2016年09月25日

アンケートに答えていただくだけの簡単なお仕事です

答えてやんよって方はこちらまでどうぞ。

2票
・地獄の館
・運命の森

1票
・サソリ沼の迷路
・モンスター誕生
・死のワナの地下迷宮
・恐怖の神殿
・モンスターの逆襲
・盗賊都市
・ミラー・ドール
・断頭台の迷宮
・サルダザールの城塞
・死神の首飾り
・ウルフヘッドシリーズ(誕生→逆襲)



【8/26 追記】
さっそく4人の方から回答が!
MOSSANさん、グラサイさん、ken1nさん、りえさん、ありがとうございます!!
もうね、開いた時に1件も回答がなかったらどうしようかと・・・ (←豆腐メンタル)

【9/10 追記】
ぜろさんからもコメントが!
いつもツイートで応援してくれてありがとうございます!!

【9/13 追記】
MOSSANさん、ありがとうございます!!
ブログは時々拝見していますが、ちょくちょくレア物を発掘できる環境がマジ裏山鹿w

【9/25 追記】
出人さん、コメントありがとうございます。
ウルフヘッドシリーズは若干クセがあると聞いていますが、狼と人間を使い分ける部分には興味があります。
林友彦作品ですと、先に手付かずのネバーランドシリーズを片付けないといけないかもしれませんが(汗



向こうでお返事してもいいのですが、敢えてこっちで拾っていくテスト。


 《バルサスの要塞》と同じくS・ジャクソン作品である《地獄の館》かな。
 個人的には、《王たちの冠》より難しかったです。



 『地獄の館』に一票。
 子供の頃に挫折した作品の一つなので。


出ました!「地獄の館」に2票。
噂には聞いていますが、「王たちの冠」より難しいとか正気の沙汰じゃありませんな。


続いて、1票のタイトルを見ていきます。


 イアン・リビングストンの《運命の森》ですね。
 こちらは任務に失敗すると意外な展開に…



 FFシリーズでは《サソリ沼の迷路》。
 バルサス同様に「魔法」が使える楽しみはあるが、
 マップの双方向性がどうか。



 「モンスター誕生」でお願いします!



 他に挙げるなら『死のワナの地下迷宮』。
 繰り返しプレイするスタイルに向いていると思います。


「サソリ沼の迷路」以外はいちおう全部持ってます。

ちなみに2016年3月時点での所有タイトル一覧がこちら
その後、「魔人竜生誕」とか、「ドルアーガの塔 2巻・3巻」とかも買ってます。


最後に、初めて知ったタイトル。


 イアン・リビングストンの《恐怖の神殿》ですね。
 《ソーサリー》や《バルサスの要塞》のように魔法もあります。



 設定が斬新な《モンスターの逆襲》。


ふむふむ・・・とりあえずφ(..)メモメモ


しかしアレだな、なんとなく赤文字でタイトル強調してみたけど、
こうして見るとなんとも毒々しいというか・・・

「・・・血の色のようですね」

そうそう、これから俺が流す血の・・・ってやかましいわ!





現場からは以上で〜す!
引き続き何かあればコメントしていってくださいな。

アンケートの締め切りは、「バルサスの要塞」クリアまで!(←何年後だ)




・・・おっと、ここで忘れちゃいけない大事な方からコメントがあったのでフォローするぜ!


 リビングストン作品なら、そこまで高い技術点が要求されない初期の「運命の森」か「盗賊都市」が良いと思います。


「運命の森」に2票目が入りました。
持ってはいるけど、確かヤフオクで数冊セットで買った時についてきたので
あまり意識したことがないタイトルでしたが、ちょっと注目してみますかね。

そして「盗賊都市」!これは「盗賊剣士」をプレイ中に買いました。
こちらは遊ぶリストに入っていた一冊でした。
ひとつの都市を舞台にした作品は個人的にとても好みで、
ソーサリーでもカーレは1,2を争うぐらい好きな巻です。


 「盗賊剣士」のFT書房つながりで「ミラー・ドール」のシリーズか「断頭台の迷宮」も見てみたい。
 それから一番のお勧めとして、「バルサスの要塞」への愛がたっぷり注ぎ込まれた
 「サルダザールの城塞」を次にやるというのはどうでしょうか!


私もFT書房作品はそこそこ持っている方ですが(数えたら10冊ほどあった)、
ぜろさんはFT新聞にも投稿されているだけあって、かなりフリークなのが伺えますね。

杉本さんの作品は、とても緻密に計算したうえで設計されているのがわかります。
正直、かなりカリカリのチューニングですね(笑)
なので、パズルのピースが欠けているとまずクリアはできない。

「盗賊剣士」にしろ「ガルアーダの塔」にしろ、決してプレイヤーに優しくない厳し目な
バランス調整の分、繰り返し遊んで突破口を見つけた時の嬉しさはひとしおでした。

他にも、たとえば「盗賊剣士」では、FFプレイヤーは買い物で散財しやすいという傾向を
踏まえたうえで、賭博塔のアレで最初の死を迎えるように設計されたと聞きました。
私も最初に死んだのは賭博塔なので、聞いた時はしてやられた!という感じでしたね。

最近は、戦闘は勝ったことにしてライトに遊んでいるプレイヤーも多いと思うのですが
これから遊ぼうという方には、ぜひ一度ガチプレイで体験して欲しいと思います。


最後はちょっと話がそれましたが(笑)、現場からは以上で〜す!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nirva7/52026158
この記事へのコメント
はじめまして

こっちに返事があるとは、今日まで気づきませんでした。
掲示板は、ブラウザのお気に入りに登録しておいたのに〜。

プレイログが掲示板を飾ることを、気長に待つことにします。
Posted by 出人 at 2016年10月07日 23:38