2006年01月

2006年01月31日

ある夜の焼肉

 久しぶりに友人のケン氏と夕食を食べた。
事務所の近所の「牛繁」という焼肉屋だ。

ケン氏は商社に勤めている中堅サラリーマンで、いつもいいスーツといい時計をつけてニコニコしているナイスガイだ。

お互いのことはほとんど知っているので、話す内容もくだらないことが多いが、楽しい気分で肉も美味く食べられる。

食べ終わるとさっさと店を出るのだが、お会計のレジの横に置いてある飴をもらって嬉しそうに食べるケン氏と僕だった。

写真は肉を食すエビス顔のケン氏
faace80e.JPG

人気blogランキングへ

2006年01月30日

興味深い新商品の試作

78aa94f2.jpg 新しいコンセプトの新商品サンプルがあがった。
まだ少し改良するかもしれないが、原材料や製造工程、アーティストについてなど、全てがたいへん興味深い作品になった。

世界中の人に買ってもらえると思うほど自惚れてはいないが、自分では素晴らしい商品ができたとワクワクしている。

人気blogランキングへ

2006年01月29日

もちつき

 本日、今年3回目のもちつき大会に家族と参加した。
息子に無理やりもちつきをさせたら泣かれてしまい後悔。

黄な粉モチ、あんころモチ、のり&醤油モチ、だいこんおろしモチ、納豆モチなど美味かった。

ところで昨日、アマゾンで注文した本が届いた。
まだ全部読んでないが、動物園が単に動物に会いに行く憩の場所や教育の場所というだけでないことを改めて感じた。

動物園とは、時に諸外国との友情の証の場であり、戦前戦後の歴史の教科書のような場所であり、ある意味政治や時代の犠牲となった場所であり、なにより人々の心のよりどころである場所なんだと実感した。動物園とは、知れば知るほど深い場所なのだ。

とくにこの本は目次を見るだけでも上野動物園がいかに凄い場所なのかが感じられると思う。

去年、雑誌「大阪人11月号」で天王寺動物園の特集をやってて、そのすさまじい歴史が紹介されており感動したが、とにかく動物園というのは知れば知るほど凄い場所なのだと改めて思った。

もう一つの上野動物園史

4956e069.JPG

人気blogランキングへ

2006年01月28日

セコムvsアルソック

 セコムvsアルソックのシェア獲得争いが激しさを増しているようだ。
新しい自宅にホームセキュリティをつけるので、この2社から資料と見積もりを取り寄せた。

セコムがアルソックの倍ちかい価格だったが、業界最大手でありホームセキュリティのサービスを最初に始めたパイオニア企業だ。長島さんのCMも有名。

しかし、サービスの違いに大差はなく、価格がリーズナブルなアルソックにしようかと最初は思っていた。

ところが、セコムは営業マンがわざわざ資料の説明に来たり、資料自体もよく出来ていた。

ダメもとで価格の話をしてみたら、勉強してくれるとのこと。
新しい見積もりに目を通して、アルソックよりは割高だが、だいぶ安くなったのでセコムに決めた。

何しろ営業の方が何度も足を運んでくれたのがセコムにした大きな理由だ。
いざという時に頼りになりそうな気がしたのだ。

ただセコムとアルソックの戦いは激しいようで、今後も切磋琢磨してサービスやコストパフォーマンスの進化が期待できそう。


2006年01月27日

自宅の引越し、けっこう大変

 自宅の引越しのもろもろ雑務が予想以上にあるので忙しい。
仕事と関係ない業者の来客が多い日だった。

ひとつひとつこなしているが、お金も驚くほどかかるものだ。
僕は海外出張が多いので、留守中に家族を守るために、ホームセキュリティも入れる予定。


 さて、ムショウに肉が食べたくなる時がたまにあるが、今はそんな状況だろうか。
ステーキが食べたいのかな、と自問してみたが間違いなさそうだ。

サーロインステーキの脂身が大好物だが、今夜は自宅でごはんを食べる予定になっている。家に電話してメニューをチェックしてみた。

僕「なーなー、今日のご飯は何? 肉かなー。」
カミサン「えー、煮物とかだけど。あとシシャモとか。」

オー、シェット。
今日は肉を食らうことが出来ないようだ。

今の気分をポエムにした。


  ミート(肉)な生活

  それは僕のハートに

  ジャストミートはははは(ラフボイス)



