商品開発

2012年11月14日

広島の美味い高冷地の米!ファンキーライスの販売開始です!

 51356214[1]


 当社が広島の北広島町で芸北オフィスを開設してから約1年が経ちました。
食料とエネルギーを自給して自立したライフスタイルを手に入れたいという気分になってしまい、行動を起こしてから約1年、米づくり、野菜、里山エネルギーなど、芸北の人達に支えてもらいながらいろいろな実験をしてきました。

芸北は豪雪地帯で標高700mくらいの高冷地ですが、そこで作られる作物はほとんどが普通を超えた美味さだと断言できます。人にはそれぞれ好みがあると思いますが、普通に考えると間違いなく美味しい食材が収穫できると思います。

芸北は山の幸が豊富なのは当たり前ですが、浜田の海も車で40分くらいの位置にあるので海の幸も豊富ときており、とにかく芸北の人達は美味いものを食べることが日常茶飯事で、漬物ひとつとっても痛快に美味いです。

僕の知り合いで東京や山梨や福岡や韓国などからけっこうたくさんの人達がこの一年で芸北に来てくれましたが、たぶんご飯に関してはみんな美味いと感じたと思います。

ということで、僕が今年作ったものは、米、大豆、ろじ野菜、キノコ類、などですが、米を商品開発しました。商標をファンキーライスといいます。無洗米ですので米を洗わなくてもよいですので、いきなりミネラルウォーターで焚いても大丈夫です。

今年はあまりたくさん作ってないので数に限りがありますが、価格もお買い得の値段設定にしましたし、一度ぜひ御賞味くだされば幸いです。美味しいと思ってくださった方は感想を頂ければ励みになります。ご注文いただいたお客様には当社っぽいオマケも一緒にお送りいたしますのでお楽しみに。

来年はもっとたくさん作ると思います。グリーンツアリズムも視野に入れてます。
「ぼちぼち農業に接しておかないとヤバイなー」と感じている感度の高い人は正解だとおもいます。ぜひ僕と一緒にやってみましょう。田植えと収穫だけのお手軽タッチでもOKです。

都会と田舎の両方のライフスタイルを手に入れるには時間がかかります。
田舎暮らしとは、単に住めばいいというのではなく、地元のコミュニティに深く溶け込むというファクターがその価値のほとんどを占めます。地元コミュニティにコミットするには非常に時間がかかりますが、それが実現したときのファンタジーは人生の幸せ指数を数倍にしてくれるでしょう。

もちろん安全保障、いざというときのサバイバルのためにも、日頃から半農半FUNKYを少しずつでも蓄積しておくのがベターです。
長くなりました。ぜひよかったらファンキーライスを食べてみてください。
チェリオ

ファンキーライスのご注文はこちらから

当社の田んぼの隣にはいつもモーモーがウロウロ。
NEC_0606


農業体験に来てくれたデザイナーの赤尾さん。地元の皆さんがお手製のご馳走で歓迎会をしてくれました。
NEC_0465


田植えの準備中の3名。
NEC_0445


収穫間近の実りの田んぼ
NEC_0874


食べ物に囲まれて生きている人。
NEC_0511


ファンキーライスのご注文はこちらから

2011年12月14日

WILD PASTELで描いた絵画

当社にはオフィシャルアーティスト集団「THE FOOL」という秘密組織があります。
その中でも僕が昔からファンのアーティストがスリランカのスニルラクスマンさんです。

スニルさんは、当社の多くの商品にも作品を提供してくれています。たとえばオーガニック関連商品で、ココナッツミルク木箱の紅茶シリーズなどがそうです。

以下にご紹介するのは、自然素材を手作りで作られた当社の「WILD PASTELS」を使用してスニルさんが描いた新作4作品です。

パステルの表現力を表現するために基本的なテクニックで描いてもらった4つの絵です。


 DSC02717


DSC02714


DSC02710


DSC02709


通常のパステルでここまで繊細な表現は難しいと思います。
ちなみにこのパステル、自然素材でできてますので食べても問題ありません。

油絵のような絵を手軽に描けるこのパステル、もちろん石油系のケミカルな材料は一切つかっておらず手作りです。蜜ろう、ラバーシードオイル、カシューナッツの樹液、天然のカオリンなどをこねて作られています。手でひとつづつ大事に箱詰めされています。

