三河ナンバーの経コン・アイ!

愛知県西尾市(車は「三河」ナンバー)で経営コンサルタント(中小企業診断士)をしています。 徒然なるままに世の中のことを綴っています。 内容は硬いです。



明日、明後日は中小企業診断士の第一次試験です。

試験日と岡崎市の花火大会、安城市の七夕まつりが重なるのは恒例のことですが、今回の試験の難関は猛暑です。

試験会場までの道のりが暑さとの戦いで、頭をフル回転するには十分な水分が必須。

参考書とともに一日分の水分も持ち物に加えておくことをお勧めします。

夏の昼下がりに水分を求めてコンビニを梯子するのは受験生にとって自滅行為です。

試験室は適温の冷房が効いていても廊下や休憩室の冷房はあまり効いていないことがあります。

試験終了まで試験室で涼んでいた方が体調維持には有益かもしれません。

受験される方のご検討を祈ります。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

たまたま目にした迷惑メールは見積書を送りつける方法だ。

文面は明らかに迷惑メール。

電子メールアドレスから会社のwebサイトを検索するとヒットした。

ただし、怪しい内容だ。

アプリ開発のIT企業だが、内容が物足りない。

何よりも会社紹介で住所が千葉県野田市だけだ。

まっとうな会社なら住所をきちんと掲載する。

迷惑メールはこの会社が発信したのか、第三者がメールサーバーを踏み台にしたのか?

前者のような気がする。



岡崎市の康生方面へ行く用事ができると岡崎市立中央図書館「リブラ」と岡崎公園へ寄るのが私の習慣だ。

岡崎公園は岡崎城を中心にした公園だが園内に竜城神社(たつきじんじゃ)がある。

岡崎公園を散策する度に竜城神社で参拝するが、百回のお参りを目指している。

今日は茅の輪(ちのわ)が設けられていた。

明日は六月末日、夏越の祓(なごしのはらえ)である。

半年の禊祓に多数の人が訪れるだろう。

翻って、我が町内の産土神社の夏越の祓は7月1日。

当番の私は人形(ひとがた)で厄払いする。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

快晴

空梅雨かと思うような晴天が続き、今日は北寄りの風で湿度が低く、室内では扇風機すらいらない。

IPA(情報処理推進機構)から毎日のようにセキュリティ対策情報が発信されるが今回は国民の大多数が関係する注意喚起である。

マイクロソフト製品の脆弱性が公表され、その修正プログラムがWindows Updateを通じて配信されている。

私のPCもバックグランドでダウンロードされ、修正プログラムの適用が待ちの状態だったので仕事を休止してプログラムを実行した。

今回は何の問題もなく再起動した。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)



幾つかのSNSはアカウントを持っているだけでコミュニケーション活動に使っていない。
専ら見るだけだ。

インターネットが普及する前のパソコン通信と言われていた時代、掲示板がBBSともてはやされた時代、自分から発言せず他人の発言を見るだけの会員をROM(Read Only Member)と読んでいた。