以上、うちに帰ります。
チェリオ


最近読んだ本。けっこう参考になったと思う。
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法


人気blogランキングへ

2006年01月26日

スリランカ工場のスタッフの子供達の絵

 ひゃー、マックが壊れたダス。
完全にウインドウズマシンだけで今は仕事している状態になった。

iマックから始まり、タワーのG3、パワーブックと3台とも壊れたわけだが、相性が悪いのだろうか。もしくは使い方が悪いのか。


ところで、スリランカ工場のスタッフの子供(5〜6歳)の描いた絵をご紹介したい。僕は上手だと思うんだけど。

僕の子供もけっこう上手に描きます(自慢)。

6c734186.jpg

人気blogランキングへ

2006年01月25日

ブルースブラザーズ

 申し訳ないがブルースブラザーズの映画の話を少しだけ。
実は何回もビデオで観た作品。レイダースとかもそうだが、なぜか突然無性に観たくなる。

オーストラリアに住んでいた頃、まだ英語があまりわからない当時、この映画のビデオばかり観ていた。

あの頃はブルースブラザーズとミスタービーンばかり観ていた気がする。英語がわからなくても楽しかったからだ。

まず、主人公の(ジェイクとエリウッド)が無口で愛想がないため、ヒアリングのスキルがあまり必要ないのがよかった。

さらに、僕の好きなミュージシャンがたくさん登場して、ブルースとダンスなど最高に楽しめるのがいい。レイチャールズ、アリサフランクリン、JBなど有名なシンガーがみんなビンボッタレな感じでファンキーにナンセンスでいい。

ストーリーもナイスにナンセンスでシンプル、カーチェイスも爆笑するほど痛快に仕上がっている。

ブルースブラザーズの行く先々で、いろんな人達の恨みをかい、追いかけ回される。ナチスやカントリーミュージックのグループ、警察、ストーカー化した昔の恋人などが必死で追いかけまわす。

ブルースブラザーズのコンサートのシーンもブラボーで、実はコピーバンドのショーに行ったりするほどファンだ。

サタデーナイトライブのビデオもよく観たが、やはりブルースブラザーズが目当てだった。

ブルースブラザーズはたまに無性に観たくなる映画であるが、一般的には好き嫌いがハッキリ分かれると思う。僕は大好きな映画だ。

ブルース・ブラザース 25周年アニバーサリースペシャル・エディション



Story
刑務所を仮出所したジェイクと相棒のエルウッドは、一緒に育った養護施設が資金難で、差し押さえ寸前なのを知る。2人はバンドを再結成し、コンサートで金を稼ごうと思いつく。“神の使命”に燃える2人だったが、ど...(詳細こちら


人気blogランキングへ<

恵比寿で打ち合わせ

 昨夜は恵比寿で打ち合わせ。
新商品のアイデアプレゼン会みたいな感じ。

プレゼンでの各作品はとてもアドベンチャラスで僕好みだった。
作品をプレゼンしてくれたTさんは、実は建築家だ。

数々の素晴らしい賞を受賞されている素晴らしいアーティストだ。つねにニコニコしていて打ち合わせ中も楽しい雰囲気で、こんな感じで素晴らしい商品が生まれてくるんだな、とビッグな予感を隠し切れないプレゼンだった。

