February 27, 2009

お疲れ様です

みなさまお疲れ様です

4月からの赴任先が決定しましたのでご報告いたします。

松江です。

初めてです。日本海側に行くのは。

広島からはバスで2時間くらいですかね。東京の半分くらいです。

しっかし松江って何にもなさそう・・・。産業とか一体何があるのか・・・。第一次産業中心かね。わからんけど。江戸時代の松平氏の影響があってか町並みは私にとっては大好きな和風情緒あふれる感じで楽しみです。

さらに知られてないけど松江は美人が多いらしい。ここ重要。
噂では日本海側は一県おきに○○美人らしい。秋田、新潟、加賀、京都、島根、福岡らしい。微妙に兵庫と京都と鳥取のあたりがあやふやだけど笑

和服が似合う美人が多いなら大歓迎ですよ。和服スキーですからね、わたくし。

これから先5年間くらいは松江です。まぁこの付近に友達はいなそうだけど、よろしく。広島に行くのは楽だから広島に遊びに行くのは不自由はないかな、たぶん。

物価が日本有数の安さ臭いから金ばっかり溜まりそうだなー笑



nisegokurakumaru at 00:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 13, 2009

僕とパワプロ

ちょっと前にパワプロとPS2を買ったんですが、毎日パワプロばっかり。サクセスでマオマオの連中を作って、ペナント。

まず、クスノキが開幕3戦目で左ひざ靭帯断裂という全く笑えないけど、顔は笑える怪我で今季絶望の全治7か月。

仕方がないのでパクにキャッチャーをやらせるがパスボールばかり。
そんなパクもクルーンの速球をライトに場外ホームランという実際には考えられない離れ業をやってのける。しかも、盗塁王。

ショートはパラオだとムカつくのでヴァギナ本先輩に参加してもらってます。ヴァギナ本先輩マジ強いっす。ぱねぇす。

というかいつのまにパワプロはこんなにCOMが強くなったのかしら。おれのパワプロはPSの2000で何年も止まってたから、パワプロ14が新鮮でたまらない。なんやマイライフって。おまえはヒップホッパーか。

ちなみにうちのエースはやっぱりマッチョです。笑

nisegokurakumaru at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 10, 2008

備忘録1

案1:個人理性の尊重→絶対主義→重商主義→産業革命→資本主義 案2:個人理性の尊重→宗教改革(プロテスタンティズム)=個人と神の直接的なやり取りが可能となった。つまり、それまでの中世的な世界観、秩序の維持がそのキーであったものは取って代わられた。 案1、案2は個人理性の尊重(ルネサンス)をその源としながら2種類の方向(上と下)に枝分かれしていくが、どちらも相互補完的である。政治がプロテスタンティズムを利用? 調べるべきこと→マックス・ヴェーバー。カルヴァン、ルター等のプロテスタン的思想について。 流れ:ルネサンス期の個人理性の尊重についてからの中世的世界観の崩壊。からの宗教改革。(絶対主義の位置づけが難しい・・・)←別に絶対主義は詳しく書く必要は無し。第一、個人理性の尊重→絶対主義というフローが大変怪しい。イギリスに関しては。イギリスについて書くということは断る必要あり。

nisegokurakumaru at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 26, 2008

五輪

俺:お前はマットの上では世界一だが、ベッドの上では俺のほうが上だな

吉田:あぁん

俺:やはり「金」メダルが欲しいんだな

吉田:あはん


京子:・・・。



自己嫌悪

nisegokurakumaru at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2008

硫化水素発生中

人間っていうのは生きることよりも死ぬことのほうを望んでいるんじゃないかとよく思う。

それはただ単純に物理的ことが要因になるってこともあるけど。例えば借金苦とか。

でも、自殺する人の大半は内的な要因で死ぬのかなって。結局は。

死ぬことと生きることは表裏一体なことで、人間は死を考えることで、死を食べ物にすることで今の自分の生を逆説的に支えているんじゃないのかなって。

俺が死んだ時、誰が葬式に来てくれて、誰が泣いてくれて、葬式ではジャズのバラードをかけて欲しいなとかいろいろ自分の死について考えるけど、それは今ちゃんと生きたいってことの裏返しのような気がします。

だから、自分は生きているようで死んでいる。そんな存在で成り立っているのかなぁって思っちゃいます。

でも、現実にいざ死が目の前に迫ってくるとまた違う死という顔が見えてくる。それは死ぬ時に痛みを伴ったり、本当に全部を終らせるという潔い決断を迫ってくるという2つのファクターがある。

だから、自分は自殺しない。だって、臆病だし痛いの嫌だし。

ただ、なんとなく「死にたい」っていう感覚はどの人間も常に持ち合わせているのかどうか。それはちょっと知りたい。


最近、どうも自分の感情が調整できなくて、というか無理して調整していて、ふと自分以外の他者がいない空間である家に着くと、他者と関わりあっている自分に異常な気疲れをするようになっています。

もう少し肩の力を抜いて他者と接したいのに、なんか肩に力が入ってしまう。そ

それは結局自分が孤独な人間であって、他者との係わり合いの中で俺を見捨てないで!という気持ちが強すぎることから起きてる。

そんな自分は大嫌い。

なんか空中に浮いてる感じがして。


もう少し自分をコントロールすることができないと大人にはなれないなぁ。

大人になるのがこんなに難しいとは知らなかったよ、マホームズ君。

nisegokurakumaru at 00:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 14, 2007

