2019年01月24日

よほどむこうみずな冒険者でないかぎり、これほど危険きわまる探索に乗り出すにあたっては、
山とそこに秘められた宝について、まずなるべく多くのことをさぐり出そうとするものだ。

君は火吹山のふもとにたどりつく前に、山すそから二日間ほど旅したところにある
地元の村の人々と数日間をともにした。
人好きのする君は土地の農民とも気楽につきあえた。

農民は魔法使いの神秘的な隠れ家についていろいろ話してくれたが、その全部が事実にもとづいているとは
確信できなかったーーーそれどころか全部が事実無根かもしれなかった。

村人は多くの冒険者が山をめざして村を通り抜けるのを見ていたが、帰ってきたものはごくわずかだった。
行手がすこぶる危険だということだけは君にもはっきりわかった。
村にもどってきた者で、もう一度火吹山に行ってみようと思っている者は一人もいなかったのだ。


いくらか真実らしいのは、魔法使いの宝が錠前の三つついたみごとな箱に納められていて、
あてはまるカギが地下城砦(ダンジョン)の中にひそむさまざまな怪物によって護られているとの噂だった。

魔法使い自身はたいへんな力を持つ魔法の使い手だ。
老人だという者もいれば若いという者もいる。
ひと組の魔法のカードから力を得ているのだという者もいれば
いつもはめている黒い絹の手袋からだという者もいた。


山への入り口は飲み食いが好きで頭の悪い、いぼだらけのゴブリンの一団に護られている。
奥の部屋に近づくにつれて怪物ももっとおそるべきものになる。

奥の部屋へたどりつくには川を渡らなければならない。
渡し舟が定期的に出ているが、渡し守が取り引き好きだからそのために金貨を一枚取っておくべきだ。

地元民はまた、歩いた場所はきちんと地図にしておくことを勧めた。
地図なしでは山の中で道にまよってどうにもならなくなってしまう、と。


ついに出発の日がくると、村中が総出で無事を祈ってくれた。
女たちは、老いも若きも、涙を浮かべていた。

二度と君を見ることのない目が流す悲しみの涙だろうか、と君は思わずにはいられなかった・・・。



(1/25追記)
いつも反応してくださってありがとうございます。お答えしましょう、ただの思いつきですw
Switchの日本語版が3月発売と聞いてカッとなってやった、反省はしていない。

初期の作品は、普通にプレイを楽しむ分には良いと思うのですが、リプレイで挑戦するにはあまり相性が良くない、という印象を持っています(個人の感想です)
特にバルサスについては、何か大きなきっかけがない限り、優先順位は低いままだろうなと「今のところは」思っています。
(もちろん、ちょっとしたボタンの掛け違えさえ直せば、あっさり進むであろうことはわかっているのですが、餅べーコンがニントモカントモ)

なので、仮にこれから火吹山への旅を開始したとしても、果たしてどこまで続くのかなーという思いはあります。
(有名なのでタイトルだけは昔から知っていますが、その内容についてはほとんど何も知らないのです)


反面、鈴木直人作品に対する好感度はどんどん上がっており、他の作品についても順次、腰を据えて取り組んでみたいと強く思っています。
・・・が、つい先日、あのような結末を迎えたばかりなので、しばらくはちょいと気分転換でも・・・というのが今の状態です。
火吹山への遠足が気分転換で終わるか、リアルガチの冒険になるかは神の味噌汁

結局はいつもどおり、風の吹くまま、気の向くまま、やっていくことになろうかと思います。
こんな調子でよろしければ、今後ともお付き合いくださいませ。

この記事へのコメント
まさか火吹山を始められるのですか? もしそうなら、すごく楽しみです。
たまには《運命の森》や《バルサスの要塞》も思い出してやってください。
Posted by MOSSAN at 2019年01月24日 07:30