打ち合わせ後にみんなで食事に行きたかったのだが、息子が熱を出してたので、ひとりで帰宅した。帰宅したら家族全員爆睡していた。

人気blogランキングへ

MY BROTHER

 現地のスタッフで創業からずっと一緒に頑張ってきたニシャーダから気になる連絡が入った。

少し前から口の中に違和感があるので検査に行ったとのこと。
舌の下部にシコリがあるらしく、痛みがあるらしい。手術する可能性が高いと医者に言われたようだ。

2月には日本に出張の予定だったが、手術の結果によっては延期しなくてはならないようだ。

CTスキャンなど大掛かりな検査をしたらしい。
電話で話す感じも、どことなしか元気がないようだ。

彼は僕と同じ年で、大きな病気をするにはまだ若すぎると思うのだが。
しかしながら、検査の結果が気になってしょうがない。

ニシャーダとは、会社がいいときも悪いときも、つねに一緒に頑張ってきた。お互いの家族もよく知っている。

数年前には、ある人に現地のメインスタッフ数人を引き抜かれたり、悪口をばら撒かれたりしたときも、一緒に立て直してきた。今年からは役員にも就任してもらったパートナーだ。

検査の結果がたいしたことないように心から祈りたい思いだ。
大丈夫 大丈夫

80f9ceda.bmp

人気blogランキングへ

2006年01月24日

けっこうライブドアのサービス利用してるんダス。

 寒いけどジンジャーエールを飲みながら、これを書いています。

ライブドアは中身のないマネーゲームの会社だと、テレビでたくさんの人が言っている。果たしてそうか。

このブログはライブドアのブログサービスを利用している。
ほとんど毎日スカイプを利用して海外との打ち合わせや会議をしている。
ポータルサイトでパブリックジャーナリストの記事など、けっこう好きで読んでいる。

などなど、僕はけっこうライブドアのサービスを利用している。

写真は飲み終わったジンジャーエールのペットボトル
3dd1bc2c.JPG

人気blogランキングへ

2006年01月23日

突然の電話

 田舎(愛知)の母から電話がかかってきた。

母:「あ、あんた、ホリエモンが今、事情徴収されとるってNHKでやっとるがね、アンタんとこ、だいじょうかね!」

電話での母の鼻息が荒いようだ。
おそらく7時のNHKニュース7で堀江社長の関連ニュースを見て、驚いて電話をよこしたのだろう。

母:「あんたはそんな悪い事しんと思っとるけどね、人様に感謝の気持ちを忘れたらいかんよ。謙虚に、あ、あんたね、ホリエモンは、人の心は金で買えるって言っとるらしいがね。NHKでそう言っとったよ。あんた、悪いことしたら、スリランカの人達に申し訳たたんよ、わかっとる?」

ひととおり僕にNHKニュースの感想と興奮を浴びせた後、やや落ち着いて、お釈迦さまのエピソードを3分ほど語った後、最後に実はまた車をコスってしまった、どうしよう?とガッカリしていた。

人間は年を重ねるごとに、子供にもどっていくのだろうか。僕が中学生くらいの母は、もうすこし頭もシャープで、僕の嘘もすぐに見破っていたし、マスコミに対しても自分なりに分析して持論を展開するタイプだったように覚えているが。

今の母なら、もしテレビで「宇宙人が来た」などと放送した瞬間、貯金通帳と印鑑を持って、外に裸足で飛びだしていくかもしれない。

僕は、母だけでなく、家族や社員、その関係者、そして全ての人達が喜んでくれるような仕事をしていくという気持ちを、自分が会社に携わる限り貫いていきたいと思っている。


と、こうしてブログを書いているたった今、堀江社長が逮捕されたとNHKで報道し始めたようだ。

堀江社長の一連のニュースは僕も気になるが、はっきり事実が判明するまでは、僕は他人のことをインターネットで意見することはしたくないと思っている。自分が逆の立場だとしても嫌だし。

それではチェリオ

人気blogランキングへ

2006年01月22日

冬の川柳1

 
雪の日は


 
子供がはしゃぎ


 