貧乏のススメ

最近、ようやっと一橋の経済に入ったことの面目躍如で、経済学の勉強をしております。アダム・スミス、リカード、ケインズ、ガルブレイス、スティグリッツ・・・。

こんな経済学なんてほんまに興味がわかないと出来ない学問であるとつくづく思います。でも、今経済学の面白みにやっと気づいて3年目にしてやっと今まで学んできたことの10%くらいは理解できるようになりました。

高校出たばっかりのちゃらんぽらんにこんな学問興味を持てということのほうがおかしいもので、大学のカリキュラムを恨むのですが、4年間在籍している間に興味を持てたことに感謝ですかね。

勉強して思ったのは、経済学とは人を幸せにする学問じゃあないんだと。少なくとも昨今の新古典派の経済学ではそうなんじゃーと思って、改めて驚嘆しました。

実際、長い歴史を考えてみても人間が豊かに暮らせた日数のほうが圧倒的に少ないもので、あとの歴史はどうにかこうにか生きていくだけの歴史しか人類の歴史ではなかったようです。それでも、今の私はその豊かに生きているという世界、そして、その切り口しかなかったことに幼稚であったんだなと改めて痛感しました。

豊かであることが当たり前の世の中が終りつつある現在、我々が進むべき道は二つしかなくて、天下獲ったるで!と怪気炎をあげるか自分のライフスタイルのフォーマットを人間とは歴史的に見て貧しいものであるというものに置き換えるかというものだと思います。

どちらも骨の折れるものです。でも、このまま豊かであると錯覚しているよりは、元々貧乏だったという考えの下で生きていくほうが幾分生きていきやすそうな気がします。それは単に働かないって言う意味じゃなくて。

だから、生活をより質素にすることが今の経済に対する非暴力・不服従なやり方でそして、自分の心が休まるんじゃないのかなーって思う次第です。

mixiじゃあとても書けない、書けない。

nisegokurakumaru at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 25, 2007

天気がいい日は

今日の広島は天気がよかったです。

外にいてはバチが当たりそうなのでパラオを呼んで千田公園に。

2人じゃやっぱり物足りなかったけどでも、気持ちよかったね。

野球できてよかったわ。

うちら基本受身で誰かが何か音頭取らないと何もせんけん、あたいがこの夏は音頭取って、県営とかで因縁の勝負に決着つけたいね。

そう、バッ○ス。

じゃないじゃない、修○高校野球部よ。

ってかやっぱり広島残ってる人にやって欲しいわ笑

まぁ野球できてもうお腹満腹。いつ東京帰ってもいいわ。

nisegokurakumaru at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 06, 2007

PEANUTS

更新時間見ても分かるように廃人です、僕。

午前4時に近くのスーパーに行って焼酎買って飲んでます。廃人です、僕。

焼酎飲みながらyoutubeで内P見てたらPEANUTSもアップされていたので(しかも全部)ずっと見てました。

稲のところにも書いたけど野球してええええええ!!!

一応大学の野球サークルにも入ってますけど、やっぱりMAOMAOじゃないとだめなんよ。お前らとじゃないとだめなんよ。

お前とおったらおもろいわ!
どこのどいつもかなわんわ!
百年でも二百年でも 幾年が過ぎても
お前とおったらおもろいわ!
どこのどいつもかなわんわ!


野球やるなら広島には22〜26までの間帰れますんで。というか広島で野球やるんなら土日だったら這いつくばってでも広島に帰りまっせ。







nisegokurakumaru at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 02, 2007

試合終了

12回表に藤川から得たチャンスをカープ打線はものにして虎の子の1点を取りました。

12回裏、ファーボールのランナーを一塁において、横山が今までの人生で一番思い切って投げた球は関本にあっけなく芯でとらえられ、打球は阪神ファンの待つレフトスタンドに突き刺さったのでした。

女の子は本当によくわからん。しっかりしっかり外堀を埋めたつもりでも、全然埋められてませんでした。


傷心の僕はぶーりんとカラオケでノドがちぎれるまで歌い続けるのでした。



僕はダメでしたが今年のカープはAクラスに入ってプレーオフに出られるように頑張って欲しいです。




そう、僕は万年Bクラス。

nisegokurakumaru at 04:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 24, 2007

11回表

道盛アナ「さて、11回表、最大のチャンスがやってきましたね、安仁屋さん」


安仁屋「そうですね。一世一代の大チャンスですね。今日の舞台は下北沢ですね。」

道盛「下北沢は比較的苦手と本人は言ってましたが・・・」

安仁屋「もっと積極的にいって欲しいですね。振らないとボールは打てませんから。」

小林「道盛さん」

道盛「はい、どうぞ、小林さん」

小林「小早川コーチが話していたんですが、これまで毎日メールを絶えさずきたその真価が問われる、とのことでした」

道盛「ありがとうございます。ベンチサイドリポートはRCCの小林アナウンサーでした。行く店、行く店がすべてクリーンヒットで二死満塁の大きな局面を迎えました」

安仁屋「男の見せ所ですね。積極的に振っていってもらいたいですね。」


道盛「しかし、カウントは2−3。久保田、森笠に対して第6球、国分寺駅に下りた!」








道盛「ストライーック!!!見逃しの三振!最後男を見せようと一緒に国分寺駅に下りたのはいいものの結局なにも言えず、またね、と言って後ろ姿をぼんやりと見つめるのでした」


安仁屋「唯一の救いは遅めのチョコをもらったことでしょうね」








ぱっぱらぱーのぱっぱ。


nisegokurakumaru at 23:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)