facebookに対する私のスタンスが”ROM”だ。

私のfacebookアカウントがロック状態になった。

誰かがアカウント乗っ取りを試みてパスワードを当てることができず失敗したようだ。

私の個人情報では類推できないパスワードに感謝。

念のためより難易度の高いパスワードに変更。

今日の中日朝刊で日本語をローマ字化したパスワードを提案する記事があった。

外国人や英語ベースのパスワード解析プログラムには有効だが、アルファベットが並ぶことに私は不安を覚える。

単語の途中に記号を挟まないと気持ち悪い。


(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

曇時々雨

最近、私のPCに「Reimage Repair」というソフトウェアのインストールを促すwebページが表示されるようになった。

このように広告ページを表示するアプリをアドウェアと分類する。

アドウェアはマルウェアのように自分のPCに危害を加えたり、他のPCやサーバーに感染や攻撃したりしないが、不本意な広告ページを勝手に表示することが業務妨害である。

「Reimage Repair」を調べると数年前から問題視されている。

「Reimage Repair」はセキュリティソフトであるが、新たに入れるほどのものではない。

検索するとインストールしたことによる弊害の報告がヒットする。

インストールすると削除するのが大変らしく、一旦無料版の「Reimage Repair」をインストールすると有料版への切り替えを促してくる。

「Reimage Repair」で検索すれば対応方法が列挙される。

まずは手が滑ってインストールしないよう注意されたい。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

産業廃棄物の収集運搬業の許可を得ようとされる事業者の方の必要に応じて私は経営診断書を作成している。

産業廃棄物の収集運搬業の許可に関して誤解されている方があるのでここで正したい。

商売を始めてから(個人事業主の開業日や法人の設立日など)三年経たなければ許可の申請ができない、というのは誤解である。

三年未満なら経営診断書が求められることがあり、経営診断書を添付すればいいのである。

もちろん、経営診断書の費用負担を避けるために三年待つ選択もありうる。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

「0xC0000428」で検索するとトラブルシューティングの事例がヒットする。

事務所のPCがこのトラブルで起動できなくなった。

エラーの原因は、
\windows\System32\Drivers\Rapport\Hardes.sys
によるものらしい。

ここでの重要なキーワードは「Rapport」だ。

ネットで調べるとIBM Trusteer Rapportというソフトウェアに辿り着く。

PCによるインターネットバンキングのウイルス対策ソフトだ。

インターネットバンキングサイトにログインしたときインストールを推奨されたので、その流れでセットアップしたが、それが今頃になってトラブルを起こした。

多分、直近のバージョンアップがいけないのだろう。

Rapportをアンインストールすることで起動障害のトラブルは解消された。

アンインストールの手順は、以下のページを参照されたい。

https://www.trusteer.com/ja/support/uninstalling-rapport


(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

「儲かる」詐欺とは不就労で利益が得られると勧誘する、いわゆる投資詐欺だ。

仮想通貨にまつわる不適切な勧誘や詐欺に関して国民生活センターが注意喚起していることを日経朝刊が報じている。

仮想通貨の儲けばなしにはマイニングやICOといった独特の用語がある。
仮想通貨は制度としては黎明期だが技術の進歩が著しく、既に資本力のある者でなければマイニング事業者や交換事業者になれない。
交換事業者の登録はハードルが高くなり、金融庁のリストに載っていない業者による勧誘は悪意に満ちている。

「稼げる」詐欺とは手に職をつけたいという願いにつけ込む悪質な行為だ。

今般、YouTubeの動画編集に関する情報商材を執拗に勧誘し購入させたとして消費者庁は東京都渋谷区の事業者「株式会社イメージ(代表者 吉田夏記)」を公表した。

詳細は以下の消費者庁ニュースリリースを参照。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180426_0001.pdf

なお、類似の社名が多数あり、同名の会社もあり、また同姓同名の人もいるので関係のない会社の営業妨害行為や無関係の同姓同名の人を不当に誹謗中傷をすることのないよう注意されたい。

キュレーションサイト「NAVERまとめ」がマスコミのwebサイトの画像を無断転載していたと日経朝刊が伝えている。既に削除済だ。

「NAVERまとめ」はネクストライブラリ株式会社が運用する。ネクストライブラリ社はLINEの子会社である。

キュレーションサイト問題はDeNAが運用していた「WELQ(ウェルク)」がその代表といえるが、この事件以降も「NAVERまとめ」は著作権侵害を放置していたことになる。

大手マスコミからの申し入れに素直に応じた形だが、ネットでは「NAVERまとめ」の権利侵害と戦った個人の体験談がヒットする。

今般、無断転載されたマスコミ各社は「NAVERまとめ」が画像の無断転載を防止するため「ドメインブロック」を講じることでLINEと合意した。

ドメインブロックは「漫画村」「Anitube」「Miomio」の著作権侵害への対抗策として話題になった手法である。

(この記事は、https://hosokawa3.wordpress.com/とhttp://blog.livedoor.jp/nirvana_japan/に掲載しています)

このページのトップヘ