かわいいな







人気blogランキングへ

2006年01月21日

雪の男祭り

 昨夜は保育園の男親があつまる会「男祭り」に参加した。

保育園の民営化についてや、正月のできごと、鬼嫁関連などのディスカッションが繰り広げられた。

途中、僕が練習中のピアノを披露したりしたが、あまり上手にプレイできなかった。

夜中にお開きになり、外に出ると雪が降っていた。冷たくて寒いが、雪は光るから綺麗で好きだ。

人気blogランキングへ

2006年01月20日

引越しが決まり、ひといき。

 来月に自宅の引越しをする。
今住んでるマンションは6年住んだのだが、ぼちぼち子供が大きくなりつつあるので、狭く感じつつあり、引越しする気になったのだ。

オーストラリアから帰国して約11年だが、すでに3回引っ越した。
阪神大震災やオーム事件などがあった年からだ。

オーストラリアから帰国したとき、手持ちの金が10万円で、東京へ来て1週間でなくなった。

敷金礼金の資金がたりなかったので、保証金のみの夢見荘という外人ハウスに住み始めたのだった。家賃が4万5千円ポッキリだった。

たしか、ジャパンプレスのクラシファイのページで入居者募集の記事を見て申し込んだのだった。

ものすごくボロボロで、和風の妖怪のようなおじいさんが管理をしていた。夏は脱水症状の危険があるくらい暑く、冬は寝ている布団に霜が降りるくらい凍える、とてもファンキーな部屋だった。

部屋の鍵はオモチャみたいで、壁から砂がいつも剥がれ落ち、住民はやかましく、ギャグみたいなアパートだった。

最初、入居者は僕一人だったが、数ヶ月ですぐに満室になった。同じ住民と交流が頻繁にあり、毎晩パーティのようで楽しかったが、僕は1年くらいして引っ越した。

その後、荻窪の2DKのマンションに越したが、環八沿いで騒音と空気汚染がひどかった。

ちなみに最初はその荻窪のマンションを本社にして、有限会社を立ち上げた、記念のマンションだ。

のちに社員が増えたので事務所を新宿に置いて現在の株式会社に進化した。この荻窪のマンションには3年ちょい住んだ。

子供ができたので、環境のいい練馬区の2LDKマンションに越した。現在の自宅だ。でも子供が二人になり、いろいろ荷物が増えて手狭になってきた。

ここ数ヶ月でもっと広いところを探していたのだが、やっと決まった。

今の事務所と同じ西東京市だが、いいところだと思う。
一戸建てなのでセキュリティが心配だが、セコムかALSOKに入会する予定。


ところで、僕の家には、よく外国人が泊まりに来る。
取引先や現地スタッフなどだ。

とくに取引先やパートナーは自宅が豪邸にようにでかい。それに対して僕のマンションは、彼らの自宅に比べるとウサギ小屋的ミクロな感覚になる。

そんな彼らが僕の家に泊まると、なにかフレッシュなカルチャーギャップに戸惑いながらも、アドベンチャラスな感覚で楽しんでくれていたようだ。

僕も、「ラビットハウスへようこそ」とギャグにして、ウサギの餌と言って納豆を無理やり食べさせたりしていたが、正直いってもうすこしオモテナシができる家に引っ越したいと思っていたところだったのだ。

実はスリランカ人などの学生をひとり、ホームステイ先として提供しようと考えている。

子供も異文化に触れられていいし、スリランカの学生も日本でいい経験をしてほしいと思っている。

人気blogランキングへ

2006年01月19日

なつかCD

 夕方、息子の保育園のオヤジ友達が経営する古本ショップへお邪魔してきた。
読んでしまった書籍を処分するのはもったいないし、エコロジー的にはリユースがいい。

持って行った古本を買い取ってくれると言われたが、音楽CDと交換してもらった。
さすがに古本ショップなので新作は少なく、なつかしいタイトルがいっぱいあった。

プリンスやガンズなどを選んだが、最後にとても懐かしい2枚組みのアルバムを発見。

なぜかこのアルバムは何度も聴いた気がする。たしか二十歳の頃、初めてオーストラリアへ行くときに、飛行機の中でウォークマンで聴いたアルバムだ。今、クルマの中で聴いているが、なかなかいい音だしてる。
MOTHER