プラスチック系などの材料を使わずに自然素材で作られてますので、ガラスや布、陶器や植物、人の肌など、いろいろなものに描くことも可能です。

そんな自然の画材「WILD PASTELS」ですが、よくお店で売られている大手のクレヨンなどとほとんど価格も変わりません。同じ価格なら、どちらを購入したいかお母さんに聞いてみましょう。当社の商品でもちょっとマイナーなこのパステルですが、有名な絵本作家さんなども愛用してくださる当社の自信作なのですYO. 

チェリオ


2011年10月27日

宮川アジュさんとのコラボで、天然ゴムフィギュアの絶滅動物シリーズ もうすぐ完成!

 造形粘土作家の宮川アジュさんプロデュースで、天然ゴムフィギュアの絶滅動物シリーズがもうすぐ完成します。

まずは、ドードー、ケナガマンモス、ニホンオオカミ、ブルーバック、ジャイアントモアの5種類からスタートします。ちょっとづつコレクションを増やしていく予定。

触ると生きてるみあいに柔らかいです。天然素材だから安全安心、手作りで職人技使ってますから価値あると思います。

この企画がスタートしたのは約1年前ですが、まだ完成しません。宮川アジュさんはとてもスピーディに対応していただいてますが、僕らスリランカチームが遅い...。すみません。

といっても、やっともうすぐ完成できそうです。

このシリーズは最初から世界市場を意識して製作しています。日本とスリランカの合作で世界中に輸出する予定。待ってろよ世界!

PA260796


PA260799


PA260800


PA260793


チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2011年07月27日

まだプレオープンですが。

 新しいショップを立ち上げました。
まだ、プレオープンですがご覧くださいませ。

bnr_indygoods


震災の影響で福島の工場が止まってしまい下北沢のショップを断念しなくてはならなかったりと、いろいろありましたが、固い意志でものづくりの探求を断行していこうと思っております。

それにしても、インディのジャケットに関する情報収集は考古学そのものでした。何十年も前からあるものは、何十年後も存在していることでしょう。

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


2010年02月12日

パイル手芸社のぬいぐるみ

 以前、パイル生地のぬいぐるみを試作したことがある。
昭和40年代くらいに上野動物園で売られていた、今はもう存在しない会社であるパイル手芸社の動物のぬいぐるみだ。その復刻版みたいなものを作りたいと思い、サンライズ高橋社長と一緒に数年前にサンプル製造のチャレンジしたのだった。

今よく出回っているアクリル綿をつかった毛足の長い普通のぬいぐるみではなく、パイル生地の中に桐の屑が詰められた、アンティックなタイプのぬいぐるみだ。

パイル手芸社の創業者である三田村社長が20年くらい前に他界してすぐ、パイル手芸社は残念ながらなくなってしまったが、もし作品が今でも製造販売されてれば、たぶん感度の高い人は買ってくれると思う。おそらく価格からして動物園というよりも、セレクトショップなどのほうが売れるかもしれないけど。

何とかオリジナルに近いクオリティの商品を製品化したかったのだが、昭和の時代と今とじゃ製造環境が違うこともあり、結局コストのことやロットのことなどで、当時の当社の体力では製造をスタートするには時期早々ということでそのままになっていたのだ。

さっき上野動物園の歴史が書いてある本を読んでいたのだが、その中のコラムにパイル手芸社のぬいぐるみの写真があり、やはり当社で制作してみたくなった。

実は8種類くらいのパイル手芸社の動物ぬいぐるみを2セットづつ当社で保有していて、今、ひっぱりだそうと探していたのだが、1セットしかなかった。どこかにしまってあるのだろう。

