ついに最下位転落 原監督 小笠原を名指し批判「清武さんへ まだ間に合います」原監督の“お願い”全文

2013年09月04日

原監督 ヒーローに苦言「意味不明だよ、意味不明」

巨人は3日、阪神戦で同点の9回に古城茂幸内野手(35)が劇的な今季1号サヨナラアーチを放った。
ヒーローになる前には大きなミスを犯していた。途中出場で1点を追う7回に右前打。
2死一、二塁から長野の三塁内野安打で、二塁走者の古城は一塁への送球間に本塁へ突入した。
勝呂内野守備走塁コーチは腕を回していたが、三本間に挟まれてアウト。
「後ろ(の打者)がラミちゃんだったから(止まっても)大丈夫だと思ったが、
行けということだったので遅れてしまった」。迷いからスピードを緩めてしまうボーンヘッドだった。

指揮官は走塁ミスについては「意味不明だよ、意味不明。走塁に関してはいただけない」と
語気を強めたが、ミスを取り返した古城の執念こそ、今のチームに必要なもの。
逆境でも諦めない男が一振りでそれを示した。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/04/kiji/K20110804001344890.html

nisezamurai at 19:43│Comments(0)原辰徳語録 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ついに最下位転落 原監督 小笠原を名指し批判「清武さんへ まだ間に合います」原監督の“お願い”全文