人気blogランキングへ

2006年01月18日

イベントのトレーナー

 年末のチャリティイベント「ピースクエスト」の素敵なスタッフトレーナーをゲット。
主催のスプートニクの秋沢さんが送ってくれました。

さっそく着てみたが、着心地は良い。
デザインもミステリアスで、色はエコロジー。

あのビームスが手がけたとのことです。
ピーコさん、どうでしょうか。
2a8c174f.JPG

写真は、頂いたトレーナーを着てエビス顔の小生


人気blogランキングへ

2006年01月17日

スリランカ関係のお奨めの本です。

 今日は阪神大震災からちょうど11年の日。
阪神大震災ではボランティア活動が注目されたが、スリランカをはじめとする津波被害での現場から取材された災害ボランティアの本を紹介したい。

この本は、ジャーナリストのスベンドリニ・カクチさんの本です。
実は、かれこれ6年くらいの知り合いです。

初めてお会いしたとき、いつもテレビで出てくる外国特派員協会の記者会見の会場をみせてもらったり、世界中のジャーナリストが集まるラウンジでごちそうしてもらったり、とても楽しかったのを覚えている。

当時、僕はそんな立派な人と知り合いになれて、とても自慢だった。
その後も、いいことがあると報告に行ったり、ひとを紹介してもらったりと、僕にとって、すごく素晴らしい人だ。

以前、僕の不注意で変な人を紹介してしまったり、なかなかいいところを見せられないでいるが、僕のスリランカでの活動をほとんど最初から現在まで、いいことも悪いことも知っている人だ。次回お会いしたときは、いい報告をしたいと思っている。

そんなカクチさんの本だが、ぜひ興味のある人は読んでもらいたいです。
本人が納得するまで現地で取材して書いた本なので、一般のメディアでは報道されないことや、見落とされていることが発見できると思います。

定価840円で安いです。アマゾンでも購入できますので、ぜひどうぞ。

あなたにもできる災害ボランティア―津波被害の現場から


カバーの絵について
アメリカに住むスリランカ人の女の子アナカが描いた絵。
津波遺児となった男の子セスをアナカの家族が引き取って育てている。


弟・セスの物語

津波に襲われたスリランカの家.
お母さんが小さな男の子を
海の中から助けようとして
ロープを投げている.
しかし男の子は
家族と離ればなれになってしまった.
そしてアメリカに来て
新しい家族をみつけた.
だから私たちに新しい弟ができた.
彼の名前はセス.祝福という意味だ.
津波は多くの生命を奪い
家族をバラバラにしてしまった.

アナカ・ペレラ(5歳)



人気blogランキングへ

オジャマモン&ホリエモン&ポポちゃん

 オジャマモンの証人喚問の日を注目していたんだけど、マスコミはみんなホリエモン報道へ行ってしまった。タイミングが良すぎないかな?