それにつけてもこのパイル手芸社のマレーバクやカバは本当に素晴らしい。動物の形が骨格から研究されており、パイル手芸社の社長のものづくりスピリッツを僕は強く感じるダス。

できれば日本で作ってみたい。

数年前に製造したパイル手芸社の復刻版のサンプルの写真ダス
photo(2)


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年02月09日

千葉市動物公園のハシビロコウ

 先日、千葉動物公園に行ったときに発見しました。
ショップのレジのちかくにいました。タキシードでオシャレな感じでした。

こちらです。
hashibiroko


千葉市動物公園で購入できます。
遠くて行けない方はこちらへ。

チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年01月05日

Zoo Collectionが復活しました。

 以前、当社の現地アーティストのプブドゥ君が制作していたZoo Collectionが復活しました。

3つのサイズでひとつずつ手作りなので一点ものです。
zoocolle_banner


チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


2009年11月03日

発表します!世界初の車検にパスする屋上緑化自動車「緑CAR(リョッカー)」

 先週の週末はイベントでした。
大井からだ元気フェス2009というイベントで、ゼネラルプレスさんのお誘いで参加させていただきました。

ooigenki



ぞうさん緑化マットのPRと、グリーンエブリウェアプランの農家の皆さんの産直コシヒカリを販売しました。

その会場で、ついに完成した新商品を発表しました。
どうぞ!

ryoccar1



さらにどうぞ
ryocar2


これは、世界初(たぶん)の車検をパスする屋上緑化自動車「緑CAR」です。

ミチコーポレーションとカーレッジ社(岐阜)が共同開発したグリーンカーです。

ぞうさん緑化マットを自動車の天井に装着してます。高速道路でも急カーブでも安全です。真夏でも涼しい社内は快適です。

ボンネットに描かれたセイロン象は、アーティストの林孝さんの作品です。

3枚目の写真に写っているのはカーレッジ社の狩野社長。

すでに新聞社や雑誌にも取材されました。
運転中はかなりの視線を感じますが、とても快適なドライビングです。

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年10月06日

インディジャケットの冒険

 Hi、 インドのチェンナイからです。
ここ一年のうちで当社の3階に来たことのある人や、僕が取材された雑誌なんかを見た人ならもしかして知ってるかもしれませんが、実はインディジョーンズのジャケットを密かに製作中で、いろいろな資料や試作品がミーティングテーブルの周りに転がっています。失敗作のジャケットを着たマネキンも突っ立っています。

実は僕の商品開発のベースにはジャングル系の冒険的コンセプトが常に入ってます。当社のウェブサイトのトップページにも「僕らの冒険が世界を変える」と書きました。ラジオぞうさんのメインコーナーも「冒険的トークショー」です。

いままで自然系素材を伝統的プロセスで、ぞうさんペーパーやオーガニック食品、最近だとぞうさん緑化マットなど、いろんなものづくりをスタッフと力を合わせてきましたが、そのベースに実はジョーンズ博士がいつもいました。

特にパート1のレイダースのインディに強く影響を受けました。なんどもお宝を横取りされても、諦めずに粘り強くアーク(聖櫃)を獲り返しに行き、敵にひとりで立ち向かっていくチャレンジスピリッツと蛇のようなしつこさは、僕のビジネスのお手本だと密かに思っていました。

いままでも、たとえばスリランカのペットボトルリサイクル工場の頓挫の時や、ワシントン条約でぞうさんペーパーの輸入許可が1年くらい下りなかった時や、赤字決算や資金練りでショッパかった時や、古いスタッフが辞めてった時や、食あたりでマイッた時や、長期出張で帰国したくてしょうがない時や、チクングンヤ熱にかかった時や、その他いろいろピンチのときはいつもインディマーチが頭に流れてきて、なんとかソリューションを見つけてきました。

余談ですが、ぞうさんペーパーの工場の近くで「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」が撮影されました。仕事の合間にロケ地にも見物に行きました。

