2015年03月26日

3日目

しっかし流れ悪いね、どーも。
下見中心に回してるのが裏目に出てるのか?
明日の朝は幸運の泉にでもいって厄祓いしたい気分だ。

 ・武具店 ・・・[2-2] アイアンハンマーに細工(以後、入店不可)
 ・公衆浴場 ・・・[1-1] コネクション「ローズガーデン姉妹」、[2-3] コネクション「博物館員バネド」
 ・大学
 ・博物館
 ・教会/墓地・・・[1-2] コネクション「ランカスター司祭」
 ・闘技場・・・[3-1] 収穫なし
 ・賭博塔
 ・処刑場
 ・造船所
 ・牧場
 ・医院・・・[1-3] 収穫なし、[2-1] 疫病を治療
 ・幸運の泉 
 ・魔法の道具店
 ・人の多い表通り
 ・スラム
 ・【鷹の翼】亭
 ・ここにいる


よし、博物館へ行くぞ。
せっかく手に入れているコネクションを活かそう。

湯浴み通りを北に歩くこと十数分、レンガ造りの建物にたどり着いた。
さっそく中に入ろうとしたところ、またしても受付の女に呼び止められ
入場料金貨1枚を求められた。
はいはい、わかったよ。どこへ行ってもカネカネカネカネ・・・

気がついたら残り金貨5枚。割とマジでやばい。





博物館の展示物はなかなか興味深い物が多かった。
この街ができた数百年前からの歴史的遺物が順番に並べられている。

魔術師レムレスによって祝福されたガントレット。
身につけた者が次々と命を落としたという呪われし足防具。
亡国レラヴィリアの国宝のひとつ、トルマリン製のサイコロ。

展示物も後半に入り、城の地下で過去に使われた拷問具のコーナーに差し掛かる。
その品のうちのいくつかに、比較的新しく見える血痕が付いている。
なかなかいい演出だね、さすがは拷問具コーナー。

 話しながら彼は、体にこびりついた血の塊を根気強く落としている。

んなわきゃないよね。
さて、こうなると気になってくるのはバネドの行方・・・

 ぞっとして君は博物館の館員を探す。いない。
 しばらく館内をうろつき回るが、どこにも館員の姿が見えないのだ。

 コネクション「博物館」を獲得する。コネクション番号は一二九だ。

 あるいは、せっかく館員がいないのだ。
 簡単に開きそうなケースを開けて、役立ちそうな品物でも持って帰ろうか。
 客は少しいるが、堂々とやれば疑問には思われないものだ。


 ・館員をなおも探す
 ・帰る
 ・手ごろなものをくすねる


展示物の説明が妙に具体的だなと思ったらそういうことか。
斜体の部分は以前に説明した「知略型」専用の文章なので今回は無関係。

館員をなおも探すも、結局見つけることはできなかった。
時間は限られている。今日のところは次の場所へ向かおう。

公衆浴場は昨日の騒動で営業していないはずなんだが、
バネドは一体どこにいるのやら。
実は博物館員じゃないという線もまだ残っているけれど。



-------------------------------------------------------
【技術点】 12
【体力点】 19
【運点】 4

【素質】 演技型

【金貨】 6→5
【食料】 2

【道具】
 ・剣

【ミッション】
 ・盗掘(成功)
 ・公衆浴場(失敗)

【コネクション】
 ・ローズガーデン姉妹(23)
 ・ランカスター司祭(4)
 ・クシャン侍従(19)
 ・疫病(88) 
 ・アイアンハンマー(140)
 ・博物館員バネド(21)
 ・博物館(129)



292

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nirva7/51978268