動物園

2011年04月05日

被災された動物園、水族館の見舞金のお知らせ

 このたびの震災では、もちろん動物も被災してます。動物園や水族館の動物達もそうです。

被災された動物園・水族館への義援金は、(社)日本動物園水族館協会様の口座にぜひとお願い致します。

詳しくはこちらのサイトからお願いします。


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年01月29日

王子動物園のパンダ

61d676bf.JPG 神戸の王子動物園のパンダです。
よく食べます。

約8時間かけて車で行ってきました。
ガソリンが安くてたすかった。

チェリオ

2006年05月13日

孔雀が散歩中

 今週訪問した多摩動物公園の駐車場にて。
孔雀が散歩中で、クルマが駐車できなかった。

それにしても美しい羽だ。
多摩動物公園は孔雀が園内をウロウロしている楽しい動物園だ。

例のオランウータンのスカイウォーク、観たかったのだが時間が合わず、残念。
今度は仕事じゃなく、家族と来よう。

写真は孔雀が駐車場でウロウロしているとこ。

9ba8468a.JPG

チェリオ


人気blogランキングへ

2006年04月23日

マルミミゾウのナナ

 北海道の旭山動物園のマルミミゾウ「ナナ」の悲しいニュースが入ってきた。26歳の若さだったらしいが、死因は不明とのこと。

ゾウは動物園でも人気者だから、旭川市のチビッコ達は悲しかったことだろう。

ワシントン条約などの国際条約による厳しい規制があるため、新しいゾウがやってくるのは当分難しいだろうとのことだ。

 ところで、ワシントン条約といえば、ぞうさんペーパーも当初はその条約のために輸入が出来なかった。

ゾウの派生物は、フンで作った紙であろうとも、いかなる物も輸入禁止ということだったからだ。

当時、僕はぞうさんペーパーの画用紙を使い、スリランカと日本で、こども環境絵画コンクールというアートイベントを開催して、アースデーや船の科学館などで展示会をやったりしていた。

そのときに税関や経済産業省から、禁止されているので輸入してはいけないと言われた。

僕は経済産業省と1年くらい交渉を続け、スリランカ政府にも推薦状などを書いてもらったりした。

かなり時間はかかったが、経済産業省の担当の方々の尽力のお陰で、なんとか日本国内での特例措置がおりた。

その後、日本の意向とスリランカの資料や推薦状などを一緒にして、外交ルートでジュネーブの本部にお願いする形になり、最終的に世界中に輸出できるようになった。

基本的にワシントン条約は、ゾウなどの野生動物を守るための国際的な決まり事なので、僕らの考えと通じるものがあると思い、必ずいつか理解されると信じていたので、辛抱強く交渉を続けることができた。

ぞうさんペーパーのビジネスモデルは、野生動物と地元の人間達が、仲良く共生できる革新的でクリエイティブなビジネスモデルだ。

ゾウの住環境を守ることが、ぞうさんペーパー産業を通して、地域住民の生活の基盤になり、よりゾウの住環境を住民が大事にするという好循環になるからだ。

ゾウの住むジャングルが自然破壊により減っていき、ゾウも少なくなると、紙も作れないし、ぞうさんペーパー工場に観光客も来なくなるので、現地の人達の生活にも影響を受ける。

だからぞうさんペーパーの工場のスタッフや家族を始めとする現地の人々は、ジャングルの伐採に反対し植林をしたり、ゾウを大事にしたり可愛がる。

それにより、ぞうさんペーパー産業は、ゾウと人間が支えあうビジネスモデルになっている。

話はそれたが、旭川市のマルミミゾウのナナのご冥福を心からお祈りしたいと思う。
北海道は寒かったかもしれないが、天国はたぶん暖かいから喜んでいることでしょう。

人気blogランキングへ

2006年03月24日

園長エッセイ

 「市原ぞうの国」のブログにたまに連載されている「園長のエッセイ」は面白い。
スピーディな行動力と行動にいたるまでの考え方やプロセスが痛快で楽しい。

映画「星になった少年」を観た人は、映画の背景などがわかり、さらに面白いでしょう。


2005年09月27日

●商品開発について

 最近ブログに商品開発のことをよく書いたりするが、ある友人に

「なんでもかんでもやるとダメ、何かに集中してやらないと、なんでも中途半端になるよ。それに、あんまりなんでも正直に書くとまねされるし。自分でアイデアを出せない人達はコピーすることに集中してるからね。」

とアドバイスを受けた。
僕はいろいろな商品のアイデアを出して、基本的にはサンプルまではすぐに作ってしまう。その時点でブログに紹介したりする。

まあ、意見を聞きたいというのが理由だが、このブログを読んでくれる人の意見をけっこう参考にしているのだ。

あと、いろいろチャレンジしているが、ほとんど全てを動物園グッズに集中している。

全ての商品は、絶滅の恐れのある野生動物をモチーフにデザインされ、一環してエコロジーコンセプトの製造や材料を採用している。

そしてできるだけ多くの雇用チャンスが生まれる手作り商品を作りたいと思っている。

最近はスケボーやヨーヨーなんかも作ったが、すべて同じコンセプトを貫いているのは言うまでもない。

ただ、動物園で採用してくれないと大量生産はできないが、僕は動物園や水族館グッズが大好きなのだ。

これは当社のメインビジネスであり、その商品を通してメッセージを発信することがビジネスの目的なので、これに関する商品やサービスなら幅広くチャレンジしたいと思っている。