さて、チェンナイではジャケットとサファリシャツ、パンツのサンプルの最終段階のプロセスを行っています。

ジャケットはとりあえず、カウとシープのレザーをセレクトしました。

革のなめし工場の人達と一緒に映画のDVDを見ながら話し合い、伸ばすとかっこいい色が浮き出るレザーを採用しました。

サファリシャツはコットンとリネンの2種類、できるだけ映画のインディの着ているシャツのヨレヨレ感が出せる素材をチョイスしました。

パンツは本来はウールらしいですが、僕がDVDで何度も見たかぎりでは、どちらかといえばコットンに見え、経験上でも暑い国ではコットンのほうが向いていると思い、あと馬を走らせる時などもコットンのほうが膝など突っ張らなくていいと思ったので、今回はウールっぽくも見えるクラシックなコットン生地をチェンナイの問屋で探しました。

すごく時間がかかりますが、チェンナイの革職人さんはとても楽しんで取り組んでます。

DVDで素材を視察しているのに、ストーリーに大喜びしていました。インディの映画をはじめて鑑賞したらしく、とても興奮していました。「俺達はカブトムシは食べない」と怒っているインド人職人もいました。

満足いく精度で完成したら、貴重なアドバイスをいただいたインディマスターのみなさんにまず一番最初に袖を通してもらいたいと思っています。

妥協したくないので完成日は決めてないですが、12月には世に出したいと思ってます。

チェリオ

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [DVD]
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [DVD]
クチコミを見る


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年05月22日

ハシビロコウのタンブラー

f0c29b62.jpg MY水筒にどうぞ。
ハシビロタンブラーつくりました。

ぞうさんペーパーにハシビロが印刷されてます。

ハシビロウォッチャーの方が購入されてます。

チェリオ。



31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年04月07日

ちなみにこれ、ハシビロコウ指マスクです。

 ちなみに、これ、指マスクです。
1個だけ作ってみました。

指に説得力が増すのではないでしょうか。
反響あれば商品化しようかと思ってます。

チェリオ

ハシビロコウ指マスク






ハシビロコウ指マスク2







31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年03月15日

ハシビロコウマスクの速報

 お待たせいたしました。
ハシビロコウの天然ゴム製手作りリアルマスクが入荷しました。

今、準備してますが、近日中に発表します。
といっても18個しか制作できませんでした。追って追加分がまた完成次第入荷します。

詳細は明日またはあさってくらいにお知らせします。

天然ゴムのハシビロコウマスクを陰干ししている写真
ハシビロ工程







天才作家アンソニー君と僕。ハシビロコウやゲバラのマスクも彼に手がけてもらいました。ど田舎の大学院生ですが、すごくシャイなのにイケメンです。
天才






お待たせ中のファンの皆様、もう少しお待ちください。
ハシビロコウマスク4













31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年02月24日

ワイルドパステル人気です。

 午前中に外国企業の方々が来社。
当社のワイルドパステルなどの海外販売を希望とのこと。

わざわざ当社との商談のためだけの来日だと聞いて感激。
ランチを一緒に食べたあと帰国された。

「ここまでナチュラルなパステルは世界でも見たことがない」と絶賛だったが、僕らは「ナチュラル(自然素材で作られた)で手作り」ということよりも、自然素材ゆえに可能となる抜群の表現力にも、もっと注目してもらえるように努力したいダス。

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年01月05日

ハシビロコウのマスクマンがいたるところで活躍中

 先日のハシビロコウマスクですが、購入くださった皆様が全国で出没中のようです。

ブログやニコニコ動画、ユーチューブなどで登場しているようです。
MIXIでも盛り上がってて嬉しいかぎりです。

一部をご紹介します。

【唄ってみた】『元祖天才バカボンの春』withウサコさんたち【いぶし】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5625912