17日は阪神大震災の日だし、宮崎勤の判決が出る日でもある。うまく重なってるのはなぜでしょうねえ、LDPのみなさん。

さて、実は本日17日は、娘の誕生日だ。3歳になった。
今日は予定がいろいろ入っていたので、1日早めて昨夜、娘のバースデーパーティをやった。

誕生日のケーキは僕が作った。といっても、スポンジケーキに生クリームやフルーツをのせただけのケーキだ。

プレゼントは、クリスマスにあげたお人形ポポちゃんシリーズの着せ替えグッズなどのオプショングッズ詰め合わせにした。

ポポちゃんとは、去年のクリスマスに僕がサンタのコスプレをしてプレゼントしたお人形さんだ。娘は毎晩ポポちゃんと一緒に布団に入って寝ている。

ちなみに息子は誕生日ではなかったが、娘だけにプレゼントを渡すとご立腹になる可能性があるため、彼にもレゴブロックのミニプレゼントをあげた。

息子は予想外のプレゼントにありつき、大喜びで、すぐに組み立て始めて、最終的にパトカーを組み立てて満足そうに遊んでいた。


家族が寝たあと、なぜか夜中に取引先のシール印刷会社へサンプルを持っていった。
写真は、ケーキを囲むチルドレンと僕

f050b8b7.JPG


人気blogランキングへ

2006年01月16日

またビートルズの話でゴメンネ

 ホリエモンが家宅捜索とか、ニュースでやっているようだ。
関係ないが、ビートルズのアルバムを聴きながら、これを書いてます。 

ビートルズで一番最初に買ったアルバムは「A HERD DAYS NIGHT」だった。
このアルバムを最初に聴いてよかったと思っている。

ビートルズはリアルタイムではないので、初めてビートルズを購入しようと思い、CDショップへ行ったときには、当然デビューアルバムからラストのアルバムまで、すでにお店には並んでいた。

どうして「HARD DAYS NIGHT」を買ったのかというと、アルバムの表紙がなんとなく好きで、買ってしまった。

当時、僕のCDプレーヤーは、バイトで購入したビクターの「重低音バズーカ」というCDラジカセで、たしかバクチクというロックバンドがCMで宣伝していた。

アルバムの最初の曲である「A HARD DAYS NIGHT」の冒頭で、いきなりぶったまげたのを覚えている。

ビートルズファンの人ならすぐにわかると思うが、とにかく最初のあの衝撃が、今でもビートルズファンでいられるパワーになっていると思う。

その後、毎月一枚づつビートルズのアルバムを購入していった。
毎月月末にバイトの給料をもらうとCDショップへ走って行って買っていた。

毎回なんらかの驚きがあり新鮮で、解説や関係書籍なども熟読して楽しんでいた。
聞き込んでいくと、当時流行っていた歌謡曲に、かなりのビートルズのパクリというか、影響を受けた楽曲が多いのにも驚いた。

毎月買い続けると、1年ちょい過ぎたころに、全て聞き終わってしまい、すごく寂しい思いをした。

高校のときに、初めてポールマッカートニーが東京ドーム公演を行ったときに、青春18キップという、激安のJRのキップで一晩かけて愛知県から東京へ行き、生でビートルズナンバーを聴いた。

ビッグエッグの大きさ自体に驚いたが、コンサートで本物のビートルズのポールをみたときは、ものすごく感動したものだ。生でヘイジュードとか聴いて思わずバビってしまった。

その後、シドニーでも彼女(今のカミサン)とポールマッカートニーのライブを観にいったが、やはり18歳のときの東京ドームの衝撃は今でもはっきり覚えている。

英語もある程度話せるようになったし、いつかポールやリンゴと会って話をしたいと思っている。ロンドンとかにいるのかな。
ラバー・ソウル
ザ・ビートルズ
アビイ・ロード
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド


人気blogランキングへ

2006年01月15日

アイスホッケーの試合

事務所がある東伏見には、アイスアリーナという、アイスホッケーなどのドームがある。

たまにロシアなどからサーカスがやってきて、このアイスアリーナでショーをしたりする。僕はサーカスが来ると、必ず家族で観にいく。今日はアイスホッケーの試合がやっていた。

少し見物したが、さすがに会場は寒かった。
写真は会場
016bfc53.JPG


人気blogランキングへ
ワイルドファンキーストア
wfsバナー

世界で最もファンキーな
オンラインショップです。
IndyGoods.COM
bnr_indygoods

インディジャケットなどの
オンラインショップです。
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