら、北東南西には行ってはいけない。
  いいか、この二つの方向を選んではいけないぞ」


 ↓ 結果 ↓

sbo041






どう見ても罠です。
本当にありがとうございました。

鈴木直人許すまじ


「ま、敵の言うことを簡単に信じたお前が悪いってこった。いい教訓になったなw」

「実は “北西南東” の誤植だった可能性も微レ存」





目の前の通路は東に折れている。
西側の壁にはドアが2つ見えており、手前のドアには鍵がかかっている。

sbo042






・西のドアをハンサムに開けさせるなら

ほう・・・そんなこともできるのか。
ま、盗賊だものな。そのぐらいはやってもらわねーと。

さっそく開けさせてみたい衝動にかられたが、罠がないとも限らない。
いったん回れるところを回った後で、改めて検討しよう(←騙された直後なので慎重モード)


  続きを読む
Posted by nirva7 at 11:30Comments(0)SBO2 

2019年01月13日

SBO:75

ライオンx3  攻撃力 6  防御力 4  ダメージポイント 2

ナオト(仮)  攻撃力 6  防御力 7  体力 10
ハンサム   攻撃力 6  防御力 4  体力 5



そこまで強くないのがせめてもの救いか・・・
ちなみに、今回はこちらのメンバーが2人いるので、このゲーム初の「多対多」戦闘となる。

「多対多」戦闘の場合、
・攻撃時は、参加メンバー人数分の攻撃をできる
・防御時は、残った敵の数だけ、参加メンバーで順番に受ける(足りないときは最初のメンバーに戻る)
という処理になるようだ。一人の時よりだいぶ楽チンだなこりゃ。

「その分、今後は敵の数も増えていきそうですね・・・」


ナオト  攻撃力6+4=10
ライオン 防御力4+8=12 →ナオトの攻撃失敗

ハンサム 攻撃力6+9=15
ライオン 防御力4+7=11 →ハンサムの攻撃成功 <ライオン1匹目撃破>

ライオン 攻撃力6+4=10
ナオト  防御力7+4=11 →ライオンの攻撃失敗

ライオン 攻撃力6+7=13
ハンサム 防御力4+6=10 →ライオンの攻撃成功 <ハンサムの体力5→3>



ナオト  攻撃力6+4=10
ライオン 防御力4+5=9 →ナオトの攻撃成功 <ライオン2匹目撃破>

ハンサム 攻撃力6+6=12
ライオン 防御力4+9=13 →ハンサムの攻撃失敗

ライオン 攻撃力6+5=11
ナオト  防御力7+6=13 →ライオンの攻撃失敗



ナオト  攻撃力6+6=12
ライオン 防御力4+6=10 →ナオトの攻撃成功 <ライオン3匹目撃破>



ふぅ・・・
初っ端の攻撃を失敗して焦ったが、ハンサムが上手くカバーしてくれたので助かった。

やはり仲間がいるというのは心強いものだな。
俺はハンサムとがっちり握手した。

二人は三匹のライオンを退治した。
B経験値の欄に4ポイントを加えていい。

経験値のカウント先もAからBに変わった。
おそらくこれは2人とも経験値を得たという扱いになるのだろう。
ならなかったら不公平だw

ライオンは金貨を10枚、なぜか持っていた。

RPGのお約束にいちいちツッコむような野暮はいたしません。
とりあえず今回は、食われていた冒険者が持っていたということにしときましょう。


  続きを読む
Posted by nirva7 at 23:30Comments(0)SBO2 

SBO:74

その後、の順で回ってみた結果、このような構造であることがわかった。


sbo040







まったく、最後の最後に残ったところが正解とはついてなーーー





scan31





























・・・さっきの悲鳴の原因はこれか(滝汗

三匹のライオンが冒険者のパーティを狩るのに成功したらしく、獲物をくわえている。
突然の侵入者に、鋭い牙をむいて唸りをあげた。


もしかして・・・俺、グールにハメられてませんかね?


「な、仲直りのチャンス・・・かも?」


  続きを読む
Posted by nirva7 at 22:00Comments(0)SBO2 

SBO:73

sbo038





安全(青)・・・南
注意(黃)・・・北東、南西
危険(赤)・・・南東
不明(無)・・・東、西、北、北西


残り4つから選ぶいい方法はないか・・・

「勘で選ぶしかないだろ・・・さっさとしようぜ。早く体を洗いたい」

ハンサムがイライラしながら言った。
そこまでいうなら直感で選んでやっから、お前が先に行けよな・・・北西で!

二人は飛び石にジャンプした。しかし、その瞬間、二人の足元の石が汚物の中に沈み始めた。
これはただの浮き石だったのだ。二人は汚物の池に投げ出された。

二人同時である必要ないだろ!と地の文にツッコんだところでしょうがない。
1か2、3か4、5か6・・・南無三ッ!


3!

二人の体力を2ポイントずつ失う。


197-04















「こっちに行こうと言ったのはおまえだったな!おかげでこのザマだぜ!」

無視して北へ。

「な、仲良くしましょう・・・ね?」


  続きを読む
Posted by nirva7 at 21:30Comments(0)SBO2