人気blogランキングへ

2005年09月11日

●手作りモニターカバー

785fe7b6.JPG ついに力作が完成。徹夜してしまった。
いま朝の7時前だけど、達成感に満たされた気分。

とにかく時間をかけて作った。何を作ったかというと、ショップで流すビデオのモニターのカバーだ。

ご存知上野動物園では、ぞうさんペーパーの製造プロセスをビデオで紹介していただいている。そしてそのビデオモニターのカバーは僕の手作り品だ。

最初にスケッチでだいたいのデザインアイデアを固めて、そして型紙を切り、立体にして、最後にデコレーションをする。

すでに3代目で、今回も1週間くらいかかったが、自分としては気に入っている。
たくさんの人が見てくれると思うので心をこめて作った。

まだノリが乾いてないが、乾けば今日納品したいと思っている。
週末はぜひお近くの動物園へ行きましょう。動物園ってほんとに楽しいです。

人気blogランキングへ

2005年07月02日

●今年は動物園が熱い

 最近、マスコミで頻繁に動物園や水族館の特集などが組まれているのに気づいた人も多いと思う。テレビや映画もそうだし、今週などはクレジットカードやJAFの会員雑誌にも数ページにわたり動物園攻略特集が組まれていた。当社にも春くらいから毎月かならず何件かの取材が入る。

実際、僕のまわりでも保育園の同じクラスのファミリーたちも頻繁にあちこちの動物園へ行ったり、年間パスを購入したりと、動物園や水族館が人気なのだ。

僕は自分の仕事上、いろいろな動物園、水族館、サファリパークなどへよく行くが、仕事で行っているにもかかわらず、常にわくわく感がある。仕事で行っているのにウキウキするのだ。

園内を歩いていると、いろいろな動物の声がそこら中から聞こえてくるし、ゴリラなど見てるだけで笑えてくる。その中でもやはり象はデカイので見ごたえがある。

スリランカには野良象などもいるし、工場の周りにもウロウロしているので、見慣れているが、それでも商談などへ行くと、仕事ついでに象舎へは顔を出す。

動物園は子供から大人まで心から楽しめる場所だ。
自宅の近くに動物園がある人はラッキーだと思う。

写真は名古屋の東山動物園のショップ。僕の実家から車で20分くらいの動物園。入り口には当社の看板。
4f969c4b.gif
人気blogランキングへ

2005年04月26日

王子動物園のモモ(アジアゾウ)が死んでしまいました。

 神戸市立王子動物園の人気者のアジアゾウ「モモ」が、25日午後11時頃に天国へ逝ってしまった、というニュースが共同通信から配信された。
国内で初めて生まれた「モモ」(メス象)はわずか1歳1カ月の生涯だった。
王子動物園へは僕も今年2月にニシャーダを連れて行ったばかりだ。

モモは昨年3月、スイス動物園から購入したマック(オス、12歳)と、ラトビアからプレゼントされたズゼ(メス、15歳)の間に誕生。園の人気者だったらしい。

転んで足を骨折してたのを懸命に治療していたとのこと。飼育員のみなさんはさぞ無念なことでしょう。
「飼育員がマッサージするとしっぽを振るなど元気な様子だった。突然亡くなり本当に残念だ」と園長。
今頃は天国であそんでいることでしょう。
ご冥福をお祈りします。



2004年10月19日

雨と動物園

最近、台風や雨が多い。
雨の日に動物園に行く人はあまりいないかも。
MAXIMUSグッズも売れ行きがにぶる、だろう。
動物園のみなさん、雨に負けないで頑張ってください。
僕も楽しい商品をもっと開発します。

ところで、動物園ショップといえば、、、、
たくさんの皆様からこんなお問い合わせがくる。
「私の家の近くに動物園がないんだけど」
「自分の近くの動物園にはぞうさんペーパーグッズが扱ってなかった。」
など。

基本的にぞうさんペーパーグッズは、動物園でのみの販売をさせていただいていますので、近隣に動物園がない地域の皆様や当社とお取り引きがない動物園の近隣の方向けに、近日中に、「マキシマス・オンライン・ズ−ショップ」というインターネット通販を準備中です。
通常、動物園でしか買えないグッズの通販です。

でも、基本的には動物園へ行って楽しんでくださった帰りに買っていただきたいです。
動物園では、ぞうのウンチの繊維の展示やサンプルを触ったりにおいを嗅いだりして楽しんでほしいです。そんな話で今日は終了。
ワイルドファンキーストア
wfsバナー

世界で最もファンキーな
オンラインショップです。
IndyGoods.COM
bnr_indygoods

インディジャケットなどの
オンラインショップです。
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