チェリオ
31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年12月03日

ハシビロコウのリアルマスクですが、2時間で完売だったウレシー。

 天然ゴムのハシビロコウのリアルマスクですが、感度の高いファンキーな人たちがすぐに反応してくれました。でも2時間で完売するとは驚きました。

購入してくださった皆様、ぜひマスク被った写真を送ってください!
ぜひブログで紹介させてほしいです。

また製作しますが、なにしろ手作りですので時間がかかります。
気長にお待ちくだされば助かります。

ではまた。


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年12月02日

ハシビロコウのマスクが入荷しました。

 ハシビロコウのマスクがやっと入荷しました。
といっても、予約の皆様に振り分けて、残り7つになってしまいました。

以前、コメント欄で予約いただいてる皆様、正式にご注文くださる場合は、会社のメールのほうに送付先をおしらせください。

宜しくお願いします。

担当:植田

愛犬とハシビロコウ1
ハシビロコウマスク2













愛犬とハシビロコウ2
ハシビロコウマスク1







記念撮影する愛犬とハシビロコウ
ハシビロコウマスク3













自転車でコピー紙を買いに行くハシビロコウ
ハシビロコウマスク4














31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年10月17日

ワイルドスケッチブック

 ワイルドスケッチブック 白黒






ワイルドスケッチブック黒白





スケッチブック1





スケッチブック2






新商品「ワイルドスケッチブック」。
かっこいいスケッチブックができた。

ビッグサイトで展示したときに、かなり業界で反響があった。
白in 黒と、黒in白がある。

大きさはLとSがあり、当社のワイルドパステルと一緒に全国の画材店などにデビュー予定です。

デザインは宮尾さんが担当しました。
ぞうさんペーパーのボディと、製本は天然のコットンを手織りした生地で仕上げられています。

ちなみに、表紙の丸いやつは、象の足型。僕が命がけでゲットしたものです。写真はそのときのもの。
象の足型












31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年10月10日

チェ ゲバラのリアルマスク作ったよ。

 チェ ゲバラのリアルマスク、試しに作ってみた。
100%天然ゴムの仕上げで手作り。

革命家のゲバラはなぜかスリランカで大人気だ。
3輪タクシーに写真を貼り付けている運転手も多く見かける。

どうでしょうか。
人気があれば10個くらい作って販売しますけど。

どうしてハシビロコウとかチェゲバラとかのマスクを作るかっていうと、僕らの技術力を見せたいと思ったからだ。

この天然ゴムで作った当社の作品の価値は、わかる人はすぐに簡単に反応してくれるようだ。

ちなみに先日のハシビロコウのマスクは、サイトで紹介しただけで売ってほしいという問い合わせが200個くらい来たダス。


チェリオ

中国で機械で作ったの塩ビ製マスクと比べると、うちのやつは直に見ると迫力が違うよ。
cf1849e9.jpg








31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年05月07日

ハシビロコウのマスク2

 ハシビロコウのマスクですが、すごく反響でビックリしています。
必ず商品化するのでお待ち下さいませ。

ハシビロコウのマスク3








31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2008年04月21日

ついに衝撃のサンプルが完成!これがハシビロコウのリアルマスクだ!!!

 以前、天然ゴムでインコのリアルマスクを制作したことがある。
ブログで紹介したら大反響だった。

さて、今回は同じ天然ゴムで手作りのリアルマスクで「ハシビロコウ」のヴァージョンを制作してみた。

完成したサンプルをチェックした直後、僕はすこし衝撃を受けた。
これを世に出してもいいものだろうかと自問したが、ケジメとして真正面からぶつかる決意をした。

売れるか売れないか、そんなのは関係ないと思っている。
僕はこの天然ゴムのリアルマスク「ハシビロコウ」ヴァージョンを正式に商品化することにしたんダス!

衝撃のサンプル写真をゴランアレ!

BIGな予感を隠し切れない鋭い眼光はディープインパクト!
ハシビロコウマスク1














どこを見ているのかすらわからないミステリアスフェイス
ハシビロコウマスク2












時にセンチメンタル。
こんな寂しそうな表情も....神秘的。
ハシビロコウマスク3









どうでしょう?




31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
ワイルドファンキーストア
wfsバナー

世界で最もファンキーな
オンラインショップです。
IndyGoods.COM
bnr_indygoods

インディジャケットなどの
オンラインショップです。
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